人気ブログランキング |

カテゴリ:旅( 47 )

最終日のメインは

ここ、
有馬温泉!!!!

c0195362_22091771.jpeg

古い、台北の九份を
彷彿とさせる
ひなびた温泉街です。
千と千尋ふう!

ふらりと立ち寄りましたが、
運良く
御所の坊さんで
ランチ付き日帰り入浴プラン
に潜り込む。

c0195362_22155433.jpeg

ランチはお蕎麦

c0195362_22121234.jpeg


これで温泉付き
3600円。
ランチ付きプランだと
5000円くらいのところが多かったので
ここはかなりリーズナブル。


有馬温泉の金の湯は、
地底人がマグマでお湯
沸かしてるみたいだよ!
と、偵察隊のひろみんが
教えてくれましたが

c0195362_22165647.jpeg

ほんと、
お湯が茶色い。

これ、
鉄分入りなのだそうです!!!

c0195362_22171839.jpeg

うご。
ここ、めちゃくちゃ、効きます。
温泉好きで
まだ未体験なら
一度は絶対
行ってみた方がいい。

最高〜!!!!!

うちの温泉ソムリエ ぷりは、
この温泉で、
泣きました。

本当に好きなんだねえ。。。。

帰りしに、
銀の湯、も一応おさえ、
(泉質が異なり!銀の方は透明です)

思い切り、温泉を堪能。
三日間の旅が終わりました。
帰りは神戸空港から!

このポスター
無数の人の顔写真で
この絵が作られているんですよ。
暖かい^_^

c0195362_22231993.jpeg


500キロ、楽しそうに
車を飛ばしてくれたぷり。

と、素晴らしい旅程を立て
ステキな写真を
たくさん撮ってくれた
ひろみん
本当にありがとう!!!!


c0195362_22380988.jpeg

最後の最後の仙台駅で、
話に盛り上がりすぎて
電車にリュックを忘れて帰りそうになりました。

鍵ないし。
家に入れないし。

焦った〜(T ^ T)

c0195362_22390969.jpeg


by terasumonnmoku | 2019-08-05 22:06 | | Comments(0)

鳥取砂丘

にやって来ました♪

c0195362_19111212.jpeg

純度100パーセントの
砂の丘。

いやあ。
憧れてみるもの。

気がつくと
わたしは、
駱駝に乗っている。

c0195362_19071605.jpeg

これは、カーレーサーぷり。
150キロで走るのは平気なのに
駱駝の上では、へっぴり腰なのが、笑える・(T ^ T)

c0195362_19073635.jpeg


いろんな写真で遊んだけど、

c0195362_19113244.jpeg


この組み合わせが
ベストでした。



c0195362_19144817.jpeg


鳥取砂丘は思いのほか広く、
頑張れば野球場10個分くらいは
ありそうです。
夏場は体力を消耗するので
気をつけて!


そこから移動し、
山陰、最古の温泉として知られる
1300年前に開かれた
岩井温泉( ゆかむり温泉)へ。

c0195362_20165238.jpeg

手ぬぐいをかぶり
柄杓でお湯をかぶりつつ、
ゆかむり歌を歌いながら
入浴するならわしがあったそう。

c0195362_19215625.jpeg

温泉文化、奥深い。
ここは、源泉掛け流し。
ナトリウム、カルシウム、硫酸塩泉。
お湯が素晴らしく、すっきり系。


たまには文化の香り、
ということで、

岩美郡岩美町岩井窯にお邪魔し、
山本教行さんと
若手作家さんの陶芸作品を眺める!

c0195362_20192801.jpeg


散々悩んで
みんなで豆皿を購入♡
こういう時間も貴重です。


そして!

夜はいよいよの


城崎温泉!

ひなびた、しかし大きな温泉街です。

c0195362_19550440.jpeg
宿でもらった
パスポートを持って
駆け足で湯巡りも楽しい♡
(しかしここはほぼ泉質同じなので、内容は割愛)

c0195362_20195676.jpeg

志賀直哉が、山手線の事故の傷を癒し
「城の崎にて」の舞台となった
三木屋さんで
記念に写真を撮ってもらいました。

c0195362_19565498.jpeg

いたるところに死が陰を落とす
この短編。

不都合な死を隠す
大人たちに絶望し
大人なんて
みんな死んでしまえ!
と思っていた
10代の頃のわたしに
この本は
大変な開放感をもたらしてくれました。

いつか三木屋さんにも泊まりたいなあ!



c0195362_20034034.jpeg


夜のお宿はこちら。
大西屋さん。

きれいで、アットホームなお宿で
夜は花火をみました。

c0195362_20035716.jpeg

しっかし、夢はみるものです。
どんな小さな願望も、
否定しなければ
いつかは叶う。

誰でもきっと
それは同じはず。

自分の小さな憧れを
大事にして
生きていきたいね^_^

*岩井窯

*岩井ゆかむり温泉

*大西屋水翔苑



by terasumonnmoku | 2019-08-04 19:02 | | Comments(0)

はじまりは
このひと。

c0195362_08513808.jpeg

志賀直哉さん。


小説
城の崎にて


で、憧れの城崎温泉

に惹き寄せられ、


コアな温泉好きチームが
神戸空港で集結。

山陰の温泉を攻めることになりました!

山陰って、東北人には
縁遠く感じるけど、
京都と島根の間だつたのね↓



c0195362_08515251.jpeg




カーレーサー並みの運転技術をもつ、
温泉ソムリエぶりの運転する車で
一路


兵庫県美方郡湯村温泉へ!


c0195362_08522666.jpeg


まずは七釜温泉。
中に、これと同じ釜型の湯船があります^_^



かぶりものに目がない。

c0195362_22512657.jpeg


泉質は硬く、ちょっぴりラドンが入った、
珍しいタイプ。
入ると元気になる温泉です!
盛り上がる〜



c0195362_08535310.jpeg


夜は穴見海岸。
夕陽が日本海に沈むところを
一同こーふんのうちに
眺める。


c0195362_22275429.jpeg


海に沈む夕陽なんて
何十年ぶり。
ふぉ〜。癒される。

c0195362_00231276.jpeg

夕食は、居酒屋 山海。

c0195362_22284843.jpeg

オコゼのお造り(唐揚げ付き)
出汁巻たまご
但馬牛の叩き
などなど、が
もう最高・涙


c0195362_22291098.jpeg

行ける人は
絶対寄ってみて!

夜の宿は

山陰の名湯と言われる
湯村温泉井筒屋さん。
http://www.yumura.gr.jp/
スタッフの方のおもてなし、すばらしい・涙
偉いひとから率先して
生き生き働いてます!
だいじ。

c0195362_22343972.jpeg


ここはプールもあるし
近くにスキー場もあるそう。
子連れにも優しい♡
家族旅行におすすめです!

温泉は、こんな感じ↓

c0195362_22340511.jpeg

弱アルカリ性の優しいお湯。
ほかに地下大浴場もあり^_^

c0195362_22354473.jpeg

近くには「荒湯」という、
湧き出す98度の源泉で
ゆで卵を作ったり
足湯をする場所があります。

c0195362_22373621.jpeg

天台宗の開祖
円仁さんが開いたと言われる
静かで
由緒正しい温泉街です^_^


居酒屋 さんかい

by terasumonnmoku | 2019-08-03 22:51 | | Comments(0)

最後の朝

c0195362_20015819.jpeg

コロンボは
空軍によるパスポートと
旅券の検閲のための検問が
5カ所。

c0195362_22544994.jpeg

ボディチェックが三ヶ所と
超厳戒態勢。


c0195362_22551113.jpeg


危ないことはなかったげど、
最後はすごかった。

なんとか飛行機に乗れて
無事日本に、
帰国しました!



c0195362_22573298.jpeg



今回は、2度目のアーユルヴェーダ体験、
ということもあって
前より身体が変わる感じが
早かった。


特に脳のデトックス
と言われる、シロダーラ中は、
脳波が変わる感覚が、
ばっちりわかりました。


携帯を触ると、
せっかく整ったシータ波が、
あっという間に
ベータ波に戻ることに驚愕。


怖い!

けど、

おもしろすぎます(T ^ T)


c0195362_20141973.jpeg

体感に勝る実感はない。


幸福も、
生きていることの手応えも


精神、ではなく
本来は心も含めた
より大きな意味での

カラダ」が感じるもの。

大事にしよう。

さまざまなものへの
依存や
中毒を減らし

本当の自分が、
望む
好きな生活をしよう。



c0195362_23052071.jpeg

ひさびさの日本は
紫陽花が咲き誇る季節。



あたたかくわたしを送り出してくれた
息子や両親の姿が、
ひときわ
輝いて見えました・涙




by terasumonnmoku | 2019-06-04 20:51 | | Comments(0)

麗しのスリランカの日々も
最後になりました。

なんと!
ラストナイトに

わたくし、
と、
宇都宮加奈子の

ピアノと篳篥(ひちりき)のデュオ
11steps

突然のライブ決定!

c0195362_12192963.jpeg


夢のスリランカデビューです。
(このために私が考えた告知文を、
あらゆる場所に
張り出していただきました。
宣伝すごかった!)

c0195362_22284677.jpeg



もちろん、一緒に来た
ミュージシャンのゆうきちゃんも
一緒だよ!

c0195362_22334929.jpeg

よくSNSで、みんながやっている
ちょっとお馬鹿な感じの
あこがれの
動画告知もやってみた・笑

満足〜

会場のレストランには
いろんな国のお客様。
映像と司会の方も用意してくださって
それはそれは
素晴らしいものでした(T ^ T)

皆さんに喜んでいただけて
本当に嬉しかった。

c0195362_22231833.jpeg


震災で家を失って以来、
遠ざかっていた海に

毎日、時には日に2時間も!
楽しげに海に浮かび続けていた
パートナーの
かなちゃんの姿を見られたことが
本当に幸せで、

さらに、

客足が減って元気のない館長さんに
かなちゃんが
スリランカの海に癒され
しあわせそうになった話が出来て、
うれしかった(T ^ T)

悲しみは愛だから
人をたちどころに繋げていく。

c0195362_22234981.jpeg


おまけ

c0195362_22042180.jpeg

コンサートの後で、
その施設で存在が浮いていた
ドイツ人の刺青パンクなカップルが、
突然!
「どこから持ってきたの?」な
ピンクな花束?を


c0195362_22245616.jpeg


絶賛しながら
渡してくれたのも
感動でした(T ^ T)

c0195362_22255303.jpeg



ワールドワイドなみなさんと
WORLD PEACE
を祈る時間は最高としか言いようが
ありませんでした。

世界中のみんなに、

そして誰より、

心配しながらも、わたしたちを信頼し、
あたたかく送り出してくれた
家族みんなに、大感謝です・涙




c0195362_22294721.jpeg


今回のライブのテーマ


WORLD PEACE

を、絵にしていただいたものが
会場のピアノに置かれていました。
何から何まで本当にありがとうなのです
・ぐっすん



by terasumonnmoku | 2019-06-03 12:12 | | Comments(0)

滞在しているスリランカはヴェリガマ
barberin で、

秘密兵器。


超強力下剤

の投与を受けました(T ^ T)

前回、オイルの浣腸、
は体験したものの
1日ががりでやる、
飲む下剤、は、初めて。
これは腸だけでなく
全身のデトックスができるそうです。

メディカルセンターからの呼び出しは、
早朝、朝6時半。

渡される、茶色い液体を
飲み干します。

四六時中トイレに通うことになるので、
部屋にこもっているように言われました。。


朝食は抜き。
ドクターから
2時間ごとに
細かい指示が飛ぶ。

規定の時間内に3回便通があると、
次の工程

げきまずのハーバルティー
に進みます。

これを泣きながら飲み
ようやく昼食。



c0195362_17173703.jpeg

雑穀のおかゆが部屋に運ばれて来た!

その後もトイレに行くだけの
1日。

3時に、紅茶のサービス。
泣ける。

夜ご飯。
お粥とトーストの組み合わせが斬新。

c0195362_17203852.jpeg

翌日の朝ごはん。

c0195362_17225145.jpeg

昨日の復習です(T ^ T)

さらに昼食まで制限食。

c0195362_17240502.jpeg

ここに来る全員が
下剤明けに食べる
摩訶不思議な野菜カレー。

翌日のドクターチェックでは、
ほぼ1日に7回便通があり、
体重は2キロ減。

でした・涙

どのくらいデトックスできたか知りたい。
あ、でも、
このさらに翌朝、
子供の頃以来の
「水に浮く便」を
発見。

これはすこぶる
いいことみたいです^_^




by terasumonnmoku | 2019-06-01 17:10 | | Comments(0)

のどかな
観光が続いています。
泊まっているホテルのツアーで、

Koggala村、
という所にある

マーティン・ウィクラマシンハ 
民俗博物館に
行ってきました。

c0195362_12203078.jpeg



マーティン・ウィクラマシンハ は
1976年に亡くなった
この村出身の、
有名な小説家で
日本でいうと村上春樹的な感じ。

村上春樹記念館に、
古代のスリランカの歴史や
民族衣装を飾った
博物館がついたようなものです。

庭にはマンゴーがたわわに実り
カシューナッツの実がなってます。



c0195362_12211496.jpeg

菩提樹の樹の下で
記念撮影。


c0195362_15122076.jpeg



わたしたち(友人かなちゃんと、
日本からの旅人、帰国子女で、
世界のサイの置物コレクター Nちゃん)
時節柄特にみんなに
適正にチップを上げるということを
心がけています。




今回、
ガイドの男性に
あからさまにお金をねだられて
感じが悪かったのと、
説明が
セクハラっぼかっので

ここは断固として
拒否ることに。

振り切って帰れて
だいぶ気分が良かった^_^

思ってることを
かたちで表すって
ほんと、大事!


その後ボートに乗って
ワニも棲む
Koggala 湖へ。




c0195362_15170482.jpeg

ボートで案内してくれるおじいさんは
寡黙で、
とてもかっこよかつたので
その人には張り切って
みんなでチップをあげました
(写真はおじいさんが面倒をみている
孫・たぶん)

c0195362_15290973.jpeg



散らばる小島の一つに
上陸。

島在住の
老夫婦にお茶をご馳走になりながら、
作っている
シナモンの説明を受けました。

いろんな場所に
いろんな暮らしをしている
人がいます。

ちゃんと、覚えておきたい
大切なこと。


c0195362_15241983.jpeg

スリランカはシナモンが有名。
一説には
スリランカにしか、本当のシナモンはない。
と言われているほど。

ありがたくみんな
一袋ずつ購入。


ちなみにお茶のお供の
この↑ジンジャークッキー。
とってもおいしい。
お土産におすすめです^_^
スーパーや
空港のコンビニで買えるのでぜひ。









 


by terasumonnmoku | 2019-05-31 21:54 | | Comments(0)

仏像が好きです。

日本でも
海外でも

隙あらば仏像がみたい。

スリランカは人口の7割を超えるシンハラ人が
主に、上座部仏教(テーラワーダ教とも言う。個人の悟りを重視)を信仰。

世界遺産はもちろん、
そうでなくても、
大きくて
魅力的な仏像がたくさんあります。



こちらは、Weherahena Temple.

300年ほど前に建てられた
約37メートルの
大きな仏像で、
地上から頭の部分まで、
階段で登れるようになっています。

c0195362_18104705.jpeg

地面正面から見た所。

c0195362_18123591.jpeg

案内してくれたガイドさん。
と、地下から見上げた仏像と
仲良しカナちゃんの
鼻の穴。

c0195362_18180122.jpeg


次は、今回の旅をアテンドしてくれた
アーユルベーダ研究家
木村さゆりちゃんの懇意にしている

Ssammudra thira temple.

c0195362_18213170.jpeg

ここは涅槃仏バージョン。

c0195362_18283278.jpeg

室内全体像はこちら!

c0195362_18310959.jpeg

お寺の敷地には、日本から出家した
尼僧のお家が建っていました。
定期的に日本から通って
修行しているんだって!


c0195362_18354301.jpeg

ラストが、無理を言って
寄ってもらった、
ニンダーラ町の、ニンダーラ・テンプル。




c0195362_18443496.jpeg

ここの仏陀は、
とてもハンサムです。

c0195362_18464053.jpeg


パワフルな菩提樹。

c0195362_23315904.jpeg

2004年死者3万人に及ぶ
スマトラ沖地震や、
2009年まで続いた内戦の影響か、
お寺はお坊さんはいて
ちゃんと活動しているにも関わらず

なんとなく廃墟のように荒れており
胸が痛みます。

仏陀の意思のもと
平和な実現を
願ってやみません。

by terasumonnmoku | 2019-05-30 18:05 | | Comments(0)

スリランカ毎日のヨガ。

こちらの施設では
毎朝(暇な時は午後も)
ヨガをしています。


c0195362_12202953.jpeg


集合は朝6時。
波の音が聞こえる
ヨガ・パビリオンで、

ガタイのいい男性の先生が


Good morning everybody !
How are you ?
I love you.

と、ごあいさつ。

先生の素晴らしい
マントラを聞きながら


朝のガチガチな体をほぐしつつ
太陽礼拝を7回。

流石に硬い体も
曲がる、ことを思い出しました^_^

ヨガの種類は
ハタヨガ。

日本ヨーガ学会の会長で
わたしのメル友(自慢・笑)
御年約100歳!の田原豊道先生が
日本に広げたのと同じタイプのヨガに
とてもよく似ています。
(特にマントラ)


c0195362_17223291.jpeg


ほぼ屋外の
ヨガ・パビリオンには
動物の気配もいっぱい^_^

猿の運動会の音を聞きながら、
肩立ちで

Keep smiling 

とか、

えぐい態勢で
ニッコリ
Be happy

と言われるのは
なかなかシュール。


c0195362_12214723.jpeg





先生には、日本の政府は
スリランカについてどう言っているの?

と聞かれました。

気をつけるように

と、警報が出ていることを
そのまま言うと、
いつもご機嫌な先生が
なんとも言えない表情になっていました(T ^ T)

c0195362_17264190.jpeg

それから、海で泳いだり、
波が高いときは
すぐそばのプールに行くのが日課。



ホテルの前のビーチには
近くの漁師さんが
よく遊びに来ています。


ウニを食べに、うちに来ないか
と誘われたりするので、

良い子はついて
いかないようにしましょう。

日本人の女の子が
スリランカの人と結婚して
家を買わされるケースが
(約120万ほどで
二階建ての家が建つそう)
結構あるんだって!











by terasumonnmoku | 2019-05-29 15:02 | | Comments(0)

スリランカは紅茶に並んで、
世界的にJewelryが有名です。
どこにでもGEMSと書かれた
宝石屋さんがあります。
有名になり過ぎて、
怪しい店もあるそうな。


というわけで、
今回の旅をアテンドしてくれた
友人で、アーユルヴェーダ研究家 
木村さゆりちゃん一押しの、
Jewelry shop に、
連れて行ってもらいました!


c0195362_21572119.jpeg



訪れたここ、ニンダーラ村は、
スリランカの中でも、
もっとも月のパワーが集まると
言われているところ。

パワフルなムーンストーンが産出。


c0195362_23572775.jpeg



こういう穴の奥にあるムーンストーンを
掘り出し、洗って、
お店付属の工場で加工します。

c0195362_23591602.jpeg



これは↓わたしが前回の旅で
購入したムーンストーン。

こんなにゴツいのに
フレームが歪んでしまい
直すついでに、
サイズを一回りダウンしてもらいました^_^

新品みたいな仕上がりです!
(しかも無料でした)


c0195362_00000473.jpeg



ビジネスとしてジュエリーの買い付けをし、
その人にぴったりのエネルギーにカスタマイズして
届けることもしているさゆりちゃんに、


ジュエリーのセッテイングの仕方を
習いました。

これは楽しい♡
宝石が、目覚めていきます。



c0195362_00005075.jpeg

今回は買わない予定だったのに、
わたし好みの、
値段もフォルムも可愛い子たちに捕まって
ついつい、
また買ってしまった(T ^ T)



ゴールドではなく、
シルバーが好きで
本当に良かったです・笑



記念撮影。
音楽ユニット11stepsパートナーの
かなちゃん、
なぜかスリランカでしか会わない
ミュージシャン&起業家のゆうきちゃん。
アテンドの木村さゆりちゃんと^_^




c0195362_00014275.jpeg


いずれも濃い、
ファミリーのような
仲間たち・笑

お店に、
手相を見ることのできるスタッフさんがいて
わいわい言いながら
占ってもらいました♡

みんな、
お金持ちになるらしい・笑

くだらないことで
いっぱい笑いながら、
楽しい旅が
過ぎていきます^_^




注文買い付けもしてくれる
さゆりちゃんのジュエリーメニューはこちら!

by terasumonnmoku | 2019-05-28 21:56 | | Comments(0)

幼少時より、生と死から多くのことを学んできました。HSPによる摂食障害、自傷、パートナーの過労自死を通し、生きるための哲学を徹底追及。大切な家族やたくさんの仲間たちとの、しあわせに生きる毎日、スピリチャルな仕事や、社会活動、宇宙のことについて書いています。