<   2018年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

長いものに巻かれろ

今年のゴールデンウィーク。

バイクの免許を手に入れた息子とうもろこしは
亡きお父さんの弟である
おじさんと

ツーリングに出かけた。



c0195362_20234213.jpeg


バイクって、
母としては
あまり乗って欲しくない。
危ないから。

しかし止める気はなく、
その気持ちとは別に

息子がおじさんに、
ツーリングに連れて行って
もらえるのは、とても嬉しい。
感謝の気持ちでいっぱい。


とうもろこしが自分で連絡をとり
関わりを作れるようになって
肩の荷が降りた。

婚家とは相当いろいろあったので
ここまでこぎつけられたことに
感無量だ(^-^)


おじさんは夫に雰囲気がよく似ているが、
生き方はまったくちがう。

以前
とうもろこしに
こう言ったそう。

「兄貴の生き方は美しいけど、
ああいう生き方はしちゃいけない。

長いものに巻かれて
生きて行くんだ」



すげえ説得力
だったよ!





とうもろこしが
話してくれた。


c0195362_20333463.jpeg



考えてみると
彼のお父さんもわたしも
長いものに巻かれるところがない。


わたしの夫は

立て!立つんだジョー!
真っ白な灰になるまで!


みたいなタイプ。
(古いな〜)

斃れて後已む、みたいな。
〜たおれてのちやむ。死んでようやく終わること〜

確かに美しい。
しかし、人の親としては
だめだよね。

親は生きてないと。
どれだけカッコ悪くても。



c0195362_20335576.jpeg



わたしは妻として
彼のお父さんを支持したい。

しかし息子には

どんだけずるいことをしても
元気で長生きしてほしい!




なのでおじさんが彼に
誠に泥臭い人生訓を言ってくれることが

とても嬉しい♡

考え方を押しつける気持ちはないし、
どんな選択も応援する。
とにかく、自分で
自分の生き方を考えられるひとに
なってほしいな♪

それはとうもろこしに限らず
誰に対してもそう思う(^-^)


c0195362_20420961.jpeg

そうは言っても
ただ生存するためだけの人生は
つまらない。

明日死ぬかもしれないのに
好きに生きないなんて
もったいない☆



一度きりの人生。


志を持ち、
宇宙の意志に従って、
自由に楽しく
わたしは生きていく♡

一緒に行ける仲間たちとともに。

未来は
すでに開かれているんだ。


by terasumonnmoku | 2018-05-12 00:18 | Comments(0)

ごくシンプルな豊かさ♡

いつもの仲間と水汲みに!

c0195362_18320855.jpeg


山形東根市 
あらえびすに行って参りました。


c0195362_18270437.jpeg
今日は催事で、
あらえびすは無人です。

スタッフのまこっちゃんの
汲んでいいですよ〜

というお言葉に甘えて

みなさんが採取してくれた
おいしい伏流水を
勝手にボトル詰させていただきました!


c0195362_18381813.jpeg


横一列で水を入れる

c0195362_19050520.jpeg


ただそれだけなのに


c0195362_18322932.jpeg

何かが


c0195362_18312297.jpeg


楽しい♡

まるで小学校の時の
給食の時間のようです(^-^)


c0195362_18384468.jpeg


東根市では有名な一寸亭で
激うまの肉そば(おおもり)を食し

c0195362_18454460.jpeg
よってけポポラで


c0195362_18455964.jpeg

蕩けるジェラートを堪能。


c0195362_18461936.jpeg


ここに来るたびに見とれる
さくらんぼうし。


c0195362_18471287.jpeg

山形ではりんごの花が満開です。

c0195362_18481307.jpeg

駐車場から見る風景もいい。

c0195362_18485849.jpeg


帰りの車の中でも
ずっと笑っているわたしたち。

c0195362_18494157.jpeg

これからの計画で
みんな心も頭もいっぱい・笑


楽しさって
すごくシンプル。

いい仲間がいれば、


おいしい水を汲んでいるだけで
宝物をもらったみたい。


豊かさと、楽しさ。
必要なのは
「時間」と「愛」☆

ないわけじゃない。
きっと作れるはず!



*イベントのお知らせ

2018年7月8日、都内某所にて
不食の弁護士秋山先生と
ソプラノ歌手竹林加寿子さんとのコラボ企画に
ピアノで参加します!

どんな感じになるのか
想像もつきませんが、きっと楽しいはず^_^
お近くの方はぜひいらして下さいね

空の晩餐会

秋山先生

竹林加寿子さん

最近、デタラメピアノを弾くのが
嬉しくてたまらない

まえたま、でした^_^

by terasumonnmoku | 2018-05-11 00:25 | Comments(0)
本日は、あぐり寺真理の学校
経験者は語る

モデル仲野谷真喜子ちゃんと
ドラゴン&アート・ワーク斎藤里香ちゃんの
お話会でした(^-^)



c0195362_22143816.jpeg


実はなかまきちゃんとも知り合ってから10年以上。
公私ともにいろんな時に
関わりを持ったせてもらっていただけに
感慨ひとしおです・笑



c0195362_22154033.jpeg

もはやファミリーと言っても過言ではない・笑

でも、考えてみたらすごいことなのです。

十数年前からセラピストとしての関わりで
わたしはその間、
夫を過労自死で亡くすという
とてつもない出来事を経ている。
その事実も、その後のわたしの苦闘も
全部知っているのに、
その間一度も、

なかまきちゃんの
わたしへの信頼は
揺らぐ事はなかった。

今まきちゃんはモデルとして
そしてご主人のかっすーは写真家として
美しい人生を生き始めているけど

それは、人に対する
ひいては自分自身に対する
絶大な信頼が
まきちゃん自身を導いてくれていた
ということだっだと思う。

そんなことを思っていたら
感無量になってしまった(T ^ T)

うれしすぎる。



c0195362_22202097.jpeg



そしてりかちゃん。
りかちゃんとは昨年tama's cafe で
ドラゴンワークを受けたのが
ほぼ最初の関わり。

今年は久美子一座の女優として
みるみる美しくなっていくりかちゃんに
見惚れました(^-^)

まるっとお話を聞いたのは初めてだけど、
ほんとうにがんばったね。

りかちゃんの人に対する思いやりや温かさは、
今回話してくれたハードな人生があって
初めて培われたものかもしれない。

アートで人を癒し
その人自身を認めていくりかちゃんのワークが
わたしはとても好き。
たくさんのひとに、あの愛ある時間を
体験してもらえたらいいなと思っています。
自分にできないことができる人を
素直に尊敬するよ!!



2人のお話を聞いて
誰のどんな人生も最高にかけがえがなく
尊いと心から思った。

嫉妬や恐怖などのネガテイブな感情も
怒りと同じように
そこに愛があって
はじめて生まれるもの。

素直に表現される
感情のシェアは
魂を揺さぶられ、

という存在の美しさを
改めて教えてくれたのでした。

すてきなお話を
ほんとうにありがとう。


c0195362_22314604.jpeg

差し入れの数々も
美味しかった♡

主催のゆっき、
あぐり寺の無冥さん。
今日一緒だったみんなも
本当にありがとう。


今度はあなたの物語を
聞いてみたいな(^-^)
いつかね!


by terasumonnmoku | 2018-05-10 00:13 | Comments(0)
今日はみさきちゃんの
支援者セッションでしたー(^-^)

なのに!

おうちにお邪魔して
めちゃくちゃ美味しい、
薬膳料理をご馳走になってしまったΣ੧(❛□❛✿)
酒粕のプリンつき♪


みさきちゃんは栄養士の資格を持っています。
作るのも大好きだそう。
ごはんが実においしいのです♡

うまい!
うますぎる!!!!

c0195362_17094826.jpeg



ほぼ10年前に知り合った
みさきちゃん。
いろんな時が、ありました。

自分で納得して進むタイプなので
はまるときも、とことん。

だけど経験に裏付けられた言葉には
説得力があり、
今やっているお話会も大人気なのです。

今日は、これから先の展開を
2人で話し
わくわくのビジョンを
作っていきました(^-^)

同じエンパス
ということもあって
ここに来るまでも、なんどかセッションを
させてもらったことがあるのです。

その時も今も、
わたしはみさきちゃんの可能性を
疑ったことは一度もありません。

どんな時も、みさきちゃんの魂は
キラキラに輝いていたから☆


それでもやっぱり
大変な時は大変な状況だったので、

こんなふうに、明るく楽しい
未来のビジョンを
シェアできる日が来たことが
感無量です(T ^ T)

徳ちゃんのブログで繋がり
出会ったときはまだ病気の真っ最中。

鬱病で起き上がることもできない日々。

死にたい

から
生きるって楽しい(だっけか?)

に至る大逆転☆


ワークをまじえ使いやすく落とし込んだ
How toの数々を
たくさんのみなさんに
ぜひ聞いてもらいたいなあ。

しあわせに生きるって
難しくないって、
きっと思えるから♪



c0195362_17200252.jpeg




愛にあふれるおいしいごはんと
素敵な未来を共有させてくれて
ほんとうにありがとう😊


これからのみさきちゃんが
ますます楽しみです!!!!!

*こっそり見せてもらったブログ、
めっちゃめちゃすてき♪
ぜひ見てね(^_−)−☆













by terasumonnmoku | 2018-05-09 00:57 | Comments(0)
<ペンタゴンペーパーズ 最高機密文書>


c0195362_20214127.jpeg

スピルバーグ監督作品。

1971年。泥沼化したベトナム戦争の渦中、
ウォーターゲート事件直前の
アメリカの実話をもとにしたノンフィクション。

報道の自由と、政治の葛藤というメインストーリーの影で、社長だった夫の自殺で、主婦からワシントンポスト社の社主となり、
なみいる男性重役たちに軽んじられている、
メリル・ストリープ演じるキャサリン・グラハムの
「社会的自己の確立
が重要なテーマになっている。

女性の社会的地位の低さは言わずもがなだが、今の日本の、報道の状況、顔見知りの記者さんたちの苦境を思うと泣けてくる。それでもみんな、可能な限り誠実に、懸命に使命を果たしているのだ。

この映画は、スピルバーグが撮影中の映画を押しのけ、わずか5ヶ月あまりで完成させたそうだ。こういう映画を今の日本で、ぜひ作って欲しい。
そしてそこにぜひ、ここで描かれているような、フェミニズム的視点をいれて欲しい。

フォーラムでの上映は5月10日まで。早く終わってしまいそうなので、興味のある方は是非!

#ペンタゴンペーパーズ #泣く

ペンタゴンペーパーズ
2017.米。116min.
スティーブン・スピルバーグ監督作品
メリル・ストリープ、トム・ハンクス

*映画に出てくる内部告発者の
モデルとなった方の記事。
とにかくいい顔している!



by terasumonnmoku | 2018-05-08 00:20 | 映画 | Comments(0)
本日は天使のひでたろうさんの朗読会でした!



c0195362_21335475.jpeg

GWの最終日とあって
今日は人数が多い!

お誕生日のひとも
たくさん(^-^)

c0195362_21350053.jpeg

みんなでおいしいごはんを食べて

c0195362_21354145.jpeg


それぞれに、朗読をして
大盛り上がり♡


c0195362_21405806.jpeg



特にわたしは、大好きな
ミロコマチコの
「オオカミがとぶひ」を読むのが嬉しくて
大興奮・笑
いやいや、これは途轍もない本なのです!
是非見てみて\(^o^)/

c0195362_22080756.jpeg


今日は、オーナーのご好意で
特別にピアノも弾かせていただきました♪


c0195362_21432230.jpeg

みんなのお誕生日のケーキです。
味もさいこう☆

c0195362_21435256.jpeg

その後は、ルフラン・オーナーで
ピアニスト慶子さんの
ミニコンサート!

c0195362_21462024.jpeg

素晴らしい演奏にうっとりの後は、
なんと、全員で「翼をください」で
大合唱・笑

すごいソプラノを
張り切って歌います。
歌って汗かいたよー!!!

仲間のよしえちゃんは
めでたくも妊娠8ヶ月。

この写真は、ベビ待ちトータルサーポートアドバイザーのぷりがおなかのベイビーに、天使が生まれてくる赤ちゃんのお手伝いをする話」を読んであげているところ(^-^)

c0195362_21504680.jpeg



みんなできみを待ってる。
だから、
元気に生まれてくるんだよ♡


そんなこんなで
愛がいっぱいな時間が
過ぎて行きました。


c0195362_21594283.jpeg

主催のひでたろうさんが
ジャムパンの栄養マヨネーズの話しを
しているところ・笑

感謝を込めて☆

by terasumonnmoku | 2018-05-07 00:33 | Comments(0)

パフォーミング・アーツ・カンパニー パパ・タラフマラ作品

「WD What have we done?にみる100年」。


の上映会に参加した。

2001年に作られた作品で

上映時間は2時間35分。


この上映会は、友人の看護師かずぴよんが

私費を投じて開催しているもの。



忙しい勤務の傍ら、かずぴょんはイベントを立て、告知をし、看板を作り、オリジナルな、美しいインスタレーション作品によって

上映する空間そのものを、

作品の世界観を表現する場として

作り上げる。




c0195362_20570118.jpeg




わたしは演出の小池博史さんのことも

2012年に解散した、

パパ・タラフマラのことも

全く知らなかったのだけど、



かずぴよんの作る世界の美しさに惹かれて

上映会に参加するようになった。


聞けば障がいのある患者さんが

夜薬なしでも眠れるように

ネオンが1つづつ消えていく仕掛けを

作り始めたのが

こういったインスタレーション作品製作の

きっかけだったらしい。


感動(T ^ T)

なんて素敵なんだろ(T ^ T)



さてさて。



時間、空間、身体すべてを舞台に投じ、

すべてを不可欠な要素として

取り入れた、とされるその作品を見て、



最初は

すごい!


ということしかわからなかった。


身体表現に圧倒され

どこをどう見ればいいのか

よくわからないのだ^_^


でも、かずぴよんの情熱に魅入られるように

生の舞台を見

また映像を見、と回を重ねていくうちに


だんだん更なるおもしろさが

わかってきた気がする。




c0195362_21012260.jpeg


美しかったり

下世話だったり

暴力的だったり

神聖だったりする舞台は


言語の制約を軽々と抜けて


別の地平にわたしたちを連れて行く。


躍動する身体と、そして音楽。


感覚の世界に没入するひと時。


c0195362_21221735.jpeg


今回の上映会を最後に

かずぴよんは職を辞し


大好きな小池作品を

今度は製作として支えに行くという。


上映後、のこったみんなで

ピザやサラダをつまみながら

そんな話を聞いた。



c0195362_21240461.jpeg




いろいろな思いがあると思う。

だけどきっと大丈夫^_^



かずぴよん!

とにかく元気で!



ずっと応援してるからね\(^o^)/


*仙台東北の方は、5月30日の河北新報持論自論のコーナーにかずぴよんの記事が掲載予定なので、そちらもぜひ、チェックしてね!(^_−)−☆


また、7月13日〜15日は仙台市青年文化センター主催 小池博史ブリッジプロジェクトの創作ワークショップ開催予定。9月16日には小池作品の生の舞台(マハーバーラタ)が上演されます!楽しみ♡






#パフォーミング・アーツ・カンパニー#小池博史#パパ・タラフマラ





by terasumonnmoku | 2018-05-06 01:24 | アート | Comments(0)

読書 孤独をたのしむ力

<人生の「質」を上げる、孤独をたのしむ力 >

午堂登紀雄 著



c0195362_20450192.jpeg


どうも世の中的な刷り込みで、


孤独。


に対して悪いイメージを持っていたらしい。


一人暮らしを始めるにあたって、

いろいろ対策を立てたんだけど、

しかし、1人になってみると、

これがまた、意外と快適なのだ。


好きな時に好きなところに居られるし、

時間の使い方も自由。


家族と居ても、寂しい時は寂しかったので、あまり変わらないかもしれない。


それどころか、自由かもしれない。


この本には1人で居ることの利点がたくさん書いてあって、そのそのほとんどは自立に関するものである。


自分の意思で自分の行動を決定すること。

大事なものと大事でないものを見分けること。選択すること。


その上で人との時間を楽しむこと。

人生を楽しむために、

孤独を楽しむ力は欠かせない、

という結論が納得できる本。


そういう意味で孤独をネガテイブに思うか

真に自分を生きる上で必要な

生産的な時間と捉えるかは

まさに自分しだい。



考えようによっては、

ネガティブな意味での孤独なんて

存在しない・笑


#読書中毒 #読書中毒 #孤独の楽しみ


by terasumonnmoku | 2018-05-05 01:37 | 読書 | Comments(0)
連休も終わり近い本日は

tama's cafe
ともちゃんのお花の会 花楽でした(^-^)



c0195362_20291453.jpeg

みんなで持ち寄りの
おいしいごはんを食べて

c0195362_20294181.jpeg

今日のテーマの
薔薇

を生けて行きます。

c0195362_20295332.jpeg

回を重ねるたびにわかってきたのは
わたしがとっても

生け花が苦手だってことΣ(゚д゚lll)

空間の作り方が、よくわからない。


そもそも形(というか輪郭)
を見ていないので
考えてみればあたりまえなのだ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

これが最初に生けたやつで


c0195362_20370578.jpeg


これがともちゃんの直しが入ったやつ。

c0195362_20371849.jpeg

更に直し。

c0195362_20374068.jpeg

どんどん良くなる・涙

ちなみに、今回よく考えた徳ちゃんは
一発OKをもらっていた(T ^ T)



c0195362_20383416.jpeg


一緒にやっている
ぶりもれいこちゃんも
とっても素敵に生けている。。。


c0195362_20385346.jpeg



悲しい・・・

悲しみが込み上げる・・・


現実はたまに、ほろ苦い。

ともちゃんの教え方や
お花に向かう姿勢が大好きだし、

以前倒れるほど苦手だった運転も、
好きではないけど
そこまで苦痛ではなくなってきたので

これもやっているうちに
別の世界が見えてくるかも・涙


形ある世界を
楽しもう♡


c0195362_20414609.jpeg


家の花も
生けなおしてもらっちゃいました(^-^)
花の実力300%増です!

蕾だった芍薬が、
咲き始めた♪

by terasumonnmoku | 2018-05-04 01:17 | Comments(0)

怒りの感情について。

珠子さんには、怒りの感情って
ないんですか?

と、

聞かれた。


ええっ!!

夫がパワハラで亡くなってからというもの
復讐をテーマに人生を送り
つねに怒っている時期が
長かっただけに、
驚きである。

考えてみると確かに
怒ることが激減してる。

ムカつくことも
少しはあるけど、
ほとんどないと言ってもいいかも。。。



c0195362_22152226.jpeg


正当な怒りには、
きっちり落とし前つけてるし、

単なるムカつきからも
ちゃんと学び、
ひとつひとつ成果を掴みとっている。

そういうことをしていると
そもそも腹が立つ、
ということが
なくなってくるみたい。

今はイラっとすると、
おっ、学習の機会ウエルカム♡

と思う。

トラブった時も
ほぼ、自分の中で解決できる。

だから問題が長引くことも、
新たな火種を増やすことも、ない。



c0195362_22155138.jpeg


怒りの感情は二次感情で、
その下に悲しみなど、
一次感情を隠している。

と言われる。


自分で自分の痛みに蓋をしている時
ひとは怒りっぽくなる。

だからイライラには、
自分の中の悲しみを解放するのが
一番効果がある。




前述のように、ちょっと前まで、
わたしは怒りに取り憑かれていた。

それは自分を保つことができなくなるほどの、
規模の大きな凄まじい感情で、
動かなければメンタルが壊れるか、
病気になるかどちらかしかなかった。

しかし、ストレートに発散すると
警察に連行されてしまうし、
そうすると子どもが育てられなくなる。

次善の策として、
その怒りを婉曲に表現するため
戦闘態勢で、
自分の痛みをさらけ出して
美しい未来を語り続ける
ということをやり続け

やっているうちに怒りがどんどん
昇華されていった。

わたしは怒っていたのではなく
ほんとうはただ、悲しかったのだ。
慟哭、とか、悲嘆。
とか、絶望とか罪悪感とかいうやつだ。
それが混ざって真っ黒な怒りになったのだ。

なので、その時わたしが語っていた美しい未来は
言ってしまえば「うそ」である。
だけど、やり方が間違いだったとは
思わない。



たとえ攻撃的なエネルギーで
やっていたことでも

心がその美しさを
求めていたことには
変わりない。



c0195362_22291228.jpeg

だからわたしは
偽善、が、嫌いじゃない。

それは
そうありたい。と思う人間の、
切なる願いだったりもするのだ。


以前は大嫌いだった二枚舌も、
自分が活用できるようになってから
嫌ではなくなった。


それは別に悪ではなく
ひとという存在の

おかしみ。

であり、
形ある世界の、利点の1つだ。

時間を稼いで、
結果を変えていく。
高度なコミュニケーション技術であり

別の言い方をすると
「祈り」
と言ってもいい。


しかし同じ祈るなら
もっと元気の出る祈り方をしたいよね(^-^)
これからは、それで行くのだ。




by terasumonnmoku | 2018-05-03 01:48 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku