カテゴリ:旅( 23 )

海の底にある街のような、奈良。

低くてなだらかな山。
空の広さと、やわらかな太陽。
静かに話す人々。

ひろみんおすすめの
八鳥さんという工房で
陶芸体験に行ってきた!


土に触ると
なごやかな気持ちになる。



c0195362_12045949.jpeg


八鳥の作家さん、
見野さんの作品の曲線が大好き♡

c0195362_12053294.jpeg


*陶芸工房八鳥HP


お昼は工房からほど近い、見野さんおすすめの
Cafe unlock functionで、箱ランチ♪

おいしい♡


c0195362_12062641.jpeg





奈良では、こちらも何十年ぶりに
奈良大仏に再会。

c0195362_21295625.jpeg

なんと!
印象が、以前とまるで違っている!



c0195362_21245882.jpeg



なんて、しあわせそうなお顔だろう!
目から星が出てるよう(^-^)
暖かい宇宙に包まれているよう☆

確か前は
全く反応できなかったのに!

まるで別のものを見ているみたい。
この世界は万華鏡。
自分のありようで
どんな風にも変化する(^-^)


とっぷり大仏の金色の渦巻きに
包まれた後は

東大寺の裏側にある
素敵なカフェで一休み。

どうやら有名な場所だったらしい、
その名も

<工場跡事務室>

c0195362_12115320.jpeg



乳酸菌飲料を作っていたほんものの工場を
孫であるマスターがリノベーションしたもの。
店の造作のあちこちに
愛情がたっぷり♡


c0195362_12130101.jpeg


artと仏さまと、居心地のよいカフェの、
めくるめく愛の世界(^-^)
たっぷりと豊かな時間を味わえる、奈良。


c0195362_12212391.jpeg


日本の魅力炸裂です・笑

*工場跡事務室HP



by terasumonnmoku | 2018-04-18 21:56 | | Comments(0)
<高野山2日目>

宿坊上池院の朝の勤行は、
午前6時半から行われる。



c0195362_16542916.jpeg



荘厳なお堂の中に居住まいを正すと
やがて読経が始まり、

5人の僧侶の声が
輝く光の糸になる。

勤行の響きは
その糸で織られた
精緻な、タペストリーのよう。

糸が紡がれ
タペストリーがひろがって
お堂を超え、

高野山のほかのお寺の勤行と一体になって
和歌山へ。関西へ。
日本全体から世界に広がっていく。

そこに天空の光りが
一斉に降り注ぐ。



c0195362_16551412.jpeg


一陣の風の気配がして、
これも金色がかった、
きれいなブルーのエネルギーが
お堂に満ちた。


そこで次回珠子塾の主題
原因と結果の法則に絡め、

「現象化するとは、どういうことか」

について、
考えるともなく考えていたわたしに、

「現象化の目的は、開く、ことにあり」

と、突然、
その青いエネルギーが言った。

空海さんだ。

それは声とか、言葉とかいうより
「波動」なので、
データも大きく、
言葉以上の意味を持っているんだけど

とりあえず翻訳すると、
そんなふう。

むむーん。

天啓って、禅問答に似ている。
それは常にわたしたちの成長の先に
意味を持っている。


おもしろいことに、
お勤めの後お坊さんが紹介された
<今日の空海さんの言葉>がこれ!


ー道(い)うことなかれ此の花、今年開くと
徃歳種因を下せることをー

原因と結果の法則みたい。


c0195362_17043407.jpeg

*特に許可をいただいて、本堂の中で撮影しました


いわく(ほぼ珠語訳)

「花が急に咲いたと思ってはいけないよ。
種を蒔いた人、雨や土、自然の力。
心にかけた時間など

さまざまな縁があって
その花は咲いている。

土の中にあっても、
誰の目に触れることがない時間の中でも、
またその花が枯れたのちも

花は変わることなく、
花であることを意志し続けた。

そこに宇宙が縁を結び、
花が咲いたのだ」

君の名は、ふうにいうと、
「結び」は、約束だよね^_^



空海さんの波動は爽やかで
それでいて暖かく
これだけたくさんの人々を
今も魅了し続けてている理由が
なんとなく想像できた。

存在が大き過ぎて
あまりアクセスしたことがなかったけど、
今度ちゃんと勉強してみよう!


c0195362_16575700.jpeg


そんな素敵な時間の中で
夫の供養をしていただき、
みんなで喜んだのでした(^-^)


c0195362_17592438.jpeg


お勤めの後の、朝ごはんも
精進料理でまとめた
昼ごはんもさいこう!

c0195362_18000840.jpeg


高野山のそこここに
空海さんの気配が満ちている。


c0195362_18004876.jpeg


すっかり、高野山に
魅入られてしまいました(^-^)



c0195362_18013742.jpeg


東北より、寒い!

さすが山の中だけあって
まだ桜が残っている!



c0195362_18034841.jpeg


お店では、
ストーブを焚いていたよ!

わたしは薄手のダウンを着用してましたが、
この時期(4月)訪れる際は
準冬仕様で来てみてね^_^



by terasumonnmoku | 2018-04-17 21:35 | | Comments(0)

高野山に来ています。

c0195362_20173303.jpeg



新月の日に、なにかを決めると叶うらしい。特に今回は強烈な新月らしい。というわけで、さっそく新しい指針を決めてみる。




①日々を送るための、楽しく美しいリズムをつくる。食べるもの、睡眠、運動に配慮する。




②自分を大切に、

負荷をかけ過ぎない。




③移動することを自然だと思う。国内外問わず。




④好きな人たちと好きなところで好きなことを実践し続ける!世界各国に自由に出入りできる各種コミュニティと友人を持つ。




⑤躊躇なく、ハッピーに稼ぐ。それを楽しく循環させることによって、自分と周りの豊かさをどんどん増していく。




⑥関わった人たちと、

成長し続ける。




⑦可哀想な学びを完全に終わらせる。悲壮感、ギリギリ感はいらないと、ここに爽やかに宣言する。




⑧日常のすべてにおいて、美しさと調和をどんどん作り出す。




⑨仕事の場面では常に、その時点での、最高のパフォーマンスを発揮する。




⑩スモールステップを設定し、

必ず結果を出す。



c0195362_20224278.jpeg



さて。こんな電車に乗って


c0195362_20151258.jpeg



はるばるやって来た高野山!


c0195362_20152935.jpeg




ふと思いついて、宿坊のお坊さんに夫の供養をお願いしたところ、




聞いた本人が、

よろこんでピカッと光り、


彼の気配を察したひろみんが

突然笑いだしたのが、

おもしろかった・笑

わたし以外の人にも、わかるのね(^-^)





精進料理も最高で

いろいろな意味で

テンションマックス\(^o^)/


思えばこの高野山行きも、過去の思いが、今、叶ったもの。


思わない限り、決めない限り、けして実現はしないから、



楽しく生きて行くために、


ぜひぜひ折々で

大事なことを決めるってことを

試してみてね!


意識すると

きっとなにかが、

変わってくるはず♪




c0195362_20231075.jpeg



旅仲間、ひろみん。働いてます・笑




c0195362_20475379.jpeg























by terasumonnmoku | 2018-04-16 20:13 | | Comments(0)
牛若丸に兵法を授けた大天狗がいたことで有名な、
京都 鞍馬山に行ってきた!

ばばーん。


c0195362_16455151.jpeg

こんにちは。
天狗さん。

わたしはもともと強力なサイキッカー。
ばりばりの山伏だった過去生もある。

今生、愛を学ぶ上で、
修行系の「裏の」エネルギーは邪魔だった。
だからずっと避けて通っていたが

そういう呪縛も解けた気がして、

思い切って
足を踏み入れると

そこは、デジャブの嵐・笑


c0195362_16480544.jpeg

絶対いたことある。
特にここ。

牛若丸が兵法を習った場所。
魔王の瀧がある。

c0195362_16485706.jpeg

どこもかしこも懐かしい・笑

c0195362_16500966.jpeg

ここは由岐神社と言って
大国主の一部
大己貴命(おおむなじのみこと)を祀っている。

c0195362_16514630.jpeg


前に瀬戸内海で見た
大己貴命の光の柱と
同じエネルギーが降りてきていて
本当にきれいだった!


c0195362_17103547.jpeg


でも本堂はちょっと違う感じ。
尊天、を本尊とする。
とあって、
ブラフマンなのかな。
一説によると、サナトクマラー金星から
くるエネルギーと言われているけど、

わたしの感覚では
台湾で行った宇宙を本尊とする道教のお寺に
すごく近い。


c0195362_16571061.jpeg

太陽、のような、黄金の豊かさのエネルギー。
だから、由岐神社の大己貴命とも違う。


c0195362_16573368.jpeg


奥に見える六芒星の中心に立つと
絶大なパワーを受け取れる、
というので
立って見た(^-^)


c0195362_16585130.jpeg

そこから見た空。


c0195362_17070139.jpeg


すごい。
カラダを充電器に挿したみたいに
エネルギーフィールドがチャージされる・笑

最近忙しく
あまり上手に眠れていなかったので
損傷していた幽体の縁が復活!

でもこれ、ちょっと強すぎる気が。
あんまり立っていた人がいなかったのは
そのせい?



c0195362_17093752.jpeg

あっという間に充電され、
元気が出たので、
走りながら貴船口に降りてみた!


c0195362_17332320.jpeg



もと山伏なので、山にいるときは走るのだ。
走らないと返って危ない。
脳を使っちゃうから。
もちろんかつてとはカラダが違うので、
イメージよりずっと遅い。
でも、なんとも言えないいい気持ち。

飛んでたんだろうな。
崖の上を!


c0195362_17063753.jpeg


これは貴船神社。
きれいな水が湧いていて
水占いが有名なので、やってみた!
大吉・笑


c0195362_17111804.jpeg

すごく川がきれいだったので、

c0195362_18254272.jpeg


足をつけてみる。

c0195362_17124630.jpeg

つめたい!

水がきれいすぎて、あるように見えない(^-^)



c0195362_17140865.jpeg



さらに鞍馬山まで電車で戻り
温泉にゆっくり浸かって
充実の鞍馬山散策終了。

京都の街中からも1時間ほどで行けて
かつ森林浴のできる貴重な場所。
それほど人が多くないのでおすすめ。
鞍馬口から貴船口まで
わたしは2時間くらいで行っちゃったけど
走らない人はもう少し余裕を見てね(^-^)
あと、わりと登山です。
靴は平らなものを!



c0195362_17213481.jpeg



張り切って出かけた鞍馬山は
美しく、空気は澄み切っていて、
ひたすら、居心地の良い場所だった。
時代は変わったということなんだろう^_^


もし本堂の六芒星の中心に
立ってみた人がいたら
どんな感じだったか教えてね♪



c0195362_17264989.jpeg

by terasumonnmoku | 2018-03-25 19:41 | | Comments(0)
息子とうもろこしの
若葉マークの運転でいく
阿蘇&高千穂の旅。

まず向かったのが、阿蘇。



c0195362_09144122.jpeg



地震から1年経っていないこともあり、
そこここに、
工事中&通行止の道がある。

(普段登れる火口付近は立ち入り禁止。
噴火レベルは平常)



c0195362_20184116.jpeg




これは阿蘇神社。

歴史的な門が崩れ
仮の参拝口が出来ていた。



c0195362_20160476.jpeg


向かって右手に
こんな門が建っていたらしい。

c0195362_20173992.jpeg


参道の万十たしろやの
黒あん万十。ここはうまい!
ぜひ熱々のうちに食べてね♪




c0195362_20221655.jpeg


お昼ごはんは



c0195362_22005293.jpeg


熊本の郷土料理
なのにお店の名は「ひめ路」・笑

高菜めしと、だご汁(すいとん)が
おいしい!



温泉は、営業しているところと
していないところがあるので
注意が必要。

わたしたちは、南阿蘇村
瑠璃という温泉へ♨️

なんと、入浴料200円。
ナトリウム炭水素塩泉。
地元の人で賑わっていた!

c0195362_20204060.jpeg


更に翌日は、雪の道を抜け

c0195362_20252870.jpeg

高千穂へ。

幻の高千穂鉄道が
走るはずだったトンネルに遭遇。

現在は酒蔵として使用されている。

c0195362_20400428.jpeg


鉄太郎君、大興奮♪



c0195362_20412404.jpeg


そのまま高千穂に向かい
高千穂神社へ参拝。

c0195362_20440877.jpeg



静謐で神気に満ちた
すばらしい神社。
2人で感動。


すかさず屋台のたこ焼きを食べ

c0195362_22073185.jpeg

更に高千穂峡。
真名井の滝を見て

c0195362_20462003.jpeg


益城郡御船町の温泉に入る。

c0195362_20483399.jpeg

華ほたる。
入浴料500円。アルカリ性単純泉。
ここも良い。肌がすべすべに!
設備はきれいで、露天風呂から
美しい夜景が見える。


大学生の息子の運転で
旅をする日が来るとは驚き‼️
1人は1人、
友達は友達、
家族は家族の旅の
楽しさと良さがある(๑・̑◡・̑๑)

地震から一年未満のこの時期に
次の世代の人と回るっていうのも
意義深い。

てか、これもしかして
母親としては
相当しあわせなのでは
ないだろうか???

むーん!

とうもろこし、
ありがとうね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



by terasumonnmoku | 2018-01-06 21:12 | | Comments(0)
朝6時に宿を出て
真っ暗闇を白谷雲水峡へ。

暗闇の中、
ヘッドライトだけを頼りに
山に入る。

真っ黒の山道の運転は怖いが
真っ暗な山道の1人登山は
怖くない・笑



どんどん登っているうちに夜が明けて、
気分はマックスに\(^o^)/

c0195362_20442786.jpeg




タイトな日程で1つだけ行くとしたら
ここしかない。
と、しゃぶしゃぶ屋のマスターに
太鼓判を押された

白谷雲水峡。



c0195362_20561988.jpeg



たった1人で歩く<もののけの森>は
贅沢の極み♪

c0195362_08360750.jpeg



怒涛のような水のせせらぎや
鳥のさえずり。


c0195362_08460732.jpeg




吹き渡る風が枝を揺らす音
生きものの気配。

空間が、意味のある情報に満ちている。


c0195362_00171474.jpeg


枯葉の上に寝っ転がり、空を眺めたり
瞑想したり
セルフタイマーで写真を撮ったり
おやつを食べたりするうち、


c0195362_00175775.jpeg


あっという間に時は過ぎ、

c0195362_00243684.jpeg

下山時刻に(T ^ T)

三が日だからひとはいないのかな
と思ったら

その頃になると、
どんどん登って来たので、
早く出たのは正解だったもよう☆.


c0195362_00165626.jpeg


また来ることがあったら、
あと1時間半早く来て
頂上でご来光を見てみたいな♪


c0195362_00261113.jpeg


その後、屋久杉ランドへ!


屋久杉ランドという
ファミリーな名前とは裏腹に
こちらの方が道は細く
ぐにゃぐにゃ。


c0195362_21023469.jpeg


ここでは軽く1000年杉を見る。
(30分コース)


c0195362_21032775.jpeg


白谷雲水峡も、屋久杉ランドも
遊歩道を小一時間歩くとその先は登山。



まじめに行くには、ちゃんとした装備が必要。


c0195362_21041365.jpeg



縄文杉まで行くとすると
大体10時間必要で、
冬場はアイゼンと
マイナス15度に対応できる
防寒着が必要とのこと。
スキーウエアみたいな!


c0195362_00271515.jpeg


登山靴は市内でレンタル可能。
わたしの泊まった田代別館も
レンタル対応していた。



c0195362_21044238.jpeg


その後、安保港を臨む
お洒落なカフェ
ワルン・カランでランチ。
登山ガイドもするマスターのごはんは、
インスタ映えするだけでなく
味もおいしい♡

雨の多い屋久島で
奇跡のような晴天の二日間。
正味24時間の旅が終わりました(๑˃̵ᴗ˂̵)

1人でも、1日でも
相当なことができる屋久島。


山の中で
心の深呼吸はいかがですか?




c0195362_00253412.jpeg


by terasumonnmoku | 2018-01-03 21:10 | | Comments(0)
屋久島にいます。

そういえば、象徴的な写真がない。


午後3時過ぎに高速船で
鹿児島から到着し、
飛び込みでレンタカーを借りて
(正月はいろんな兼ね合いがあって
いつもギリギリに予定が決まる)

ウミガメの浜の手前の絶景ポイントまで
叫びながら夕陽に向かって走り、



c0195362_22151519.jpeg



叫びながら満月に向かって走り



c0195362_22155565.jpeg




旅の空気を満喫中。



c0195362_22163267.jpeg




尾之間温泉という

c0195362_22460489.jpeg


地元の人が行く、入浴料200円の
お湯がトロトロの秘湯に入り



c0195362_22180430.jpeg



波の華、というお店で
飛び魚のつみれで出汁を取った
頬が落ちるほど
おいしいしゃぶしゃぶを食べ
ご満悦です。

ひとり旅楽しい(๑˃̵ᴗ˂̵)


インド&タイはあるけど、
国内旅行でははじめて!
(いつもながら縮尺がおかしいぞ)


今回は初のレンタカー移動。

屋久島は車が少ないので
わたしの運転でも大丈夫♪

料金おまけして貰ったり
バスで特別、バス停外のところまで
乗せてもらったり
とびきりおいしい、
たんかんをいただいたり

c0195362_22463560.jpeg

↑これ、ほんとにうまい!2個連続で食べちゃった♪

屋久島のみなさんに
お世話になりっぱなしでございます(T ^ T)
ありがたや

明日はどんな冒険になるだろう?
楽しみすぎる!!!!!


c0195362_22465481.jpeg

by terasumonnmoku | 2018-01-02 22:13 | | Comments(0)

富士山番外編

今回の富士登山で一番満足だったのは、
息子とうもろこしの前で

<夢宣言>

できたこと!


でも、長くなるので、
改めて書くとして、

それ以外では、
高校時代にバイトした
日の出館(当時は日の出荘)が
そのまま残っていたこと!

c0195362_14270056.jpg

娘さんの代に変わっていて、
古い写真を見せてもらいました(^_^)

この中で、カップ麺とか売っていたんだよ♪

c0195362_14273736.jpg



なんと言っでも言い足りない、
すてきな仲間たちとの

「出逢い」


c0195362_14275863.jpg


富士山に登らないと得られない、
特別な連帯感を感じました。
この辺が、実際に体験することの
すごさなんだろうな。

一人一人について
ドラマが書けそう仲間たち。

特に個性豊かな

c0195362_15504396.jpg


ばば、ーん!
富士夢主催のドリームアーティスト大志さんと、ドリプラ仲間のるいるい。

会ってみたかった大志さんに
会えてうれしかったし、
お互い凄惨な過去を持つ者として出会い、四年の年を経て、格闘の後にるいるいがきれいになっていたのが、嬉しかった。

すっごい、がんばったんだろうな(;_;)



あと、不思議な楽器?タオライヤーの体験をさせてもらったこと♪

c0195362_14330543.jpg

身体に載せて、音の振動で波動を整えるそうで、シュタイナーと一緒にゲーテリウムを作った人が考案したらしい。




人は音でできてる。
疲れ切った身体が、調律されるよう。

るいるいと2人、
それぞれから出てくる音の違いが
また楽しい。

わたしの身体から出る音は
高く、透き通る感じで

るいるいの音はあたたかく、豊かなのです。

あと20代の子といろいろ話してみて、
みんながとても深いものの見方をしていることに、改めて感動しました。

でもそこまで見てると、浅いところしか見えてない大人たちとは、話合わないだろうな。



大人、がんばろう。楽しく。



それにしても納得がいかないのが
この万歩計。

c0195362_14423352.jpg


上が8合目まで。
下が頂上まで行って五合目まで。

富士山、日本一の山のはずなのに
2日合わせても35000歩。

たらら〜



by terasumonnmoku | 2017-08-30 14:13 | | Comments(0)
朝、電話口でも英語の会話で目覚めると
歌うたいのエミーが青い顔をしていた。

それで北朝鮮のミサイルが
日本の海に落ちたことを知りました。

で、今こんなふうに富士夢で
(わたしの参加したイベントの名前です。詳しくは下のリンクを見てね)
みんなといることに
ものすごい意味があって、

何があっても、どんな時も
愛と平和と幸福を思うことが大事だよね。

それが、平和を作るということだから。

みたいな話をすると


c0195362_20535223.jpg


エミーがイマジンの歌詞を
日本語に訳した時に


「想像してごらん」


だと全然しっくりこなくて

「思い出してごらん」

ならぴったりくる!
と前に思ったことを
いまのたまちゃんの話で

思い出した。


とはなしてくれた。

みんな心の奥底では
愛も平和も幸福もすっごく大事で
探さなくても
それがすでにあることを
誰もが知っている。

ただ、忘れているだけ。
ただ、思い出すだけ。



c0195362_22284096.jpg

そして富士山のふもとのはらっぱで
みんなで夢の話をして、

弾けたとうもろこしを見て、

しあわせな気持ちで
戻ってきました。

なにがあっても、どんな時も
しあわせでいよう。

わたしたちはみんな
愛につながっている。



下の写真は、ふもとっぱらの池を
夢を描いたハンカチで囲んで

唄を歌っているところ。

左側の白い人が
火の鳥の化身になった元氣堂主人のバディ。
右が息子とうもろこしです(^_^)

by terasumonnmoku | 2017-08-29 19:13 | | Comments(0)

富士山登頂成功

午前2時に山小屋を出て
山頂に到着しました!



見事なご来光です。


c0195362_19490064.jpg


山小屋を出るときは
寝不足がたたり頭が痛くて
高山病?と思ったし

とにかく次の一歩が重くて
一瞬リタイアも
考えましたが、

c0195362_19483904.jpg

登れてよかった(;_;)

少しの頭痛くらいなら
動いた方が呼吸ができて酸素が吸収できるので、いいかもしれません。

頑張ったおかげで
念願の、旅する結びて あさみちゃんの
頂上ちゃぶ台おむすびも食べられたし


c0195362_19505141.jpg

帰り道には
とうもろこしと、
ギターを持って登ったバティとみんなの
音楽&踊りのセッションがあったりして


登山、ではなく
旅の途中のよう。

そう言えば昔インドを旅していたときも
こんな感じだったな。
懐かしい。

c0195362_20025118.jpg

そんなこんなで
みんなで足の痛みをごまかしながら

下山し、下から見上げる
富士山の美しかったこと!

c0195362_21152309.jpg



そして移動。
夏の林間学校のようなところに
やってきました(^_^)



みんなで歌ったイマジンが、
なんとも最高だった。



c0195362_22034836.jpg





by terasumonnmoku | 2017-08-28 22:18 | | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku