<   2018年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

突如ピクニックの企画が持ち上がり、
大人の遠足に行って来ました(^-^)

Yeahhhhhhh!!!!


c0195362_21450837.jpeg


総勢15名!
場所は登米市馬の足公園。

信じられないほど
緑のきれいなところです!


c0195362_21153178.jpeg


こんなに美しい場所を、
ほぼ、仲間うちで独占。
なんて贅沢。

瞑想したり、

c0195362_21194004.jpeg

盛り上がったり

c0195362_21201327.jpeg

怪しい探検隊のみなさん、

c0195362_21203408.jpeg



に混ざって、

c0195362_21225046.jpeg



猿が。


c0195362_21234470.jpeg


散策するみんなと
岩に打ち上げられた、
火曜サスペンスな死体。



お楽しみは!


c0195362_21461484.jpeg


ごはんごはんごはん♡

c0195362_22062241.jpeg



みんなで食べているだけでうれしい♡

さらに!
ぷり先生の青空ヨガ教室
リクエスト開催・ばばばーん!!!!

c0195362_21464249.jpeg

身体中が、大地と緑のエネルギーで満たされる
豊かな時間♪


c0195362_21282143.jpeg


緑の中にいると、
体が柔らかくなるらしい!

c0195362_21570872.jpeg

ぷり先生の声がまた、
いいんだよね!

c0195362_22064039.jpeg


何をしているわけでもないのに、
みんながいて、


c0195362_21583682.jpeg

自然があるだけで
満たされる。

c0195362_21593392.jpeg

人生に必要なものって、
そんなに多くない。


c0195362_22001669.jpeg

道の駅で
男梅ソフトを食べて
また、笑いながら

大事なのはただ、

みんなで



楽しく一緒にいることかも
しれないなって、
思った(^-^)

こういうつながりを、
日本中で
増やして行きたい^_^


みきちゃん、さゆりちゃん、
そして運転と、ヨガを案内してくれたぷり。
一緒に遊んでくれたみんなも、ありがとう!!!!

たのしかったね♪

また、よろしくお願いします!!!


by terasumonnmoku | 2018-08-19 21:14 | 地球を豊かに | Comments(0)

仙台では、9月16日。

大作マハーバーラタの開演も迫る



c0195362_20265841.jpeg


演出家小池博史の映像作品

「青い頭の雄牛」上映会に参加しました!


c0195362_20345090.jpeg


小池博史さんは、身体表現をメインに

言葉を超えた作品によって表現活動を繰り広げる

世界的な演出家です。




c0195362_20364694.jpeg



前回、仲間と小池さんの3日間の

ワークショップに参加。

一つの作品を作り上げたことも、記憶に新しい。

*ワークショップの時のブログはここ
https://artandlove.exblog.jp/29634591/



今回はすばらしい小池さんが、

ご本人自らパフォーマーとして登場した貴重な作品を、

上映していただきました(^-^)



セリフに頼るどころかほとんどない

小池作品には珍しく、

言葉が多いのです。


普段は絶対に小池さんから出てこないような言葉が、

ドンドン紡ぎ出されます。


自分自身を生贄に、

空間と時間と身体能力の中に置いた。

とされる、この作品。


かなりな挑戦だったことでしょう!



c0195362_20590339.jpeg


かっこ悪いところが

めちゃかっこいい。




以前東京で見た作品「世界漂流」も

上映会で目にした他の作品でも、

身体能力の高い、プロのパフォーマーによる

緻密な身体表現で形作られていた

美しい世界でした。




それが、また、違う感じで伝わってくる。




切なさや、いじましさや恥ずかしさ。

欲望や絶望や勇気。



中央の円盤の上でくるくる回る人形を

リアルパンツ一丁の小池さんが抱きしめた時、

謂れのない安堵感のようなものに包まれました。




いいじゃない?

それでさ。なんであっても。。。

みたいな。



c0195362_20385384.jpeg



最後に今度は916日に

日立システムズホールで行われる、

新伝統舞踊劇幻祭前夜2018.マハーバーラタを

みんなで宣伝♡


なんとも感想の難しい

作品の余韻に浸りながら、


上映会の後で、みんなでこの、

「青い頭の牛」にちなんだお菓子を食べ

こちらも作品のイメージという、

小さなカップに入った梅昆布茶を

すするように飲みました。



c0195362_20372846.jpeg



お菓子は、滋賀県の黒蜜きなこ「あかい」

セレクトした主催かずぴよんによると、


食べた時の感触が

小池さんのお腹みたい。

なのだそうです。


だとしたらこのたぷたぷ感、

かなりやばいね、とみんなで言いあいながら

食べる食べる・笑


アートは楽しい。
そしておいしい。

いろんな意味で。

まるでは舞台の中に入り込んだような気分☆



c0195362_20540433.jpeg



*マハーバーラタチケットはここで買えるよ!

http://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1820151&rlsCd=001


飛び出したアートな世界に、

巻き込まれてみてね♪


*小池博史

ブリッジプロジェクトについてはこちら










by terasumonnmoku | 2018-08-18 20:24 | アート | Comments(0)

まことの我を生きる

真理の実践講座



真理とは、生きることそのもの。


とは言え、あるがまま、

そのままで望む人生を送ることは難しい。


望む生を生きるためには、

心からやりたいことに思う存分取り組めるよう


自分の志向性を見定め、言語化した、

「わたしを生きるためのミッション」

を作ることが有効です。



「真のわたしを生きる」

=仮面を被って生きるのではなく、


根底の自己を心から満足させる、

生きがいとなる、ミッション。


それは職業ではなく、わたしたちを勇気づける

オリジナルで抽象的な理念です。



この講座では、真理の考え方に即し、

参加者お一人お一人が、


真に満足のいく人生を送るために、

必要不可欠なミッションをともに構築。



そのミッションを使って、

それぞれの人生を創造していく方法について、

具体的、実践的に学んでいきます。



衝撃的な家族の突然の死によって

徹底的に破壊されたアイデンティティー

(生きる意味)を真理によって再生。

再誕生を果たしたリアルサバイバーによる、



真のわたしを生きるための

ミッション構築&実践講座




真理は、使い方を一度学ぶと、

人生が劇的に変化します。


感受性が豊かになり、幸福感が増し、

人との関係性も深まっていきます。




わたしたちはどこからきて、

どこへいくのか。


この世界に、

なんのために生まれてきたのか?




自分なりの答えを探しにいきませんか?




この講座では特に、

実際に自分や環境に変化を起こす方法と、


そのために必要な基本的な考え方を、

一人一人の日常と現実に

応用可能なかたちでお伝えします。




また、講座の中で構築した理念を土台に、

ご希望の方には職業および進路の開拓、

プロフィールやマイストーリーの打ち出し方、

はじめの展開の仕方、

講座終了後も来年11月までの約1年に渡って

サポートします。

(個人セッションもこの期間内の

必要なタイミングで受けつけます)


が、必ずしも職業に結びつけなくても、

生涯に渡って使える価値のある学びです。



なお、本講座はわたしたちの師である、大津和壽先生の真理の実装編を目指しています。及川徳子さんの、真理のプログレス講座の後継講座でもあります。


必ずしもプログレス講座を受けている必要はありませんが、


対象は大津先生のセミナー、プログレス講座、珠子塾、高橋美咲さんの講座その他において、真理に関する基礎的な知識を身につけた方に限定させていただきます。



また、参加された方の非常に深い部分に、

アクセスすることになるため、

場合によってはお断りすることもあります。

ご了承ください。




真理はおもしろい。


その驚くほどの有効性と、

人生の持つ豊かな奥深さを

ぜひ味わっていただきたいと思っています。




12時間  11月16日午後2時

後、1.3.5

(日程はご相談ください)




個人セッション 2(12時間)




グループおよび、

個人的なメッセージによるサポート。


マイストーリー、プロフィール、

講座の内容、ブランディング・サポート




金額  200.000


(分割あり)




1.生きるためのミッション


たたき台をつくる。

あなたにとって目指したい未来とは?



2.その障がいとなるものについて、

どのようなマインドセットをつくるか


障がいにはどのような前提があるか



3.障がいの中にある新たな可能性を探る

生きることの真の目的について



4.使えるミッション構築。

その実践法について検討する。

未来を先取りして生き始める。



c0195362_13524617.jpeg



お申込みはメッセンジャー

もしくはterasumonmoku☆gmail.com(☆を@に変えて送信ください)お願いします!


by terasumonnmoku | 2018-08-17 19:16 | 真理 | Comments(0)
神仏大好き、
なるほど探検隊が行く☆

本日はいつもの仲間と、
真言宗のお寺蓮臺寺さんに
お邪魔しました!


c0195362_19275121.jpeg

真言宗は、そもそもは
9世紀平安時代に
空海さんが開いた仏教の宗派です。

日本の山岳宗教修験道とも縁が深く
真言密教とも言われていま す。
以前訪れた高野山も、
空海が開いた場所。
ゆかりの金剛峯寺が今も栄えています。

また、お遍路さんで有名な四国は
空海さんの故郷。
各地に空海さんがらみの伝説が残っていて
それが何番札所、という
お参りのルートになっています。

ここ蓮臺寺二階には、各札所のお砂がそれぞれのご本尊が描かれた掛け軸とともに祀られていて、ここを踏むだけで、なんと!八十八ケ所回れたことになる。というすごいことになっています。

本日お話してくださった蓮臺寺
柴田宥諦法務部長さんに許可を得て、
わたしたち三人、興奮し、真言を唱えながら、
それぞれのお砂を踏ませていただきました。

c0195362_19133219.jpeg


踏んでみた感覚が、一つ一つ全部違います。
身体がだんだん、ポカポカになってくる!


c0195362_19145014.jpeg



空海さんについては
土木工事をしたり、温泉を開いたり、
名筆として有名であったり
日本各地に様々な伝説が残っていて、
いろんな才能のあった方らしいということしか
よくわからない。
読んでも、凄すぎてイメージが作れない。

今回お邪魔した蓮臺寺の管長さんは
そもそもは東日本大震災の
被災地支援に関わったことで
宮城に縁を得て、
ここ、仙台のお寺を引き継ぐ
ことになったのだそうです。

震災から7年も経つのに、
本当にありがたい。

土木工事を得意とした空海さんの精神を継いで
活動する宗教者として
現在も広島や、さまざまな場所で
管長自らユンボを駆って
支援活動をされているのだそうです。

被災者であったことがあるので、
人生のすべてが粉々になった時の
支援のありがたさが身にしみる。
そういう時って、ほんとに
後光が差して見えるんだよね(^-^)

空海さんの治水工事によって
度重なる水害から解放された
平安時代の人々も、
そんなふうに空海さんを見ていたのかもしれない。
リアルに助かるって、大事だもの。
そんなわけでお話を伺い
なんとなく、空海さんが
身近に感じられる気がしました^_^

さてさて。
真言宗の特色は

四国地区観光サイトによると、
(以下の引用先リンクからのコピペ)

それまであった「釈迦」という歴史上の人物の教えをもとにしているのではなく、広大な宇宙を「大日如来」という仏に置き換えて、そこから発するさまざまな教えを観音菩薩や不動明王などを通じて人々に伝え導いたもの。難しい経典の中から人々に分かりやすい部分を全面に押し出して布教活動を行ったのは、空海の見事な計算。人々に深く浸透することとなりました。


柴田さんによると、

人は誰しも仏性を持っている。

というのがお大師さま(空海)の教えなのだそうです。

煩悩を菩提に変えて、

どんどん仏性を表して行くことが、生きること。

死んでようやく

仏さまになるのではなく

生きてこその仏。

即身成仏。素敵ですね♡

それにしてもこちらの蓮臺寺さんは、
もともとは天台宗のお寺として建てられ、
そこから、浄土宗となり、無人の期間をへて、
今の真言宗の蓮臺寺になったのだそうです。

なので、本堂に置かれた三人のご本尊様のお一人は
釈迦如来、薬師如来と来て
真言宗としては大日如来になるべきところ。
阿弥陀様。

c0195362_19143533.jpeg


阿弥陀様も大日如来と同等の力を持った仏様なのでということでしたが、そういう融通無碍なところも素晴らしいですね(^-^)継ぐ人がいないからということもあるのでしょうが、それでも、続いていくということが大事だから。

本日はまた、お盆の最終日ということで、
思いがけずお邪魔したわたし達、
ぶりとくたま三人、
ご先祖様の供養をしていただきました。

うれしかった(T ^ T)

あたたかなお経は
きっとそれぞれの亡き大切な家族に
届いたことでしょう。

ご供養していただいたお堂の
阿弥陀様を夢中で撮影する人たち。


c0195362_19351002.jpeg



本堂には木目も美しいグランドピアノが置かれていました♪



c0195362_19360328.jpeg




素敵な音が奏でられそうです。

c0195362_19363685.jpeg


本を読んだだけではなかなか
イメージできないことが、
おかげさまで少し理解できた気がいたします(^-^)


蓮臺寺のみなさま。
貴重なお時間を
ほんとうにありがとうございました!


今度はごまだきを見に来たいな♪
またどうぞよろしくお願い申し上げます!



by terasumonnmoku | 2018-08-16 20:29 | Comments(0)

読書 若冲 澁澤龍彦他

[若冲]澁澤龍彦他  河出文庫




c0195362_17022568.jpeg




失敗した。


澁澤龍彦他、の

「他」を見落としていた。


これは「他」総勢16名による、

江戸時代の有名な画家

若冲をテーマにしたエッセイを、

ほぼ無作為に集めたアンソロジー集。


初出が1964年。

から2007年にわたって

バラバラに集められている。


だから文体も、

後ろで流れている時代のリズムも違う。


誰がこんな企画を通してしまったのだろう。無理矢理感がいっぱい・笑。

でも買ってるからな!


中では、植物学者の

瀬川弥太郎さんの文章が面白かった。

若冲についての文章なのに、

彼の描いたサボテンに関する記述しかない。


だけど、サボテンについては、

微に入り細に入りきっちり書いてある・笑。こういうのは、いいな!


評論家ではなく、

それぞれの分野の専門家による

若冲論があったら面白いかも。


システムエンジニアによる若冲論とか、

政治家による若冲とか。


本書によって初めて、

仙台にその名をとったお店のある

有名な「売茶翁」が実在の人物で、

若冲が尊敬した禅宗の

お坊さんだったことを知った。


形式を忌み嫌い、

気分が向いた時だけお茶をたて、

人をもてなしていたそうだ。

どちらかというと引きこもりな若冲も

かなり変わった人だったけど、

売茶翁も楽しい。


きっと、偏屈だけど

魅力的な人だったんだろうな♪


引きこもりで大した旅もしなかった若冲が、生涯を絵にかけて独自の世界を深め、

没後世界的に有名になっていくことの不思議。


本人にも想像できなかった世界に違いない。しかし確かに、若冲の世界には、パリのクリニュー美術館の一角獣のタペストリーとか、ヴィーナスの誕生やらにつながる世界観があって、心が広々とするのだ。


#読書中毒 #本が好き #読書ノート #若冲  

#日本画家


by terasumonnmoku | 2018-08-15 17:01 | 読書 | Comments(0)

旅はトラブルに学べ。

アメリカに行った、
とうもろこし君。

おかげさまで元気です☆.

携帯が水没したり
悲しいことが
いろいろあったみたいだけど
いい感じ♪


c0195362_17173662.jpeg


海外って不自由を味わうために出かけるんだ。
と、わたしは思っている。

二週間くらいまでは、
力技ですごせるけど、
長くいるともろもろ
うまくいかないことが出て来る。

解決するために
人とたくさん関わらなきゃならない。

それは自信になるし、
忘れられない体験になるよね(^-^)

宝物をたくさん、たくさん
見つけてほしいな♪

うちのお父さんが
信じられないほど!力いっぱい
きみを守ってくれているので、
きっと大丈夫(^-^)

(携帯は、すったもんだの末に、自然復旧しました・笑。代替機を貸してくださったホストファミリーに感謝♡)

c0195362_17135697.jpeg


そうそう。
昨日は「カメラを止めるな」
を見に行ったんたけど、

その前に関西の新聞社の記者さんからの
取材を受けていて、
偶然その話になり、
意気投合してついつい一緒に
映画を見てしまいました(^-^)



その前の日はニュージーランド在住の
24歳のひとみちやんと
ギブに生きる話で盛り上がっていて
熱く語り合ったばかり。


みんな暖かく、熱い。

人は美しいし、
人生って、ほんとおもしろい。




c0195362_17142599.jpeg




by terasumonnmoku | 2018-08-14 16:37 | Comments(0)

映画15.カメラを止めるな

映画「カメラを止めるな」




c0195362_21340668.jpeg




大ヒット上映中。


前回池袋で見ようと思ってフラれ、

(1枚目の写真はその時のもの)

昨日もチケットが取れなかった伝説の映画を、ついに!見てきました(T ^ T)




映画好きにはたまらない、

おもしろさです(T ^ T)

ゾンビ映画なのに腹を抱えて笑い、

人間模様にじんとくる。


二度も三度もおもしろい。


c0195362_21364198.jpeg


ひとは一つの視点からしか

現実を見られないけど、

引いて見るとこれだけおもしろくありうるというのが、すごい。


ゾンビ映画なのに(こればっかり・笑)

愛を感じる。

一人一人の描き方が丁寧で、

気持ちが伝わってくる。


いるいる!こういうひと!

みたいな。


その一人一人のしょうもなさがいいんだけど、特に、アル中さんの描き方がいい。

はた迷惑なのに、哀愁に満ち、憎めない。


この、暖かさはなんだろう。

やっぱり愛だよな。


ゾンビ映画なのに(しつこい・笑)

大好きな寅さん映画を見ているよう。

それも、最初の3本。

おっちゃんがしょうもないやつ。

1時間半があっという間です。

これが監督スクールのワークショップで作られた映画というのが、信じられない。

映画のおもしろさは脚本と監督で決まる。

それは時代に連動している。


ようやく今の映画がでてきたのだと思った!こんなに映画館に人がいる。

しかも、チネラビータに!


c0195362_21371426.jpeg


それが本当に本当に嬉しかった!!!

1枚目の写真は池袋で見られなかった時のものです。#カメラを止めるな #仙台 #ゾンビ映画 #大ヒット上映中


映画15カメラを止めるな

監督・脚本・編集 上田慎一郎

濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰

2018.日本、96min.ENBUゼミナール


by terasumonnmoku | 2018-08-13 21:32 | 映画 | Comments(0)
ともちゃん先生のお花の会
花楽メンバーと

福島県 にある
蓮笑庵暮らしのアトリエに
行ってきた♪



c0195362_17431728.jpeg



蓮の季節は初めて!


c0195362_18014948.jpeg



蓮笑庵の周りには
花が咲き乱れている。


c0195362_18000653.jpeg


みんなでその花を摘んで、
思い思いに生ける練習。

c0195362_17593202.jpeg


まず、庵主のじんこさんから
渡辺俊明先生の
花との関わり方を教わる。

蓮笑庵全体がお花の作品だから、

大地に感謝して
表の、みなさんから見えない部分を
そっと摘みましょうね。

というおはなしをいただき

みんなでかごを背負って出発(^-^)


c0195362_18123158.jpeg


わたしの摘んだお花はこんな感じ。

c0195362_17495136.jpeg

奥の方、土に着きそうなところを選んで
摘みました。
これだけで絵になる♪

c0195362_17512388.jpeg


美しい花器をお借りして、
次々に花を生けていく。

c0195362_17520139.jpeg

山で見るより俄然花が大きくて
びっくり!!!
出来上がりは


c0195362_17525665.jpeg

こんな感じ。
部屋全体のしつらえが美しいので、
とんでもなくお花がはえる。

c0195362_17535506.jpeg

わたしの作品はこちら

c0195362_17554442.jpeg


花器と背景が素晴らしいので、
差しただけで、
りらくの表紙に!笑

終わった後で、お茶をいただきました(^-^)

c0195362_17565925.jpeg

冷たいお抹茶と、
蓮の花びらの上の水まんじゅう。

贅沢すぎる(T ^ T)

玄関の前にも。

c0195362_17575825.jpeg



本当の豊かさって
ブランド物のバックではなく

暮らしの中の「文化」にあることを
改めて知る。


じんこさんにみせけていただいた俊明先生の
お花の写真の自由なこと!
さすがアーティスト。

盛りが多くても
少なくても

周りの雰囲気や
気配や色と見事に調和し

美しい空間を作り出している。

アートは、心を自由にする。
見た瞬間、ぱーっとなにかが
開いていく。

いい仲間たちと、
お花の先生のともちゃん。

じんこさん、
そして俊明先生の心である
蓮笑庵そのものに 
たくさんたくさん学び
勉強になりました。



c0195362_18091657.jpeg


遠慮がちに個展のハガキをお渡しすると
こんなふうにアトリエにおいて
くださったことにも感激。

美しい時を
ありがとうございました♡



c0195362_17590666.jpeg


*蓮笑庵についてはこちら!



蓮笑庵でいけたお花をいただいて

c0195362_18024626.jpeg

家で生け直してみた!

c0195362_18032395.jpeg


なんか違う・笑

by terasumonnmoku | 2018-08-12 17:40 | Comments(0)
個展開催中のりかちゃんのところへ

「たましい龍」の
セッションを受けに行ってきた(^-^)

c0195362_08223824.jpeg




なぜか友だちが集結している。



c0195362_08230272.jpeg



みんなの「たましい龍」は
こんな感じ。

c0195362_08395619.jpeg



素敵だね♡



さっそくわたしの
たましい龍をお願いすると、

と、絵は
すでにできていて

じゃーん!!!!

c0195362_08243119.jpeg


ぽにょ、登場。


c0195362_08471226.jpeg

「りかちやん、龍じゃないよ」


c0195362_08281573.jpeg

「そうなの。珠子さんを思うと
ぽにょが出てきたの。

このぽにょはね、龍にもなるの。
なんにでもなれるんだよ」



c0195362_08471226.jpeg

「りかちゃん。
龍じゃないよ」

「だってぽにょが出てきちゃったんだもの。
しょうがないよ」


「徳ちゃんはかっこいい龍の軍団だったのに」


「あれもね。龍じゃなかったの。ワンピースだったんだよ。珠子さん、カッコいい龍は自分で描けるでしょ?」

「わたしもみんなみたいな、
かっこいい龍がよかったな」


c0195362_08471226.jpeg

「えー」


c0195362_08250481.jpeg

「これ、殺センセーみたい」

熱烈クレームを
つけてみた。




かわいそうなりかちゃん・笑


c0195362_08284076.jpeg

あー♪
おもしろかった♡


りかちゃんの個展は8月28日まで。
お見逃しなく!

c0195362_08331554.jpeg



ふふふ。
次に続く、自分の宣伝ハガキも
置いてきたぜ( ̄▽ ̄)

by terasumonnmoku | 2018-08-11 08:40 | Comments(0)
WEB会議室ZOOMの
オンラインミーティングに参加しました(^-^)

ZOOMはスカイプのような
WEB会議ソフトです。
集団でのミーティングに向いていて
掲示板を使っての全体会議、

c0195362_22154830.jpeg


複数のグループに分かれての、セッションが可能。

今回は参加者も比較的多かったので、会議の途中、グーグルドキュメントを駆使。いろんな形でいろんな方の意見を知ることができました!

世界中の24人が参加。回している田原さんは物理の先生。フリースクールをやっている人、学生を連れて、陸前高田に通っているひと。起業支援をしている人、などなど様々な年齢、背景を持ったひとばかり。オンラインの可能性はすごいですね!

本日のテーマはこちら

c0195362_22223348.jpeg

信岡さんはITベンチャーから、過労で島根に転居。地域活性化を目指すも、島根県の年間予算が毎年200億の赤字であることを知り、地域だけでは成り立たないことを痛感。オンラインとリアルをつなげた形の、旅する大学を構想しました。
今回は、その応援の会です。


c0195362_22162225.jpeg







このイベントを主催している与贈工房の理念は、
「すべてのいのちの存在が大切にされ、誰もが自分を十全に生きられる社会へのパラダイムシフトのプロセスを生きる」というもの。


c0195362_22523669.jpeg

パラダイムシフトとは、旧パラダイムを壊すことで起こるのではない。古いパラダイムにまず揺らぎとリフレーミングが起こり、

旧パラダイムは、
実はもっと大きなパラダイムの一部だった!

というふうに展開していく。

c0195362_22520974.jpeg

と定義されていたのが
なんともいい感じでありました。



c0195362_22522582.jpeg

反対でも、破壊でもない。
より大きなものに、どんどん吸収されていくだけ。

パラダイムシフトって
ほんとうにそんなふうに
起こると思うのです(^-^)

そして田原さんが言うように
こんなふうにみんなが集まって
わたしたちの持続可能な未来、より素晴らしい明日に向かい、こうかもしれない。ああかもしれない。とカオスのように語り合ううちに

ちーん!

となんだかわからないように
何かが前に進んでしまう。

宇宙って、本当にそんな感じなんだろうな(^-^)
楽しみですね♪


大きな企業から雇用されることを正解とした大学ではなく、自分なりの正解を見出して、変わり続けていくことができる人、つまり自分として生き、人と一緒にほしい未来をつくれる人を育てるために構想された「さとのば大学」

古いパラダイムにリフレーミングや、揺らぎを起こす何かが、ここで学んだひとの中から、たくさん生まれてくるんだろうな♪

さとのば大学の活動
応援しています!!!
さとのば大学クラウドファンディングはこちら



下三枚の図は
与贈工房の田原さん作成をシェアさせていただきました。ありがとうございました!!!


by terasumonnmoku | 2018-08-10 22:12 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku