ひえ~。もう三月ですねえ。

みなさま、お元気でお過ごしですか?

きのう、友達のかなちゃんが、夫の仏壇に桃の花を供えてくれて
それで初めて、明日が雛祭りだということを思いだしました。

ありがたいことです。

一人で勝手に賛同し、半年前から始めた過労死防止基本法の制定を目指す署名活動も、今日で
1000人を突破しました。

ぱちぱちぱちぱち!!!!!

始めた時は一人だったのに、声をかけて署名をお願いしたみなさまの更なるあたたかいご協力により、
どんどんどんどん輪が広がって

1000人!!!!!!!!

うれしい(T_T)

全国から100万人の署名を集めることを目指すこの活動。
残すところあと15000人だそうで、わたしも次の1000人に向けて、
再スタートです。

これは政治家の皆さんに法律の制定を考えてください。という活動で、
署名を集めたからと言ってその先がどうなるかは、わからない。

でも、法律を作ることだけが目的なのではなく、
個人においても、集団においても、心の中にあるものが具現化される。とわたしは信じていて

今の社会に過労死があり、戦争があり、原発があるのは

社会の構成分子であるわたしたち一人一人の心象風景の中に

「社会は不平等で、ものごとは常にままならず、たまにしか幸福はやってこない」的な共通概念(ものぐさ精神分析の岸田秀さんふうにいうと共同幻想みたいな・笑)

があるからだ。と考えているのです。

だって人によって作られたこの世界のすべてのものは、車だって、農業だって、資本主義だって、はじめは誰かの頭の中にしか、存在しなかったものなのですから!!!!

だからわたしは

<わたしたちの生きているこの世界が

立場を超えて尊重し合い、

誰もが安心して子供を育て、

幸せを生きるために

働ける社会」


であることが当然。>

という共通認識を、まず自分たちの中で育ててゆくことが、ほんとうに大切だと考えているのです。

ロマンチックすぎるかもしれないが、ロマンチックでいいのだ。
(誰に向かって言い訳しているのかわかりませんが・笑)

いろいろなことを「他人事」にしているから、おかしなことが起こるわけで

起こることのすべてをみんなが自分の問題として捉え、

「互いを尊重し、誰もが幸せを生きる事が当然」

という概念が普通であるような社会には、
戦争なんてありえないし、エネルギーを原発に依存するなんてことは、考えられないと思う。

そういう社会を、わたしはこどもに生きてほしい。

すぐには無理でも、そこに向かって努力する姿を見てほしい。と思うのです017.gif

この春には、もうひとつ、とてもありがたくうれしいことがありました。

夫が亡くなったその場所に、ずっと住み続けていた彼のご両親が
義弟の建ててくれた一軒家にお引越しされたのです。

毎日毎日、その場所を丁寧にお掃除し続けたお母さんのお気持ちを考えると、ほんとうにいたたまれない思いだったので、うれしくて涙が出ます。

自殺の現場は忌み嫌われるものらしく、賃貸の場合は貸主側から家族が殺したように責められたり、訴訟沙汰になることも珍しくないらしいのに、うちの場合は大家さんが、両親の引っ越しを心から祝ってくださったのだそうです(泣)

すばらしい。

大家さんも素晴らしいけど、この長い長い一年を、誠心誠意尽くしてきた両親も素晴らしい(T_T)。

夫が重症のマザコンだったので、長年わたしは義母に焼きもちを焼いていて、彼が連れ去られるように東京で亡くなったことに相当量の恨みを抱いていたのですが、

彼は高校で寮に入り、48年の短い生涯のうち、たった15年しか一緒に暮らすこともできなかったわけだし、
あれだけ好きだったお母さんの元で最期を迎えることができて、
よかったのかもしれない。と、最近ようやく思えるようになりました。

世界を敵に回しても守りたいと願うような、自分の息子に対する気持ちを考えると、
これだけの思いがあって、なお彼を助けられなかったのなら、
自分にも、ほかの誰にも、彼を助けることは無理だったに違いない。という気がします。

だからといって、お母さんが救われるわけではないと思いますが。

きっとそうだったんだろうなあ。

それにしても人を恨むのは実に疲れることなので、恨み終えられてほんとうによかった。

長かったです。。。

そんなこんなの春ですね!

個人的にもこれからイベントが目白押しです016.gif

きっとそのたびに、署名活動もしちゃうと思いますが、用紙をもって、どこにでも突撃してゆくわたしをみかけてしまったら、どうか大目に見てくださいね(笑)!

みなさまにも、おだやかな、素敵な春でありますように♪
# by terasumonnmoku | 2013-03-02 12:50 | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku