カテゴリ:家族( 95 )

c0195362_21312357.jpeg



家に飾っている、
写真家 Nakanoya kasumiさんに
撮っていただいた写真を見て

今の自分で撮ってもらいたいな。

と呟いた、
とうもろこし。

たしかにこの頃から
だいぶ見た目が変わっている。





人生の岐路に立つ
彼の今へのエールにもなるかな?

でも突然だし
どうかな?

ダメ元覚悟で
お願いしてみたところ

なんと!急遽、
撮影していただける運びになりました!!!!

街のお洒落なスタジオで
かっこいいフォトセッション♡

c0195362_21305094.jpeg



まるで雑誌の撮影みたい♪

仮にと見せていただいた
写真がまた
素晴らしい(T ^ T)



c0195362_21360818.jpeg

めっちゃうれしい、
親子フォト。

私は写真が苦手なのですが
親子フォトだけはうれしい^_^
顔が、ゆるむ・笑


その時しかない親子の時間がかたちになって
その後の時間も
元気づけてくれる。

とうもろこし高校生の頃のこの写真たちも
一生もののたからもの。


c0195362_21424131.jpeg


絶賛おすすめ
写真家 Nakanoya kasumi
さんの連絡先はこちら☆



その後みんなでごはんを食べに行くと
友だちのれいこちゃんと
ばったり・笑



c0195362_21452595.jpeg

ああ!
仕上がりが
本当にたのしみ!!!!



すてきな時間に感謝なのでした♡





by terasumonnmoku | 2019-02-21 21:21 | 家族 | Comments(0)

とうもろこLIVE. !!

先日、タイミングがあって
ひさびさに息子とうもろこしの

LIVE☆

に、行ってきました(╹◡╹)


c0195362_22381595.jpeg


バンドの3組に混じっての
ソロ活動。



いろいろ悩んだり
努力した成果で

うた声は深くなり
滑舌もじゃっかんよくなり

おとの作り方は
劇的に綺麗になりました(´;Д;`)


がんばったんだろうなあ。。。。


関わってくれているみんなが
とうもろこしを応援してくれている様子が
あちこちに垣間見えて、
そんなところにも感激してしまう。


ありがとうございます。。。。


c0195362_22393452.jpeg



今回、せっかくの機会なので、と
一緒に行ける人をSNSでつのると
東京に住むひかるくんとちひろちゃんが
参戦してくれました♡

わたしよりはるかに年下な二人は
とうもろこしを応援してくれる
頼もしい仲間たち。

ライブが終わったあとも
沖縄料理の店に移動して
盛り上がります♪

ちひろちゃんはとうもろこしのために
お父さんのお墓まいりも
一緒にしてくれたことが
あるんだよね(T ^ T)

ありがたい☆

そして
うれしいヽ(´▽`)/


c0195362_22395266.jpeg


ひかるくんとは確か
知り合って5年くらい。

いつも飄々としていて
行動が読めないタイプだったのに、
とうもろこしピンチの時には
もう泣けるようなサポートで

ありがたさ爆発(T ^ T)


さりげない言葉の中に
暖かな思いやりがこもっていた。
とうもろこしも
勇気づけられたと思う。


人の素晴らしさに気づくたびに
リッチになったような気がするね
って、ちひろちゃんと喜びました!!!


あったかい♡



とうもろこしの音楽も
日々進化してます。
おやばかだけど
みんなまたよろしくね!!!!!

by terasumonnmoku | 2019-02-18 21:49 | 家族 | Comments(0)

2019年の命日でした。

今日は夫の命日。


ご縁をいただき、
蓮臺寺の柴田宥諦さんに
お経を上げて
いただきました。


柴田さんの暖かなお経、
夫の魂に、さぞしみたことでしょう。
きっと喜んでくれているに
違いありません。


c0195362_19571081.jpeg



寒い中、心のこもったお経を
本当に、ありがとうございました!!!!


亡くなってまる7年。
過ぎゆく時間は、ほんとうに早い。


今年も北大時代から、
よくしてくださっている大先輩の先生ご夫妻と、
同じ大学の先生ご夫妻。
そして友人ゆっきとりかちゃんも、
お参りに来てくださいました!


c0195362_20024596.jpeg

ぷりからは、こんなお花が!

c0195362_20050589.jpeg


家の中は、まるでお花畑のようです☆



c0195362_19594063.jpeg


なんとありがたいことでしょう。
感謝の気持ちが、あふれます。

家族もみんな、
とりあえず元気です。
みんな、がんばっているよ。
いつも見守ってくれて
ありがとう。

今年も一年、
また一緒に生きて行こうね!



by terasumonnmoku | 2019-01-31 17:33 | 家族 | Comments(0)
今日は、
息子とうもろこしの

お誕生日!


なんと

20

に、
なりましたヽ(´▽`)/!!!!!

たくさんのみなさんに
応援していただき、
いよいよおとなです!!!

きゃあ!なんとメデタイ♡
ありがたい!

ばんぱかぱ〜ん!!!!!

とうもろこし君も
いろいろあるけど

いろんな意味で、
ばりばりと、成長中☆


c0195362_23320608.jpeg


大人になるって
自分で自分の道を
選んで行くということ。

その結果のすべてを
自分がひき受ける、ということ。



c0195362_00273041.jpeg


人間だから
間違いもある。

間違うと、損したり、疲れたり、苦しくなったり、
不都合が起こってがっかりしたりする。

そのすべてが自分の責任で
そのすべてが先生になる。

たくさんの失敗が
きみを育ててくれる。


だから
きっと大丈夫^_^



c0195362_00275681.jpeg


きみは父さんとわたしが
心から誕生を望み、大切に育てた、


誰よりも家族から愛され
誰よりも家族を愛して
成長した子ども。


どんな不幸なことがあっても
それだけは永久に変わらない。

きみは
しあわせのかたまりから
生まれてきた。


だから自分の手で
呼吸するように
幸福を創り出すことができる。


晴れ晴れと、
自分の道を歩いて行こう。

20歳のお誕生日

本当におめでとう!

いつまでも
見守っているよ^_^


c0195362_23352396.jpeg


なわけで本日は
おじいちゃんが一生懸命作ってくれた
油淋鶏を、大騒ぎしながら
わしわし食べて

家族7人
にぎやかに
お祝いしました^_^

c0195362_23363958.jpeg

しあわせなしあわせな
かけがえのない時間が
過ぎていきます^_^


*写真は今日の氏神様。とうもろこし二十のお礼も兼ねて、初詣に行ってきました!







by terasumonnmoku | 2019-01-03 23:05 | 家族 | Comments(0)
心の闇が
もくもくと現れる。

とされた、今回の冬至。
わたしの周りでも
ハマる人が激増。


もともと周囲に
極端な人が多いせいもあって


どん詰まり感が半端ない。


c0195362_21180935.jpeg




しばらく前から
進んだ道は間違いではなかったか。
と、
悩みに悩んでいた息子とうもろこしも
例外ではなく、

野球の部活中に
なんと頭を3度も打ち
救急搬送される。

という
驚愕の事態が起こりました。

大学からの緊急連絡を受けて
すべてを放り出し
搬送先の病院に向かいます。

強力なファミリーのみんなに
ヒーリングをお願いしたこともあって

幸いCTも、
他の検査も異常はなく
24時間そばで様子を見ましたが
おかげさまで、大丈夫そう。

みんな、
本当にありがとう(T ^ T)

いやいや。
肝が冷えました。

とりあえず大丈夫そうで
ほんとうにほんとうに
ほんとうに、よかった。

とうもろこしも、
他のどん詰まり君たちも

ひとまわり大きな自分を生きるために

学んで成長し、
進んでいくチャンスなんだろうな。

人のせいや
自分の置かれた状況のせいに
することなく、

現実に
きっちりと向き合い、
いらないものを
ばんばん手放してね。

偉くなくても
立派でなくても
全然構わない。

かっこいい自分をあきらめた先に
未来は広がってる。

君の明日は明るいと

母は信じているよ。



c0195362_21160298.jpeg




一緒に食べた焼き肉
おいしかったね^_^


今度はしゃぶしゃぶかな!

12月25日に
ライブをやるそうです。
彼を知っている人は
ぜひ聞きに行ってあげてねヽ(´▽`)/!!!



by terasumonnmoku | 2018-12-23 20:16 | 家族 | Comments(0)

新月は家族の時間♡

すごい新月だったみたいですね^_^

切り替えの季節。

みなさんは
どう過ごしましたか?

わたしは
ひさびさに
妹一家のおうちを
訪れていました^_^


丁寧に作られたおいしい、
おばんざいを
ごちそうになり♡
(う、うまかった(T ^ T))

c0195362_17153100.jpeg



5歳の小さな甥っ子と
派手〜に遊びまくり・笑


妹夫婦の
仲良しぶりを
喜び^_^

かわりゆく親のことを、
姉妹で話しあったり。

悩める息子
とうもろこしに、
亡き夫の影響で
研究者になってしまった妹が
話をしてくれたのも、
ありがたかったなぁ。。。

家族って、いいよね^_^

具体的なことは
なにもできなくても、

互いに互いを
思い合っているのがいい。

空には彩雲がたなびいているし、
ごはんは美味しいし、
最近妹が勉強を始めた
アロマの施術は
素晴らしい。


c0195362_11083823.jpeg
*モンサンミッシェルというブランド。
初めて知りました。

あたたかい、優しい時間の
プレゼント、

本当にありがとう😊

また会える日を
楽しみにしているよ♪


c0195362_17261263.jpeg


最近わたしは
とにかく背負わない、
詰め込まない。
余白を作る
ことを心がけています。
(前々に入れた予定もあるので、
心がけとしては・笑)



そのほうが楽しいし
誰にとっても、いいことに
気づいたから♪


2019年に向けて徐々に肩の荷を下ろし
自由に楽しく暮らしましょう。

大切なのは信頼。
 

きっと大丈夫♡





c0195362_17255430.jpeg



飯テロ写真は鴨川沿いのタイ料理のお店。
京都街中でタイ飯が食べたい時はぜひ!


by terasumonnmoku | 2018-12-08 20:41 | 家族 | Comments(0)

81歳迫力の、お誕生会☆

母のお誕生日近辺に
そばにいられたので、
ひさびさに
お誕生会ができました♡



孫の息子とうもろこしも
一緒です。

〇〇町おいしいごはん

見つけた、
イタリア料理店。


抜かりなく、デザートプレートに
バースデーメッセージをリクエスト♪

81歳って迫力あるよね・笑

ほぼ神の領域。

c0195362_21310167.jpeg


ウエイトレスさんに写真を撮ってもらって、
張り切って
バースデーソングを歌います。



ディナーも美味で


c0195362_21471449.jpeg

全員、大喜び♪


c0195362_21481325.jpeg



今年の夏はあまりにも暑く
両親ともに、
危機的な事態が続いたけど、

なんとか落ち着いて
本当にうれしい^_^



歳をとって身体の機能が衰えると、
切ないこともいっぱい。

だけど、

その切なさも
自分の無力さも

全部が愛しい。


これからも
いろんな時を
ともに慈しんでいきたいな♪


互いに、いたわり合っている両親や
よろよろする、おばあちゃんの
足もとを気遣って

はあい!
ここまで、気をつけて
降りて来るんですよ!

と号令をかけている
とうもろこしを見るだけで

心がふんわりするんですよ^_^





by terasumonnmoku | 2018-12-04 21:28 | 家族 | Comments(0)

夫のお誕生日が来るたび
複雑な気持ちになります。


c0195362_10373760.jpeg

昔から家族のお誕生日と
イブだけは
ケーキを焼くことにしていて
夫が亡くなった後も
しばらくそれを続けていたのです。

するとある時、息子とうもろこしに


「死んだ人の誕生日祝ってなんになるの」

と言われて、

がーん!!!



確かになあ〜。

大切な人を自死で亡くした場合
幸福な時間の思い出にさえ、もれなく
最期の残酷な記憶がついてくる
ということが起こります。

死を悼むことか
普通の人以上に難しい。

だけどやっぱり、
夫が生まれてきてくれたことを
喜びたいし、


たとえそのたびに思い出して、
傷ついても
わたし自身は構わない。

ただ、そのせいでとうもろこしに
余計なダメージを与えたくはないので、

ひっそり。

悲しかったり、
切なかったりする時間も
自分の感情の一部。
大切に扱います。

今年も彼のお誕生日には
キルフェボンのタルトを買って
静かにお祝いをしました^_^



c0195362_10255589.jpeg




そういえば

遺族仲間の亡くなったご主人のお誕生日に、

こってりした生クリームののった、

巨大なパンケーキを

一緒に食べたことがありました。





c0195362_10380435.jpeg



その後彼女とはいろいろあって

関係がすっかりこじれてしまったけど、

だけど短い時間でも、

そういうことができて

本当に良かった。


そのひとのおかげで、

わたしは

*世界一幸せな自死遺族

https://artandlove.exblog.jp/25656752/


になると決め、



自分の罪悪感に真正面から向き合い、

次々に新しい世界の扉を

開いている。



この後の展開も、目が眩むよう。

信じられないほど☆*:.。. .。.:*☆



c0195362_12021762.jpeg




わかっていても、

どうにもならないことがある。


だからその時目の前にいる人の笑顔が、

貴重なんだよね。


一瞬でも、

深く関わることさえできれば、

その関係がダメになって


まったく別の道を行くことになっても


出逢えたことにも、

別れにも

喜びと感謝しかない。



そう思うたび、



胸が熱くなって

思いがあふれ出る。


ただのありがとうにしては

暑苦しいほど。


小さかったり、

大きかったりする意識の中で



わたしたちは永遠を生きている。




c0195362_10464069.jpeg











#おたんじょうびおめでとう #キルフェボン #お誕生会の思い出 #亡くなった夫の誕生日 #ピカソと同じ誕生日







by terasumonnmoku | 2018-11-14 20:32 | 家族 | Comments(2)
80代仲良しけんちゃん&まあちゃん
(つまりわが両親と)
台湾料理を食べに行きました^_^




c0195362_21320398.jpeg


汁なし坦々麺とか
ギョーザとか
るーろうはん?とか
青菜の炒め物とか


いろいろ頼んで
みんなでシェア。


おかげさまで
うちのマレビト(精霊)さんたちも
元気です。


c0195362_21322405.jpeg

これはとうもろこしも一緒に
豪勢にしゃぶしゃぶを食べているところ。

楽しい♡へっへっへ♪

今回も喧嘩したり
仲直りしたり



こっそり大好きな
今年最後の栗を茹でて
食べようとしたら

知らないうちに2人が
食べてしまっていたり!

ま、いろいろあるんですけど


やっぱり家族って
いいよね・笑

なんというか人として
どこまで信じ切れるか、を
試されている気がするなぁ。



ありがたみも増していきます♡


ある朝、
老眼の母の頬紅が濃すぎることが気になり、

「ほっぺが赤くて
初恋に悩む、
乙女みたいになってるよ。
ま、心は乙女なんだろうけど!」

と声を掛けたら

「わたしの心は乙女なんかじやないよ」

と母。

「え?じゃなんなの?」


「心は、悪ガキ。
わーるーがーき、だよ♪」

と言ってニヤッと笑いました・笑

おかしい。
おかしすぎる(T ^ T)



by terasumonnmoku | 2018-11-06 21:22 | 家族 | Comments(0)
自殺する子を一人でも減らすために
死んだら負けを、オレは言い続けるよ

という、松本人志さんの
ツイートが炎上した。


息子とうもろこしも、

おれはパワハラやいじめは嫌いだが、
それでも死んだやつは負けだと思う。

とある時言っていて
(うちの夫つまり彼のお父さんは
パワハラで自死)

考えこんでしまった。



たぶん、子供にお父さんを
否定されたように感じて、
嫌だったんだと思う。


で、見つけたのが、これ。
せやろうがいおじさんのYoutube。



めちゃくちゃいい。

だよね。勝負じゃないよね。
同じ地平で語ってもダメだよね。


だけど、夫の死と子供たちの死は違う気がする。


そんなある日
こんな記事を見た。

落日の日本。
パナソニックが起業から6年の
中国の企業に負け世界シェアを奪われる。
という内容。




わが夫は、ここに出てくる、
リチウムイオン電池の素材の開発 ・研究者だった。


この中国の企業の躍進を支えた、
世界中から選りすぐりの
1000人の研究者(うち博士は100人)の中に
日本人は一人もいない。
と書かれている。

これを見ると、
周りからさんざん足を引っ張られながらも
世界を相手に打席に入り、勝負をかけた夫は
やっぱりすごいと思うのだ。


夫が亡くなる最後のあたりには
中国の企業と共同研究の話も出ていたから
彼が生きていれば、
いまごろ日本もパナソニックも
変わっていたもしれない(考えるのは自由だからね!)



しかし、どう贔屓目に見ても
夫は負けたのである。
周りの人にたくさん迷惑をかけて、
死んでいった事実は変えられない。


だけどここまで盛大に負けるって
相当一生懸命に生きていないと
できないはず。

だとしたら、負けも
悪くはないんじやないだろうか。
挑戦しない限り
負けることさえできないのだ。


そういう意味で
夫の死と子どもたちの自死を
同一には語れないよなって思う。

わたしも暗い性格だったので
何度も自殺未遂したけど
ほんとに危なかったのは6歳の時だけ。

子どもは想像力がないので
簡単に死ぬ。



よく先生に叱られた直後に
窓から飛び降りる、ような事件があるけど、
その6歳の時がまさにそれで
まったく躊躇がなかった。
たまたま人がいたので助かったが、
まじめに危なかった。
(詳しくはプロフィールを見てね!)


その、死にたかった子どものころを思い出すと、
死にたい死にたいと思っていた気持ちって、


「生きることに

絶望した」


とかではなく、

そもそも


生きるって

どんなことなのか。


自分が

何に向かって

どう生きていいか



かいもくわからなかったのが
問題だった、

ことに気づいた。


その問題は大人になって
真理に出逢い、解決した。
自分にどう価値を与え
生産的な毎日を創造するのか
を学び知ることによって。



楽に、生きるための方法がある。


それはわたしたちの学ぶ真理に限らず
この世界のいろんな場所に
セットされている。
先人たちの遺産として。




ほとんどの人が、
生に絶望する前の時点、

どう生きていいのかがわからない。

というところに引っかかっているように
見えるので、


みんな、
せめてそれかわかるまで
生きてた方がいいよ、と
わたしは言いたい。

生きるっておもしろいし、
途方もなく奥が深い。




リアル体感ゲームのように。
時には勝ち、時には負け
逃げることも
極端に言うと死ぬことも
その中には含まれている。

そして死んでも
いのちは続いていく。








c0195362_16594914.jpeg




by terasumonnmoku | 2018-10-29 21:14 | 家族 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku