みなさま、お元気でお過ごしですか~
すてきなGW、過ごせてますか~?

おかげさまでドリプラのプレゼン。
だいぶ、かたちになってきました(泣)

イメージコンサルタントのひろみんと徳ちゃんが創ってくれたイメージを
「ゆるゆるランニング」で知り合ったみどりかわさんがPC上で動かしてくれて
あとは微調整を残すのみ。

ひろみんの、イメージの作り方は具体的で、すごいです。
大変なことになりがちなわたしのストーリーを
わかりやすく、美しく、正確に伝えるという
難しいミッションを、同時に成立させてしまう。

見せ方によって、ひとが受ける印象や伝わるメッセージは如実に変わるので
これはほんとに才能です。

人を美しくするだけでなく、映像や、世界観まで作れちゃうって、すごいと思うなあ!
http://ameblo.jp/fashion-healing/entry-11838182273.html
ひろみんのブログはこちら↑

いろんなみんなの、いろんな力でプレゼンができてゆきます。
世界が普遍性を持ち、ひろがってゆくみたい。
自分のもの感がどんどんなくなってきて、
だんだん感謝するのもおこがましい気がしてきた(T_T)

昨日、おとといは最後にバックに流すピアノの収録をしました。
このピアノが弾きたくなくて(笑・やる寸前まで知らなかった)
死にそうになってしまった。
生存本能かな。
意志の力で、「やりたくない」を突き破ると
からだが大層、消耗します。

文字や文章や、朗読なら、
やりながら自分に嘘がつけるけど(じぶんのなかでは)
即興演奏では無理。
別にテクニックで弾いているわけでなく、感情を表現しているだけだから、そこを遮るとフレーズが出てこない。

「誰のせい」とか「なにかがあったから」という言い訳はいっさい通用せず
敵意や憎しみさえ、ただ「まぎれもない自分自身」としてあるだけの世界。
作為ゼロのむき出しで。

その感覚を弾いてみたら、まるでアルバート・アイラーのようでした。
うるさく、破壊的で、実際に壊れているのに、それはそれで美しい。

いずれにせよ、一回限界を突破してしまうとそこに道ができるので、
二回目からはもうだいじょうぶ(^○^) 
なにかすごいことが、自分の中で終わったみたいです~。
うれしいなあ~~~\(^o^)/

あまりにも消耗したので
オステオパシー(整体の一種です)のけいこちゃんに、治療をお願いしました。
相当ひどかったらしく、
「頭から足までぼろぼろですよ。よくこの状態で、いままで動いてましたね~」と感心されました(笑)
細胞好きのけいこちゃんの手技は、じ~んとからだの奥まで「癒し」が浸透してゆく感じで
最高!
脳が溶けそうだった~☆彡
(と感想を言ったら、実際にそういう気持ちで治療にあたってくれていたそうです・笑)
かつて、当時94歳?くらいだったけいこちゃんの先生(田中先生という伝説の)に、
治療をお願いしていたことがあったのですが、ひさびさにその時の不思議な感覚を思い出しました。

とうもろこしも一緒に、施術を受けたのですが
けいこちゃんは、彼の「おれの足くさいですよ」にも
「おならしていいですか?」(T_T)にも、たじろぐことなく
楽しそうに合宿前の彼の体を整えてくれました。
とってもうれしかったです(泣)

世のあまりの完全さに、くらくらするなあ。
足を踏み出すたび、どんどん地面に道ができてゆくみたい。
























# by terasumonnmoku | 2014-05-04 08:05 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku