カテゴリ:読書( 76 )

読書 バカとつき合うな

[バカとつき合うな]


c0195362_23110906.jpeg


堀江貴文と西野亮廣という


今をときめく2人が作った本。




前半は文字通り、つきあつてはいけないバカの例。例えばホリエモンなら「我慢厨」。勝手に我慢しておきながら、他人にもそれを強要するひと、などなど。


いるよね^_^今の労働問題なんて、むしろみなさんそれ、なんで我慢できるの?っていうレベルだし。学校教育そのものが、我慢に慣れさせるためのものなので、みんな多かれ少なかれ我慢厨というのも、本当にそうだ。この項でホリエモンさんは、今の時代に求められるのは、我慢に慣れていくことではなく、我慢できないほどやりたいという、欲望の力。だから、自分で我慢癖を取り除いて、本当にやりたいことをみつけていく作業をやる必要がある。




あと孤独と人間関係について。


自分の、本当にやりたいことをやっていたら、自ずとそれにふさわしい人間が周りに集まってくる。逆に、自分を偽り、いやいや働いていたら、同様に自分を偽った人との表面的な関係しか作れない。だから自分がどう生きるかが大事。言われてみれば当たり前だ。また人との関係は常に変わりゆくのが自然と認識し、変化に一喜一憂しないことが大事というのもー然り。




キングコング西野の、将来自分が老害にならないために、うまくいくようになった仕事を毎年一つ手放す。というのが気にいってしまった。老害ってほんとひどい。権力を持った高齢者が100人いたら98人は老害ではないか。そもそも、パソコンに触ったことのない人がサイバー担当大臣とか、この国はマジで終わってる。なんてことを言ってないで、自分も気をつけよう。そして手放していこう。




最後の方でホリエモンさんが、漫画家みうらじゅんの「自分なくし」という言葉を例に引いて、「ぼくは自分に興味ありません。わざわざ探さなくても、あなたはそこにいるじゃないですか」と書いた文章に、言いようもないあたたかみを感じた。だから動き出そう。だから、自由でいよう。君には十分な力があるんだから。なんてこと言われてるみたい^_^自身のスペックの中に、東大と並んで東京拘置所出身ってのが、入っているのも楽しい。刑務所って、必ずしも「悪い」人が入るところではないんだな。ゴーンさんだって「悪い」かどうか微妙みたいだし。「行動と思考だけが自分」ほんとに、そうだ。そう思うといろんなことがとってもすっきりする☆




#本が好きな人と繋がりたい  #読書中毒  #読書  #読書記録  #堀江貴文 #西野亮廣  #バカとつきあうな


by terasumonnmoku | 2018-12-06 23:09 | 読書 | Comments(0)

[ぼくたちにもうモノは必要ない]

佐々木典士 著




c0195362_22390152.jpeg


ミニマムな暮らしをしようとすると

自動的に生き方を変えることになる。




ミニマリズムの実践は

単なるお片づけの習慣に留まらない。




それは、哲学なのだ。




ってところが、

床が抜けるような衝撃だった。




そのひとの部屋の様子は頭の中身を表すって

嫌というほど言われてきたけど、

わかっていなかった。




本書を読んで、ようやく

腑に落ちたみたい。




たから読書はやめられない。




で、猛然と、物を捨て始めた。

過去に向き合うように。


すぎてきた自分に、

別れを告げるように。




一度だけ体験した

持ち物全部なくなったときの

(アメリカでムービングセールをやった)

気持ち良さを思い出す。




たしかに、あれはいい。

間違いなく、いい。




しかしこの本を読み始めた途端に

というのは、

物を捨て始めた瞬間に




どんどん新しいものが欲しくなっている

自分を同時に発見して、

怖くなった。




これを、執着と言わず

なんと言おう。




ミニマリストまで行かなくても

もう少し身軽になろう。




どうせ全てを管理することなんて

できないのだ^_^


しかしほんと、

ミニマリストになったら

痩せるんだろうなあ!

自らの欲望に、

厳しく向き合うから。


わー!


#読書中毒  #読者ノート #本が好きな人と繋がりたい  #ミニマリスト #ミニマリストになりたい #佐々木典士  #ぼくたちにもうモノは必要ない


by terasumonnmoku | 2018-11-29 22:36 | 読書 | Comments(0)

[死ぬこと以外かすり傷]箕輪厚介 著





c0195362_20141952.jpeg




箕輪厚介は今をときめく幻冬社の編集者である。冬枯れの出版業界で、ヒットを連発している。わたしでさえ多動力とこの本、あと落合陽一さんは読み、「お金2.0」は買って持っている(まだ読んでない・笑)




箕輪さんの好きな言葉は、 >日本では「みんなちゃんとしているのだからあなたもちゃんとしなさい」と子供に注意し、インドでは「あなたもダメなのだから、人のダメなところも許しなさい」と諭す。> というものだそうだ。紛れもなく、インドはそういう所。わたしも、インドは居心地が良かった^_^




箕輪さんの作った本は、ホリエモンの「多動力」にせよ、この本もそうだが、読みやすい。キャッチーで、すぐ読み終わる。そして、自分の中で何かが壊れたり、真似したくなったり。たぶん少なからず、人生が変わる。だからライブで、この熱を受け止められる人に、人気がある。




自分の価値観を、世においても不動のものだと思ってる人には受けないだろう。日大ラグビー部監督とか、広報とかのひと。いっぱいいるに違いない。




ホリエモンと元大王製紙会長井川意高(ギャンブルで106億使い込み)の対談本の話が好きだ^_^


東京地検に逮捕されたという共通点を持つ二人が、刑務所送りになっても全く反省せず、獄中デトックスだとか、牢屋で本当の自分に出会えた、とか言ってるのを、そのまままるっと、ドラマチックな手をまったく加えずに出した。という話が。それを読んでみんなが脱力してくれたらいいなという意図が、たまらない。




事実は小説より奇なり。だけど、人生は演歌ではない。悲劇にも喜劇にも、ファンファーレはならないし、どんなにショッキングなことがあっても、何日かすれば忘れられる。なのにマスコミはドラマを予定調和で切り取りがちで、すごく退屈するのだ。いちいち感動ポルノに感情を揺らされていたら、生きてるだけで疲れるだろう。




予定調和に人を変える力はない。それを作ることによって、作ってる人が変わらないのに、影響力を持てるわけがない。 >なぜシビレエイが相手を痺れさせることができるのか。それはシビレエイ自身がしびれているからだ。> という、文中に引用されていた、プラトンが師ソクラテスを指して言葉が、ほんと秀逸^_^


「メノン」岩波文庫




あとがきがカッコいい。 >リスクなんてない。すべての成功と失敗も、人生を彩るイベントだ。


未来は明るい。バカになって飛べ




勢いを感じるために、ぜひ読んでみることを進めたい^_^




#読書中毒 #本が好きな人と繋がりたい #箕輪厚介  #読書ノート


by terasumonnmoku | 2018-11-04 20:13 | 読書 | Comments(0)

時間の使い方は

いのちの使い方だ。


と、教えてくれた人がいた。


本当にそうだ。

いい加減に

時間を使ってはいけない。


しかし残念ながら

常に意欲に満ちて 

はつらつと日々を過ごせるわけではない。


その中で、何か生産的なことをしよう

とするたび決断が必要だったら、

さぞや疲れるだろう。


スティーブン・ジョブスの服が

いつも同じだったのは、

決断の量を減らすためだったそうだ。 



いちいち決める負荷をかけなくても

有意義な行動を、

とりうるような「習慣」をつけることが、

とても大事。



というわけで、せっせと

「習慣」の本を読みまくっている^_^




自分を変えたい。

という人は多い。


変えるためにてっとり早いのは



1.外見を変えること

2.習慣を変えること

3.人間関係を変えること

4.ネットで見る記事、

自分が得る情報ソースを変える。 

などなど。




変わりたいという割に

何もしないひと


変わるってどういうこと?

と、意欲を細かい手順に落とさず、



漠然と同じところにい続けるひとも

多いのではないだろうか。




わたしも油断しているとつい、

だらだらとネットを見続けてしまうし、


そのせいで夜寝るのがむやみに遅くなる。




あと、人を呼ばないと掃除をしない

という点を改め、

もっとミニマムな暮らしがしたい。




暮らしの面でも、

一緒に進化していく仲間を

募集するかな・笑




あ、ちなみにこの本の著者の 文体と

本の雰囲気がとてもいいです。



大好きな、ソローの森の生活ふうの、

「若年寄」的ムードがたまらない。

習慣に興味のない方でも、

心穏やかになるエッセイを読みたい、

という需要にも応えられる一品^_^




#読書中毒  #本好きな人と繋がりたい  #読書 #習慣 #習慣の力 #読書ノート #良質な


c0195362_17293515.jpeg


読書 [ぼくたちは習慣でできている]

佐々木典士 ちょ


by terasumonnmoku | 2018-11-01 17:27 | 読書 | Comments(0)

[働き方完全無双] ひろゆき


c0195362_18375202.jpeg


ひろゆき氏は2ちゃんねるの元管理人であり、2ちゃんねるを立ち上げた人である。




勇ましいタイトルに比して


内容は渋い。


働く人にとってリアル。


例えば、




1.世帯当たりの平均所得額


1996年から下がりっぱなし(厚労省調べ)OECD諸国の中で、家庭ごとの収入の伸び率は38カ国中下から8番目。




とか、




2.20代の平均年収


296万


https://ten-navi.com/hacks/salary-9-9164

月収24万




などと言う現実も、


きっちり抑えている。




ちなみに、こんなデータも。




3.日本は、地方によってはすでに最低賃金が、韓国に抜かれている。


https://www.asahi.com/sp/articles/ASL7G3HPLL7GUHBI011.html




など。




その上でひろゆき氏は


人口的に圧倒的に不利状況にいる若者に


必要であれば生活保護受けるようすすめている。




技術の進歩の上には、地球環境の破壊が待っている、と断った上で、 >みんなが生活保護になって、社会が停滞して、地球の寿命がのびたほうがいい。


と言う観点から、ベーシックインカムを積極的に推す。




試算表が巻末に添付されていて


確かにやろうと思えばできそうだし、今後この調子で雇用の流動化が進むとすると、


考える必要が出てくるのではないかと思った。




働く問題に関わってわかったことは


今の状態でこれ以上、


働く環境が改善することはありえない。


ということ。




突然日本の労働者に権利意識が芽生え


どこでもストライキしまくる等がない限り


人は死に続ける。




経済が仮に良くなったとしても変わらない。なぜなら、過労死は高度成長期とともに起こった現象だからだ。




同時に、既存の働き方はどんどん変わり、


正社員そのものがなくなっていく。


ブラック企業ばかりになるということではなく、技術の進歩と、時代の変化によるものだ。




箱がなくても、


どんどん仕事も回るようになる。


その状態で、正規非正規が有りうるだろうか。




働き方の形態はどんどん変わり、


雇用の流動化は止まらない。




の中で、捕捉率の少ない、生活保護ではセーフティネットとしていかにも頼りない。


というところの、


みんなでベーシックインカム。




極めて現実的だ。というより、むしろ考えなければいけない問題だ。




たくさんの人が、苦境にはまる前に。


頑張らなくても生きていける社会をつくり、


がんばりたい人を応援するのだ。




ひろゆき氏の考え ・嫌われても不利益にならなければ問題ない。


・自分が有利であるように、常に戦略的に振る舞う。


・保証された権利を尊重する(ベビーカーを押したお母さんが、ラッシュアワーに電車に乗る権利など)


・生活レベルを上げない




などなど。極めて納得のゆくものが多く、ふむふむと思いながら読んだ。




日本に観光に特化するというのはありだと思うが、ひろゆき氏の、「外国人労働者に頼ってはいけない」に関しては、わたし個人はもっとシニカルで、東京オリンピック以後は来てくれるひとは徐々にいなくなり、逆に日本の若者が海外に出稼ぎに行くようになるんじゃないかと思っている。




雇用の流動化が更に鮮明になるには、


まだ10年くらいかかるかもしれないが、


最低賃金がこのまま上がらなければ、


当然そうなるだろう。




優秀な日本人はどんどん海外に流れ、


華僑とか、ユダヤの民みたいになっていくかもしれない。




その中で、チャンスを掴むには、その場にいることが大切。という持論から、(2ちゃんねる、が成功したのは、たまたまその場に自分がいたから)




1.とにかく新しいことには


何にでもチャレンジしておく。




2.好きなことはやめないで続ける




2.ベーシックインカムを普及させる、またはそれを推進する個人、団体、政治家を応援する。自分のために)




3.頑張らずだらだら暮らしたい人は、頑張っている人の足を引っ張らない。




4.見込みのある業界を選ぶ(銀行ではなく観光のように)


5.いろんなことを同時にやる。




考えてみると時代の流れって、今日が終わり、別の日の夜が明けるだけ。やるだけやったら、後は変化を楽しもう^_^ *ところで、働き方改革は全然ぬるくないです。むしろ規制を解除し、自由な働き方ができるようにー企業が自由に人を使えるようにするものです。今後この流れは加速すると思われます。




#働き方 #働き方改革 #ベーシックインカム #ひろゆき #2ちゃんねる #読書中毒 #読書ノート #本好きな人と繋がりたい


by terasumonnmoku | 2018-10-25 18:37 | 読書 | Comments(0)

[熊楠の星の時間]


中沢新一 著


c0195362_19385376.jpeg




知の巨人、南方熊楠についての著者による講義をまとめた本。「森のバロック」から読めばよかったと、後悔。




熊楠の描いた南方マンダラが、西洋のロゴスを超越した、「レンマの論理」というものに支えられていた。ということ。




レンマの論理の生きた象徴が、粘菌であり、サンゴであるということはわかった。




その思想を、宗教概念で支えているのが華厳経であり、熊楠も、そして著者も、その思想を科学の分野で立証、




違うな、レンマの論理が土台になった宇宙の法則を証明するための新しい考え方、科学を作り出そうとしているのだということはわかった。




量子力学とかトポロジーとかでは足りないものが(難しすぎてよくわからないけど)あるのだろう。新しいシステムが生み出される為のピースのようなものが必要らしい。




排中律とかも全然知らないので、対立概念がそもそもよくわからないんだけど、とりあえず個人的に興味があって、理解できそうなレンマの思想、華厳経の勉強を、来年から始めたいなと思った^_^




#なんにせよ勉強  #好奇心を満たす  #知る喜び  #読書中毒 #読書ノート #本好きな人と繋がりたい #南方熊楠 #中沢新一


by terasumonnmoku | 2018-10-18 19:38 | 読書 | Comments(0)


c0195362_17340241.jpeg



あーす・じぷしー

はじまりの物語 Naho &Maho  TOブックス




シャーリー・マクレーンの

「アウトオンアリム」や、

パウロ・コエーリョの世界的ベストセラー

「アルケミスト」など

一連のスピリチュアルな流れをくむ本の一つ。




ペヨーテらしき麻薬性のものを使った

シャーマニズムが入ってくるあたりは

(とは書いてないけど、人によって違う幻覚を

起こすってそれしか考えられない)


メキシコのシャーマニズムを題材にした、

人類学者カルロス・カスタネダの

「ドンファンの教え」にも通じるところがある。




2017年に出された本なので、

過去のスピ本の正統派の流れは汲んでいるが、

今時らしく世界観はかなりライト。




しかし、ここにも仕事をし過ぎて

「あと一週間で鬱になるわよ」

と産業医に言われた女の子がいたことに、涙。

この産業医の先生、偉かったなあ。

女の子をひとり救ったよ(T ^ T)


>思い通りにならないあなたや、一見障がいのように感じるできごとが、<わたしがここで生きている証>って、本当にそうだと思う。




わたし自身は、どんな人も

全部自分のように感じる体質なので、

もともと彼女のような世界観を持っていると

言えるのかももしれない。


全てが自分である恐怖とか、

発狂しそうだったりとか、

通過して来た世界がとてもよくわかる。


最近ほとんどスピリチュアル系の本を

読まないこともあって、

読みながらどこか懐かしさを感じた。


漠然と頭の中にあったことが整理されるようで、

読んでいてとても気持ちが良かった(^ ^) 


ワクワクで生きるために大事なのは

宇宙の意思に従って

自分とみんなのために生きる、

ということ。


「自分」が欠けても「みんな」が欠けても

決してうまくいかないので、

これを読む人は

そこ気をつけてね。


#読書中毒 #本が好き #あーすじぷしー #スピリチュアルメッセージ


by terasumonnmoku | 2018-10-07 17:33 | 読書 | Comments(0)

読書 10年後の仕事図鑑

[10年後の仕事図鑑]
堀江貴文 落合陽一

c0195362_19301999.jpeg


これから2040年のシンギュラリティに向かい、たくさんの仕事がなくなって行く中で、どう生きて行くか。

雇用される=千と千尋で湯婆婆が千尋の名前を奪うとか、奴隷契約を結ぶ。という落合陽一のイメージが、鮮烈だ。でも実際、今日本の「雇用」はまさに、そんな感じ。


当たり前だけどここから先の世界は、誰もまだ生きた経験はない。だから人に聞いても、本当は意味がない。

コンピュータには、これをやりたいと言う動機がない。「何をやるかわかっていない状況では人間は機械に勝つことができる」

代替不可能な価値を、趣味で作り出せ

1.好きなことに没頭し、仕事になるまで遊びつくす
2.好きなことを掛け合わせ、「100万分の1」を目指す

やりたいことがわからないなら、まず、夕食に何を食べるか、から考えろ。と、落合氏は言う。そんなふうにして、自分で決めること、決めたことの結果を受け取る練習をする。小さなことをたくさんきめるうちに、自分の心の向く方向、やりたいことが見えてくる。
(同じことを堀江氏は、「自分の、これいいじゃん」と言う感覚を大切にする。と書いている).

未来がわからない。と言う状況は、ある意味とてもフェアだ。誰も何が最善がわからない。

自分を信じて、今を生きろ
とホリエモンは言う。

ひょは極端だけど、その言葉に、
なんとなく温かみを感じる(^ ^) #読書中毒 #本が好き #堀江貴文 #落合陽一#10年後の仕事図鑑


保育士は誰でもできる仕事というツイートで堀江貴文さんのツイートが炎上したことがあった。

彼は本書で、C to C サービス。保育の資格を持った人が例えばネット上の保育士を必要とする保護者を繋ぐプラットホームに登録。顧客と労働者が直接取引するケースを説明していた。中間搾取されないので、働く側も収入あがる。


政治を動かし補助金をという、ありがちな解決法では

抜本的な改革に繋がらない。


>国に不平不満を言う前に「どうすれば現状を改善できるか」を考えたほうが、日本にとってずっといい。


たしかにこれは一理ある。





by terasumonnmoku | 2018-09-05 19:29 | 読書 | Comments(0)

c0195362_01225222.jpeg



「意識をデザインする仕事」


〜福祉の常識を覆すピープルデザインが目指すもの  須藤シンジ著




進まず、持ち歩いているうちに、

本がぼろぼろになってしまった。

自分の中に、何か精神的な

差し障りがあったらしい。

やりたくて、できずにいるビジョンを

見せられている時の、抵抗感。

こういう時、人は人を叩くんたろうか、

なんてことを考える。


変わるのが怖いというのは、

動物としての本能の一つだ。

そして、そこを乗り越え、

人類が進化してきたことも事実だ。



不幸な人は往々にして自分のことしか考えられない傾向にあり

ー逆の言い方をすると、近視眼的になるから不幸でいられるとも言えるがー


福祉サービスを受ける側が、健常者の立場を配慮しないことも日常茶飯事である。

が、障がいが有ろうと無かろうと、ひととして互いを尊重しあうことは当然必要で、そこが押さえられてはじめて、多様性を持った人同士が「普通に」「混ざりあう」ことができるようになる。


「弱さ」は、時として特権のように

誤解されがちだ。

その特権を手放さない限り、

そこから先には行けない。


ここは、わかっていても、

なかなかに抵抗のある部分である。

好き好んで弱者になる人はいないから。


しかしその他の困難と同様、

変わってもらう必要のある人が、

まず自分を変えていくことから

すべてがはじまる。


なぜなら、変革の鍵は、福祉業界ではなく、ごく当たり前の社会、会社や学校や、地域コミュニティにあり、そこで生活するほとんどの人は「健常」だからだ。


健常者の文法で語らない限り、

すべてのアクションは「福祉的感動ポルノ」になってしまう。それは人を涙させることはできても、社会を変えるための原動力にはなり得ない。

ピープルデザインの仕事が企業を動かし、

上野公園やさまざまなビルのメンテナンスをする人たちが、ピープルデザインのコミュニケーションチャーム

ーなにに困っているかのロゴ付きTシャツ

(トイレを探している人はトイレマークを指差せば良い、ような)


を着て日々作業をしているという事例に、

泣きそうになる。




大事なのは、行政や企業に

声高に改善を要求することではない。

優しさが、誰でも簡単に、表に出せるような、障がいのある人への具体的なサポートの方法を、考案し、実際に使えるかたちにすること。


それを企業やコミュニティに提案し、

採用してもらうこと。

そこに障がいのある人たちの、適正な収入となる仕事を提案し、増やして行くこと。

思いやりが具体的に広がるための、

システムづくりだ。


無理なく広がるためには、当然、

かっこよく、楽しくなくていけない。


義務で動く人はいない。

人が実際に助かること。

そしてそれをみんなが

実感することが重要だ。


それをするための、たくさんのヒントが

ここには詰まっていた。


#本を読むのが好き #読書中毒 #読書ノート #ピープルデザイン






by terasumonnmoku | 2018-08-22 23:06 | 読書 | Comments(0)

読書 若冲 澁澤龍彦他

[若冲]澁澤龍彦他  河出文庫




c0195362_17022568.jpeg




失敗した。


澁澤龍彦他、の

「他」を見落としていた。


これは「他」総勢16名による、

江戸時代の有名な画家

若冲をテーマにしたエッセイを、

ほぼ無作為に集めたアンソロジー集。


初出が1964年。

から2007年にわたって

バラバラに集められている。


だから文体も、

後ろで流れている時代のリズムも違う。


誰がこんな企画を通してしまったのだろう。無理矢理感がいっぱい・笑。

でも買ってるからな!


中では、植物学者の

瀬川弥太郎さんの文章が面白かった。

若冲についての文章なのに、

彼の描いたサボテンに関する記述しかない。


だけど、サボテンについては、

微に入り細に入りきっちり書いてある・笑。こういうのは、いいな!


評論家ではなく、

それぞれの分野の専門家による

若冲論があったら面白いかも。


システムエンジニアによる若冲論とか、

政治家による若冲とか。


本書によって初めて、

仙台にその名をとったお店のある

有名な「売茶翁」が実在の人物で、

若冲が尊敬した禅宗の

お坊さんだったことを知った。


形式を忌み嫌い、

気分が向いた時だけお茶をたて、

人をもてなしていたそうだ。

どちらかというと引きこもりな若冲も

かなり変わった人だったけど、

売茶翁も楽しい。


きっと、偏屈だけど

魅力的な人だったんだろうな♪


引きこもりで大した旅もしなかった若冲が、生涯を絵にかけて独自の世界を深め、

没後世界的に有名になっていくことの不思議。


本人にも想像できなかった世界に違いない。しかし確かに、若冲の世界には、パリのクリニュー美術館の一角獣のタペストリーとか、ヴィーナスの誕生やらにつながる世界観があって、心が広々とするのだ。


#読書中毒 #本が好き #読書ノート #若冲  

#日本画家


by terasumonnmoku | 2018-08-15 17:01 | 読書 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku
カレンダー