人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと並んで、近代建築の3巨匠と並び称されるル・コルビジェ。(1887〜1965)

都市計画という概念を作ったことでも有名。

c0195362_00263851.jpeg



ここ、上野 国立西洋美術館本館も
彼の作品で
2016年、ユネスコ世界文化遺産に登録された。


c0195362_00265141.jpeg

2019.5.19に幕を閉じた
本展示会は、コルビジェの建築作品の中で
コルビジェや、彼が影響を受けた
画家・彫刻家の作品を鑑賞する
リッチな企画である。

c0195362_00270738.jpeg


しかしわたしがコルビジェに
興味を持ったきっかけは
建築家、家具作家 アイリーン・グレイとの
確執を描いたこの映画、
「ル・コルビジェとアイリーン」から。

この中のコルビジェは、
ほんとにほんとに


「変!」

近代建築の父とも言われ、
誰も到達できないほどの
光り輝く業績を上げながら
(コルビジェは祖国スイスでお札の顔にもなっている)


アイリーンが恋人のために建てた
最初の建築作品E. 1027に嫉妬し、
固執。

生涯その家のそばを離れず
近くに小屋まで作って住み着き、

家の壁面に、
まるでそぐわぬ
巨大な壁画を描き、

その家の前の海で
海水浴中に亡くなったのだ。


しかも、そのせいで、
長らくその建物は
コルビジェの作とされていたのである!


ひどくないですか?

だけど、どんな名誉より
惚れ込んだその家を、
自分が作らなかったことに
嫉妬する気持ちのほうが強いって、
どういうことなんだろう!!!!


涙が出るほどおもしろい(T ^ T)



c0195362_00305860.jpeg

美術学校在学中に才能を見出され、
建築設計に携わるようになったコルビジェ。

当時時代を席巻していた
ピカソ、ブラックなどによる芸術運動、
「キュビズム」に対抗し、
ピュリスム(純粋主義)を提唱。

その作品の一つが↑上の写真である。

アイリーンの家の壁画は
晩年のピカソふう、
素朴なエロティシズム全開だが、

若き日の作品群は、均整が取れ
静謐。


c0195362_00273437.jpeg


コルビジェと言えば、

住宅は住むための機械である
(machines à habiter)

という言葉が有名だが、


わたしは彼の1928年の、
住宅と宮殿の中のこの文章もとても好きだ。


c0195362_00274889.jpeg



>自明の理を確認しよう。

目は見えるものしか見分けない。

目は混沌を見ない。

というより、混沌、錯綜の中ではよく見ることができない。

一方一つの外見をそなえたものには、ためらいなく引きつけられる。

即座にわたしたちは立ち止まり、その対象にとらえられ、それを見分け、認識する。


わたしたちの眼下に幾何学的現象が広がるーメンヒルのように屹立した岩ら見紛うことのない海の水平線、海岸線の湾曲。そのとき、均衡の魔法にかけられ、私たちは夢の国にいる。


c0195362_00280180.jpeg

格調高い文学性と、
アイリーン・グレイの家に対する
異常なまでの執着と行為が

c0195362_00282258.jpeg

どうにもこうにも
結びつかない。

しかも彼らは、生身の人間としては
ほとんど交流を持たなかったのだ!

熱量過多もすぎる。

1925年アール・デコ展(パリ国際装飾芸術博覧会)パビリオンエスプリヌーボー館

において、コルビジェは
諸芸術統合の最初の試みを行う。
装飾の博覧会で、住むための機械としての建築を生み出し、規格化と大量生産を賛美。しつつ、魂としての芸術表現、キュビズム、ピュリスムを賛美した。


実際に作られた
作品の写真を見ながら

コルビジェの空間の中で

そのアンビバレンツ(二律背反)
な魅力について考える^_^

いやあ、極端な人って
一緒に暮らすのは大変だけど、
ほんとに面白いよね!

ちょっと
うちの旦那さんに似てるかも・笑


by terasumonnmoku | 2019-05-23 00:26 | Comments(0)

めっちゃうま!


な、釜焼きピザ^_^

を食べたよ^_^



c0195362_00040865.jpeg


もはや、悟りを開きつつある
息子とうもろこし。


c0195362_00044530.jpeg


息子と一緒だと、
たらたらと話をしながら
食事して、
コーヒー飲むだけで
うれしい・笑


c0195362_00052178.jpeg


屋上庭園でも、
アーシングってできるのかな?


c0195362_00060072.jpeg


喜んで、
芝生の上を裸足で歩いていたら
動画を撮られてストーリーで
流されてしまった。

なぜ?^_^

by terasumonnmoku | 2019-05-22 17:00 | 家族 | Comments(0)

母の最後の作品展。

大切なわたしのママン
パンフラワー作家としての


銀座50回目の展覧会
搬入の日。



人生最後の展覧会出品、
ということで、
作品作りを手伝いました。

作品はこちら。


c0195362_10063179.jpeg

毎年母が楽しそうに作っていた
干支の置物君たちを
村の住民のようなイメージで並べていきます。

作品コンセプトは妹の発案。

最初に作って見たとき
でたらめに置いた
フエルトのドット(丸いオレンジとかの)
がいたく気に入り、

これでいく!
草間彌生さんへのオマージュにする!

と、張り切る母。

他の人の作品は
ゴージャスな花ばかり。
マダムな会でしように
その感性すごい!


c0195362_00485130.jpeg



令和の人たちに
楽しい人生でありますように
という願いを込めたのだそうです。

毎月のように生徒さんが訪れ
開いていた教室も
これを機会に閉めて
今後は、体を整え、
好きなことを自由にしていきたい
という母。




下準備だけでも手伝うことができて
本当に良かった。

気持ちはすぐそばで応援してるよ。


50年間本当にお疲れ様でした。
素敵な後ろ姿を見せてくれて
ありがとう。



これからはもちょっと手軽で
うれしいこと、
一緒に楽しんでこうね♡



by terasumonnmoku | 2019-05-21 09:54 | Comments(0)

不幸な人は、
傷つきやすい。

起きた不幸を意識し続けることで
より不幸に過敏になり
過剰に反応する。

思い込みから、
人を簡単に傷つけてしまうこともあり、
二次災害を引き起こしやすい。

あたりやすい人に切れ
そのせいでいろいろなもの
信用や、暖かい人間関係などを失ってしまう。




c0195362_10001040.jpeg



自分を不幸だと思っているひとも
ほぼ同じ。


自己肯定感が低く
アイデンティティが脆弱であれば
誰でも、ちょっとしたことで
傷つくことができる。



HSPやエンパスの傷つきやすさも
これにあたり、


要は情報を
取捨選択しうる自我が
じゅうぶんに育っていない
ということ。

人の脳は、
自分の関心のある対象を拾う。


誰かのネガティブなムードが
重い、あるいは痛いということは
自分がそこに関心を持ち
積極的に引き寄せているということ。


わたし自身が
かつて、そうだった。

いわゆる

中2病

である。

大人になるということは
何かを諦めつつ
何かを獲得していくことだが、
(決める、ともいう)

このような
幼児的万能感を持ったままで
自我の発育が止まると
不全感が全開になる。


客観性がなく、
実際の社会に適応しきれない。

自己無価値感が生まれ
そこから目をそらすため
他者に対して
マウンテングする人も。


c0195362_12183232.jpeg


最初の段階の情報処理に失敗し
あるいは
起きたことが受け入れられず

自己の置かれた環境に
自分自身が起こしている拒絶反応が
「怒り」である。



これは形は悪いけど、
わたしたちの悲しみや愛が
変質したもの。

理想に及ばない自分を受け入れられない。
愛する人や、もの、環境、
が「ない」という事実に
心が追いつかない。
ありたいわたしが、壊れていく。


強烈な拒絶が働くと
人は論理的思考をすることが
できなくなり、
どれほど優秀なひとでも
混乱する。

本人は認識できないが、
一時的なアイデンティティの
崩壊が起こるのだろう。
言っていることが意味不明になる。

とにかく事態を
それ以上ややこしくしないことが大事。

こんがらがった糸を
ほぐす必要があるが
すぐにほぐせない時は、


なるべく生産的な
みんなの理解が得られ、
世の中のためになるような方向で
爆発させるのもおすすめ。


*参考 わたしがゲシュタルト崩壊を起こしていた時のことを書いた記事→自死遺族として生きる


c0195362_12200483.jpeg

人間の許容量には
その時点その時点での
限界がある。
(もちろん変化するが、すぐではない)

傷つくのは、許容量をあげ、
自身の生き方を変える
チャンスではあるけれども、

その時痛いのは、間違いないし
死んでしまうほどの痛みを
感じる時もある。


なので、
その辺は自分に優しく、
新たな災害を生まないように
時間を稼ぎつつ


丁寧に進んでいきたいところだ。



c0195362_10005132.jpeg



ここまで、不幸な人の
傷つきやすさについて書いてきたが、

幸福な人
自分を幸せだと思っている人は
これが全部逆に働き、
どんどん幸福になっていく。


ポイントは「幸せ」と思うことに
資格はいらない、
ということ。

年収1000万以上とか
異性愛者で、正社員で持ち家があり、
パートナーと2人の子供がいて
みんな成績優秀でとか
そういう条件は
いらない。

わたしのように
不幸のど真ん中で
それを思っても全然いいのだ。
それを裏付けるものが
なにもなくても!
*参考 世界一幸せな自死遺族
言っちゃあなんだが、これを書くのは本当にしんどかった。全然そう思ってなかった(15パーセントくらいは思ってたけど)から。

大事なのは
本人が自分を
幸せだ。
と勝手に思うこと。

思い続け、そこに感謝すること。
(おしつけがましそうに聞こえると思うが、
感謝するって、受け取るという意味なのだ。
受け取るって
わたしたちには、なかなか勇気がいることなのだ。
自己評価しなれてないからね)

人による違いや、
不幸や幸福の大きさによる違いはなく
起こることは誰でも同じ。


どんなに不幸で
どんなに壮絶な過去があっても、
過去を受け入れ、手放し、
幸せを選択するということをし続ければ
誰でも、人生を
幸福な方へ修正することができる。

自らの意志で
幸せを選択する人とともに
わたしは生きていく。



by terasumonnmoku | 2019-05-20 08:53 | Comments(0)

多次元ハート♡

真理の師匠

大津和壽先生の
セミナー

でした^_^


c0195362_19522298.jpeg

テーマは

多次元ハート。

最初のエナジーワークは
あたたかく
柔らかく
パワフルなひかり。

幾重にも幾重にも
波のようにわたしたちを浸していきます。

豊かさをあらわす
オレンジゴールドの輝きの中で
愛そのものの「わたし」
かたちの中の真理が
現れていく。


c0195362_21293659.jpeg

お話は、
多次元ハート。

多次元であるハートの
どのレベルを選び

どのレベルの自分を
起動させるか。

わたしたちは愛の太陽が
人型をとって
生きて働いているもの。

どのレベルのわたしを生きるのか、
選び放題^_^


c0195362_19533324.jpeg

本日は、奈良から
ようちゃんけんちゃんご夫妻が参加!

凄腕整体師のけんちゃんに
痛かった肩を
あっという間に治してもらっちゃいました♡

痛くないって
幸せヽ(*^ω^*)ノ

ありがとう😊ヽ(´▽`)/


みんなにも、
幸せそうなようちゃん、けんちゃんにも
会えて、とっても嬉しかった♡


また会える日を
楽しみにしているよ〜ヽ(´▽`)/!!!!!



c0195362_20440860.jpeg


by terasumonnmoku | 2019-05-19 19:03 | Comments(0)

渡辺類子プレゼンツ
週一
ギフト循環。

この日は
10人参加。



c0195362_15110584.jpeg

それぞれ年齢も、
住んでる場所も
生きる状況も
違うのに
ほんとすごい^_^

今月のナビのだいきの発案で

まずは、みんなが
可愛く自分の名前を言うことから
スタート!
あとは、


いやいや期
に入っている
だいきの近況を皮切りに

みんながみんなの
もやっと感をシェア♪
個別の状況は
大変な気もする。
 

だけどシェアしてると
それって意外と
どうでもいいこと
に思えてくるから不思議。



大変さは変わらないのに
笑えるというか♪

人に話すことで
状況と自分の間に
「距離」が生まれるのかも
しれないね。

風が通る。


c0195362_15112723.jpeg



もちろん、わたしも
シェアしました!

それは、また後日
文章の形で、
報告します!


c0195362_15114136.jpeg

それにしても
いやいや期、
って、いいよね・笑


やることは決まってる。

でも、気持ちがついていかなくて、

自分で自分が


めんどくさーーーい!

なんて時に
ぴったり・笑


by terasumonnmoku | 2019-05-18 20:44 | Comments(0)

山元町で、ほっき飯♡

ちょっと足を伸ばして
山元町にほっき飯を食べに行きました。



c0195362_23333724.jpeg

郷土料理 田園。

ほっき飯も有名ですが、
秋から冬にかけて
ここは「はらこ飯」目当てのお客様で
大渋滞になります。



c0195362_23353545.jpeg

めちゃうま。
わたしは普通盛りを食べましたが、
女性は小盛りで充分だそうです・笑

おいしい(T ^ T)
冬も来たい♡

ほっき飯ついでに、
みんなでピクニック。
ひさびさに、真理の師匠大津先生も
一緒です。
緑がとても
いい気分。


c0195362_23352083.jpeg

最近は、ドラゴンのエネルギーが
いっぱい降りて来てるんだよねえ。

という先生のお話を
みんなで楽しく
聞かせてもらいました^_^


どんどんいい方向に向かって
わたしたちは進んでいる。
 

まずみんながそう思い
感じるところから
はじめていきたいよね。


c0195362_23355100.jpeg



日本じゃないような
あまりにも美しい
田園風景が広がります。

すべてに感謝♡

c0195362_23362638.jpeg

なんと!憧れの


「真顔でソフト」

に初挑戦!
(一部マニアの間で流行っている)

c0195362_23371360.jpeg

真顔でも、軽やかなのが笑える・笑

c0195362_23374166.jpeg


あー!
楽しかった〜ヽ(´▽`)/



郷土料理 田園




by terasumonnmoku | 2019-05-17 18:48 | Comments(0)

嘘をつきます。

率直な性格なので
本当のことしか言わない、

と、よく誤解されますが、
わたしは嘘をつきます。

サイキックなちからで
わたしに「見える」
「ほんとのこと」
に、耐えられる人はいない。


なので、見えたものを
そのままストレートにいうことは
ありません。

「ほんとのこと」って言ったって
しょせんはエネルギー。
魂とはかけ離れてる。

とりあえず、そこ、
やってるだけ。

そこが大事なわけでは、ない。




c0195362_21552068.jpeg



面倒なのは、
見えたものをずばっと
言うことではなく、

その人の本質のすばらしさを
表しやすくするための
最適な刺激、道を考えること。

それで
わたしは大変消耗します。



わたしは個人セッションが得意で
結構きついことを言うのに
人に好かれます。
セッションでみんなががらっと
変わったりするので

そこだけ見て
わたしに憧れるひとがいるのですが、

なぜか、マウンテングをしたいのに、
自分が言われるのは嫌な人に
憧れられるパターンが多い。

たぶん、すごく
都合よく見えるのでしょう。

きついことを言うには
かなりのリスクがあって
ただ言いたいこと言ってるわけじゃない。
ということだけは
わかってほしい。




c0195362_21555708.jpeg


良きにつけ悪しきにつけ、
やったことは、
自分に必ず還ってきます。

それを引き受けるのは
なかなかにしんどい。


その人の可能性を引き出すのは
職人芸で、

涙ぐましい努力と
膨大な経験値があっても
失敗することがある。

わたしは過去に金融機関で
万に迫る人数の苦情処理をし、
30年に渡って、
ディープな人生相談を受けてきました。

過労死、精神科医療問題以外にも、DV、ギャンブル依存、アル中、破産、未成年の自死未遂。発達障害、児相との連携サポートなどなど。ありとあらゆる経験があります。

サポートに入ったうちの二人を自死で亡くし、
一人をオーバードーズ(薬の多剤服用)
で失いました。
最後の一人は、
わたしが最も救いたかった夫です。

さすがにその辺はもうやりきったので
もうやるつもりはありませんが、
我ながら凄まじい。

c0195362_09572833.jpeg


みんなはそんな経験を
積む必要はない。


良い子は真似しないで欲しい。
スパイスなんて、
ちょっぴりで充分。

真理を学んでる人は、
自分が愛であることを認め、
愛を見て、愛をあらわし、
愛を語るだけでいい。

一人が愛に目覚めれば
周りの100人1000人が幸せになります。



王道を行きましょう^_^




あなたはすでに、
輝いているのだから!


c0195362_09574925.jpeg






by terasumonnmoku | 2019-05-16 00:01 | Comments(0)

東北の、温泉をはじめとした
ローカルエリアを勝手に応援する

東北ぐつぐつプロジェクト

令和編Start♡

というわけで

蔵王に行ってきました(๑'ᴗ'๑)

今回着用のパーカーは
17歳のアーティスト、ISSEI君の作品です!
気分は「逃走中」笑



c0195362_20575628.jpeg


温泉ソムリエ ぷり 運転の車で、
夏の間だけ通ることのできる
エコーラインの緑のトンネルを抜け



c0195362_20582734.jpeg


まだまだ残雪の残る
蔵王の山頂付近へ。


c0195362_20584791.jpeg


お約束のお釜。
めっちゃきれい!

c0195362_21082503.jpeg


映画「空のレストラン」で大泉洋がやっていた
UFOを呼ぶ踊りを、みんなに見せているところ。


c0195362_21431766.jpeg


写真を撮りまくる人々。

c0195362_21084439.jpeg

何度見ても笑える。

c0195362_21090124.jpeg

これ、元気のない時に



c0195362_21093384.jpeg


見よう・( ´艸`)

c0195362_21091783.jpeg









芝ママのお店で
心づくしのランチ。


c0195362_21131125.jpeg


そして温泉♡
今回の温泉ソムリエ ぷりのセレクトは

①蔵王温泉大露天風呂


c0195362_21181650.jpeg

露天風呂のみ。
お風呂は川に面し、川には温かいお湯が
流れています。
絶賛おすすめ。4〜10月の間営業。


②源七の湯

c0195362_21150376.jpeg

ヒノキの内湯が最高。

大きな窓から、滴るような森が!
お湯がぬるいので
結構長いこと入っていられます。


さすが硫黄泉。
消耗したので、
遠刈田温泉で台湾飲茶。漫瑶茶。

店主さんお勧めの台湾風パフェを食べました。

c0195362_21231920.jpeg

このお餅みたいなのが、たまらない。


ラストは
c0195362_21101200.jpeg
本命。
どう見てもかわいいモデル。

こんなふうに、さらみんが撮ってます(๑'ᴗ'๑)

c0195362_21104725.jpeg

これはふざけた裏話ブログですが
東北を応援しつつ
温泉ソムリエぷりを売り出し。

ゆくゆくは、モデル、仲野谷真喜子の
写真集を出版するのが目標。

夢は大きく☆彡

仲野谷真喜子東北ぐつぐつプロジェクトインスタ


まきこブログ

まきこインスタ温泉編



by terasumonnmoku | 2019-05-15 20:56 | Comments(0)

渋谷ヒカリエで開催中の

FERMENTATION TOURISM NIPPON
「発酵から再発見する日本の旅」展

に行ってきました!


c0195362_20395202.jpeg

今熱い、発酵

まんが「もやしもん」に続く
ブームの先鞭をつけた
発酵デザイナー 小倉ヒラクさんが
この展示会のキューレターを務めています。

小倉さんに興味をもち
ここしばらく
Twitterで追いかけていたのですが、

なんと!たまたまミュージアムトークの時間に
そこに居合わせ
直接お話を伺えることに♬

c0195362_20435876.jpeg



これが発酵展会場です。
発酵食品に対する
あふれている。
英語で解説がされていて
海外の方も多い。


c0195362_20441284.jpeg

説明中のヒラクさん。

大学では文化人類学を選考。

人の紹介でデザイナーとして就職。
ブラックな仕事に追われふらふらしているとき。
発酵学者小泉武夫と出会い
「免疫不全だ。味噌汁を飲め納豆を食え」
といわれ実践。
健康になったところから
発酵の魅力にとり憑かれ現在に至る。
という経歴の持ち主。



c0195362_20460415.jpeg








発酵から日本の魅力を伝える

をテーマに作られたこの「発酵展」


47都道府県の
発酵食品をたどりつつ
日本文化の在り方をたどる
アプローチ。



1.種類かぶらない

2.その土地のルーツに根付いている

最低三代は受け継がれている

3.そこ(現場)に行って知った魅力を伝える


をモットーに

選ばれたものたちだそう。



c0195362_20462668.jpeg



食べられる、文化人類学って
おもしろすぎる(´;ω;`)

海藻からところてんを作り
さらに味噌漬けにするディープな食材紹介の時、
西洋の人は海藻を消化して栄養にできない
と聞き、びっくり‼️




c0195362_20465081.jpeg

日本人は、難しい気象条件の中で
生きていくために
菌を使い、毒を消し、
食べられないものを食べ物に変え
生き抜いてきた。

いなかでは今でも、各家にお酒や、お味噌や、
保存食を作るお母さんたちの文化が
細々と残っていて
ヒラクさんたちの試みは
本当に貴重なものだと思うのです。

どんどん、文化はなくなっていくから!

友達が凝っている藍染めも
発酵文化の一つだなんて
わたしは初めて知りました!
写真は、藍染の原料
すくも、の水打ちと言われる、
職人芸の、顔はめパネル↓


c0195362_20482637.jpeg

いやあ、知れば知るほど奥深い。
発酵展。

ここでしか買えない、おもしろい食品を
購入することもできます。
発酵展は7月8日まで。
発酵物が好きな方は、ぜひ遊びに行ってみてね*\(^o^)/*

5月26日午後二時から
ヒラクさんの講演会もあるそうです。

c0195362_20493683.jpeg

これはついつい買ってしまった
味噌、尾道の酢、お醤油
発酵茶、などなど。
食べたり飲んだりするのが、
めちゃんこ楽しみ♡

小倉ヒラクさんインタビュー

発酵展







by terasumonnmoku | 2019-05-14 20:39 | Comments(0)

幼少時より、生と死から多くのことを学んできました。HSPによる摂食障害、自傷、パートナーの過労自死を通し、生きるための哲学を徹底追及。大切な家族やたくさんの仲間たちとの、しあわせに生きる毎日、スピリチャルな仕事や、社会活動、宇宙のことについて書いています。