タグ:とうもろこし ( 19 ) タグの人気記事

東京 元氣堂で
富士夢仲間のちひろちゃんが主催してくれた

ちひろちゃん&とうもろこし
大お誕生会

に行ってきた♪



男子7名女子2名でスタート。
もちろんわたしが、最年長・笑

みんなでご飯を食べ


c0195362_00164536.jpeg


ピザで乾杯して


c0195362_00172157.jpeg


生まれて初めてのUNO(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
ぼろ負け。



c0195362_00174101.jpeg


後半、ちひろちゃんも歌う
みんなのライブ。


これはとうもろこしの登場シーン。



c0195362_00182054.jpeg


みんなで適当に
歌ったり踊ったり。
でたらめにメロディをつけ
太鼓叩いたり。

そんな時間が愛おしい。



今日は憧れの「ホール食い」にも
初挑戦!


ケーキを一斉にスプーンで
わしわしと食べる、食べる( ̄ー ̄)

あっという間に完食・笑


c0195362_00155925.jpeg



わたしもとうもろこし位の頃
10も20も年上の大人にくっついて
いろんなことを教えてもらった。


当時の仲間の何人かは夢を掴み
今も音楽やマスコミの世界で
生活している。



歴史は繰り返す☆

わたしも昔
お世話になった先輩方に習い


年齢関係なく、人としてフェアで、
刺激的な大人でありたい。


かっこいい大人は

人の領域を侵犯しないし
人に責任を押し付けない。

批評家ではなく
「当事者」として
常に最前線にいること。

必要な時は謙虚に教えを請い
サポートを受ける。



などなど。


他にもいろいろありそうだけど
おいおい考えるとして・笑

そんなとこを大事に
人生を作っていく。




c0195362_14463509.jpeg



感謝しても仕切れない。
ちひろちゃんはじめ
すてきな仲間たち。

ステキな時間を
ほんとうにほんとうにありがとう。


豊かなプレゼント、
たしかに受け取りました\(^o^)/



c0195362_00243533.jpeg



バースデイケーキの箱の中に、
この、やんごとなきお方が鎮座ましましていました!!!


太郎LOVE には、たまらない一品♡笑



by terasumonnmoku | 2018-01-31 21:11 | 仲間 | Comments(0)
息子とうもろこしの
若葉マークの運転でいく
阿蘇&高千穂の旅。

まず向かったのが、阿蘇。



c0195362_09144122.jpeg



地震から1年経っていないこともあり、
そこここに、
工事中&通行止の道がある。

(普段登れる火口付近は立ち入り禁止。
噴火レベルは平常)



c0195362_20184116.jpeg




これは阿蘇神社。

歴史的な門が崩れ
仮の参拝口が出来ていた。



c0195362_20160476.jpeg


向かって右手に
こんな門が建っていたらしい。

c0195362_20173992.jpeg


参道の万十たしろやの
黒あん万十。ここはうまい!
ぜひ熱々のうちに食べてね♪




c0195362_20221655.jpeg


お昼ごはんは



c0195362_22005293.jpeg


熊本の郷土料理
なのにお店の名は「ひめ路」・笑

高菜めしと、だご汁(すいとん)が
おいしい!



温泉は、営業しているところと
していないところがあるので
注意が必要。

わたしたちは、南阿蘇村
瑠璃という温泉へ♨️

なんと、入浴料200円。
ナトリウム炭水素塩泉。
地元の人で賑わっていた!

c0195362_20204060.jpeg


更に翌日は、雪の道を抜け

c0195362_20252870.jpeg

高千穂へ。

幻の高千穂鉄道が
走るはずだったトンネルに遭遇。

現在は酒蔵として使用されている。

c0195362_20400428.jpeg


鉄太郎君、大興奮♪



c0195362_20412404.jpeg


そのまま高千穂に向かい
高千穂神社へ参拝。

c0195362_20440877.jpeg



静謐で神気に満ちた
すばらしい神社。
2人で感動。


すかさず屋台のたこ焼きを食べ

c0195362_22073185.jpeg

更に高千穂峡。
真名井の滝を見て

c0195362_20462003.jpeg


益城郡御船町の温泉に入る。

c0195362_20483399.jpeg

華ほたる。
入浴料500円。アルカリ性単純泉。
ここも良い。肌がすべすべに!
設備はきれいで、露天風呂から
美しい夜景が見える。


大学生の息子の運転で
旅をする日が来るとは驚き‼️
1人は1人、
友達は友達、
家族は家族の旅の
楽しさと良さがある(๑・̑◡・̑๑)

地震から一年未満のこの時期に
次の世代の人と回るっていうのも
意義深い。

てか、これもしかして
母親としては
相当しあわせなのでは
ないだろうか???

むーん!

とうもろこし、
ありがとうね☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



by terasumonnmoku | 2018-01-06 21:12 | | Comments(0)




c0195362_23121445.jpeg


全国ツアー真っ盛りで
2枚目のCDを出したばかりの
アーティストの碧ちゃんと
お母さんでネパール在住のゆうこさんと

大郷町のあぐり寺へ出かけました。

c0195362_23152548.jpeg



とうもろこしがギターで
コードを弾いて
碧ちゃんが即興で歌をつけてくれる。

至福の音楽の時間です。


インド声楽を勉強したと言う碧ちゃんは
抑えて歌っているのに
声が響く。



先生と完璧に音がそろうと


急に風景が切り替わって、
倍音ごとばーっとハーモニーが
果てしなく響いていくような感覚があるの!

と、碧ちゃんが言うと

それって
サーフィンにのっていて
たまに来る海と一体になる感覚に
近いんじやない?


どこまでが海で、
どこからが自分かわからない。

と、無冥さんと盛り上がり

はなしはどんどん
広がっていく。

c0195362_20305302.jpeg


記憶に残る
みんなに
あたらしい物語か始まった夜。


鉄は熱いうちに打て、

じやないけど
まさに今!というタイミングが
誰の人生にも、ある。

分岐点みたいな。

ちょうどそんな夜だった。
はじまりの日。



c0195362_21274770.jpeg


翌日の今日は、
おうちクリスマスイブ🎄

とうもろこしがいるので!
鳥のローストを作りました。

みなさんのイブはどんなかな?

c0195362_21280016.jpeg

ひとりでも
誰かと一緒でも


素敵なクリスマスシーズンで
ありますよう(^_−)−☆


仙台出身のシンガーソングライター
佐野碧さんの作品動画。ー潮の匂いは

二万リツイートされた石巻の高校生の詩に
碧さんが曲をつけたもの。
作者の高校生に、
返歌を返してくれたようで
うれしかった。
聞いてくれているといいな。
きっと、楽になる。









by terasumonnmoku | 2017-12-24 21:14 | あぐり寺地蔵庵 | Comments(0)
伝授後の徳ちゃんに会う。


目が輝いていて、軽い(^ ^)


c0195362_19334179.jpeg



今回徳ちゃんが伝授を受けるに当たって
一週間前から(わたしの・笑))体調がすぐれず
変な気持ちが飛び出す、など
ひさびさに大変だった!

エネルギーは連鎖する☆



わたしに影響が出たので
息子とうもろこしにまで効果は及び


SNSで熱心に
「生と死」を考察することに。

そんな息子の投稿に
弁護士の土井先生が

「デカルトの誤り」
いう脳科学の本を紹介してたり、

家庭教師のたいしくんが
死生観を言語化し、披露してくれていたり、


コメント欄がおもしろい@(・●・)@


c0195362_19330320.jpeg


「人間は死なない」

と書き込みをした男の子に対する
とうもろこしの、

「人間を抽象的なものと考えて
その抽象的なものが死なないと
考えているんですね」

という、クールな返しが
最高だった(^ ^)

正解なんてないし
考え方は、違うのがいい。

自分の世界は
自分にしか創れない。






c0195362_19332381.jpeg



死をどう捉えるか。
という課題に、
いま彼は取り組んでいる。


タイミングの早い遅いはあっても
誰もが必ず、人生のどこかで
この問題に向き合う時が来る。

生きることと死ぬことは、
同じコインの裏と表。

いずれ失われる肉体を持って
わたしたちはどう生きるかを
自分で考えなければならない。

とうもろこしは、
ぴったりな答えを、見つけるだろう。
それは彼が生きて行く上で
重要な装備になる。




c0195362_19341601.jpeg



徳ちゃんの新しいエネルギーに
新しい時代を感じつつ


これからまたいろんなことが
どんどん、どんどん
変わって行くんだろうな。


と思った。

軽く柔らかく、優しく。
自由に。


手放していくのだ~ଘ(੭´ ꒫`)੭


どこまでも。








by terasumonnmoku | 2017-12-07 18:50 | 仲間 | Comments(0)
大学生になった、とうもろこし君。

高校までは
真面目を絵に描いたような
太めの野球少年だったのに、
10キロ以上のダイエットに成功。
茶髪に染め

すっかり、

チャラ男

になってしまいました!

c0195362_13302005.jpg

バイトも始め、
華々しい大学生活です。

朝までカラオケ。
友達を家に泊めたり、
泊まりに行ったり。

そんなことをしているうちに

あろうことか
単位を落とし
自分でその授業料を支払うことに!

母としてわたしも
自立し始まった彼と
どう距離を取ればいいのかわからず、
喧嘩したり、文句言ったり・笑

本人いわく

「高校の時とはまた違った
モヤモヤがある」

とのことでしたが、

富士山にのぼって
なんとなく一つ、落ち着いたみたい(^_^)

c0195362_13304540.jpg

9月に入って、彼はお父さんの自死について細かく綴った記事をFacebookにあげ
(友達限定なので一般には見られませんが)
それに100近くいいね。がつき、
50近くのあたたかなコメントが
寄せられているのを見て、
感無量でした。

母としてわたしが目指したことは、


本人が父親の自死を公開しても
ちゃんと受け止めてくれるひと

(わたしはハートはメルヘンですが、頭の中は極めて現実的です)

を彼の周りに増やす。
ということだけだったので、

みなさんの反応が
なんとも言えずありがたく、
投稿を何度も見に行っては
泣いてました。

世の中ほんと、捨てたものじゃないね。


父親の死がつらすぎて
鬼門だった
お墓まいりにも、

決意なしに行けるようになり、

父方のおじいちゃん、おばあちゃんにも
自分で連絡を取っているそうで
成長著しいこの頃です。

*わたし自身は、例のNHKの宇多田ヒカルの特集に出たのが発覚して顰蹙を買い、婚家とは行き来がなくなりました。生き方の問題なので、やむ終えないことと思っています。とうもろこしさえ顔を出していれば、夫も満足なのではないだろうか。むしろとうもろこしが自分で連絡できるようになるまで、こじれることなく、みんなで関係性をがんばれてよかった(^_^)だってとうもろこしにとっては、大切なおじいちゃんおばあちゃんなのですから!

そんなわけで先日は
ひさびさにとうもろこしと、
夜中の3時まで、じっくり話しました。

「母さん、再婚しないの?」
とも聞かれ

再婚してほしいの?

と聞きかえすと
経済的に自立するまで待って。
と言われました・笑



今のところそのつもりないし
まずは君に家族ができるのが先じゃない?
みたいな話をして

一夜明けた翌日はまた
元氣堂で大騒ぎ!

いろんな話ができて、
とても安心しました。
とうもろこし、いろいろ考えてくれて
ありがとうね(^_^)

流れていく時間が
愛おしいです。

未来は君たちのもの。
若者たち、みんなに
楽しい毎日でありますように☆

c0195362_13311590.jpg





ここから先は心して
自分の人生を
丁寧に生きようと
決意する秋^_^









by terasumonnmoku | 2017-09-22 18:24 | 家族 | Comments(0)

一人暮らし1ヶ月。

息子とうもろこしが
一人暮らしをはじめて
ひと月経ちました。

みんなに
「さびしくない?」
と聞かれます。

そりゃあ
さびしいよ。

さびしいけど、それだけじゃなくて、
いろんな感情が入り混じっている。

どちらかというと、

慣れない、
っていうのが一番大きいかな。


この感情の混ざり具合を
音楽のコードで言うと

A♭m7


なんとも
不思議な味わい。



どんな変化もよいものです。
生き物として自然だから。





という前提がわたしの中にある。

じたばたしながら、
もろもろの感情と仲良くしよう♡

そんなじたばたの過程として、

(たまたま用事があり)
このひと月で三回
とうもろこしに会いました。



新しい関係性での、
距離感がお互いにつかめず
泊まりに行って
めっちゃ嫌がられたりΣ( ̄ロ ̄lll)、
まあ、いろいろあったのですが、

そのおかげで、
ギフトエコノミーの
ひろしくんにも会えたし!
腹ペコあおむしツアーにも行けたし、

ほんと、宇宙のやることに
無駄はない・笑

とうもろこしの生活はおかげさまで
極めて順調で
親としては嬉しい限り😊

高校時代の、悶々とした生活が嘘のように
炸裂しています。
手放してはじめて
与えることのできた環境の
価値がわかるそうなので、

きっと、わたしの育て方が
よかったに違いない( ̄ー ̄)


そんなわけで話し合いの結果
夜はひと月ぶりに
わたしの実家で

おじいちゃんおばあちゃんと4人で
おいしい、しゃぶしゃぶと
鯛めしと!鯛の煮付けを食べました♪



この鯛、別の鍋で煮た
ごぼうと人参の短冊がのっています。


台所に立つのも
しんどくなってきているおばあちゃん。
とうもろこしが来てくれて
どれだけうれしかったんだろう☆

おじいちゃんは毎晩、
とうもろこしのごはんを心配してるし

そういうのも、
ありがたいね(^_^)

家族は作るもの。

変化するたびに
あたらしいかかわりを作っていく。

c0195362_16080716.jpg










by terasumonnmoku | 2017-04-30 20:28 | 家族 | Comments(0)
先日うちの受験生と彼の水筒のフタを

どっち向きに立てるか?

という、わりと
しょうもないことで口論になりました🌟


その時の、

「まあ。おれがうるさいこと言うのも
あと2ヶ月だからね」」

(彼はこの春から一人暮らし予定です.
たぶん、きっと)

という言葉にかちんときて

「うるさくても、母さんは
君が一緒にいたほうがいい

ぶつぶつ言ってみた。

言われることが不本意そうなので、

「君を引き止めるつもりはないから、
言われるくらい、がまんしなさい」

と畳みかけると、

「へいへいへい。」

と、アタマを振りながら、

しかしおれも、切れなくなったよな〜
といいながら息子とうもろこしは
自室に引き上げて行きました🌟

c0195362_17232572.jpg


本音と建て前ってありますが、
これはばりばりの本音です。


自分の気持ちで、
ひとをコントロールしてはいけないけど


どんな意見を持つのも、
どんな気持ちなのかを伝えるのも自由。


いやな気持の奥には、守りたかったり、
関わりたかったり、大事だったり
という形を変えた
愛ややさしさが、必ずある。




「本音」って、みんなが思うほど、
深いものでも、深刻なものでも、ない。

現実のどうしようもなさや
相手の意見や選択を

すぐ受け入れたり、
割り切れなくたって、いいじゃない?


だって、

「人間だもの!」

笑!

それに「本音」って
言わなくても持ってるだけで
結局、伝わっちゃうんだよね。

言っちゃって大丈夫だし、
むしろその方が


ずっとすっきりする☆


なんてことを
メンタルトレーナー橘智子さんの
大谷選手のWBC断念に関する
この記事を読んで思いました(^-^)

<本音は最高のメンタルコーチ>

c0195362_17243016.jpg





写真は朝方作った、
可愛い雪だるま。

降りしきる雪に、
なぜか今日は
春の匂いがしました♪







c0195362_17241072.jpg








by terasumonnmoku | 2017-02-08 21:48 | 家族 | Comments(1)
と、いうわけで、
受験シーズン真っただ中の
わが息子とうもろこし。


本番3日前の体育の授業中に
張り切りすぎて足の靭帯を損傷する!
という、盛大な厄落としをした
甲斐あって(笑)

c0195362_20544696.jpg



センター試験
無事終わりました*\(^o^)/*


結果は、まずまず。


欲を言えばきりはないけど
とうもろこしは
持てる力を順調に発揮。
おかげさまで予定通り
志望校を
受験できそうです!

名前も書いてあるか
4回確認したそうなので
たぶんだいじょうぶ(๑'ᴗ'๑)


後輩からは合格鉛筆。
ぷりちゃんからは合格祈願パンツ!
そしてかなちゃんからは
合格お祝い(笑・してないけど)小梅ちゃんなど

c0195362_20550600.jpg

物心ともに愛されている
とうもろこし。

みなさま応援、ほんとうに
ありがとうございますm(_ _)m



何しろうちの場合昨年7月末まで
明日も見えない感じの成績
のひとであったので

ほかのみんなと並んで
受験生をやっているだけで
感動もの ':・:*:. ☆ .:*:・:'

みんなから見れば普通のことが
もう、うれしくってしょうがない٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

ほかの受験生のみんなはどうだったかな?
ちゃんと実力発揮できたかな?

それぞれが、それぞれの望む道に
進んでいけるといいね!
センターの結果がどうでも
最終的には
きっと最高の道が開けるはず。

そのセンター試験の初日は大雪で
町中が「どんと祭」でにぎやかでした。


c0195362_20552517.jpg


切るような空気の中の
裸参りはさぞ寒かろう~。


c0195362_20562479.jpg
それにしても
街のいたるところからやってくる
裸参りの行列って
なんとも

「プリミティブ」(ノ゚ο゚)ノ ~




わたしたちの文明は、
実は裏側で、こうした素朴さに
支えられているのかもしれない!

これぞまさに
フランスの社会人類学者
レヴィ・ストロースのいう


「野生の思考」

的なものなのかもしれない!



だっていくらお祭りだからと言って
街中からわらわらと
半裸の人が出てくるのです。


普通に考えたら
ちょっと

びっくり!
でしょう?

c0195362_20565298.jpg



とにもかくにも、


まだまだ受験生の冬は続きますね。

受験生もそうでない方も
ぬくぬくとあったかくして
心豊かな冬を
過ごしましょうね~ଘ(੭´ ꒫`)੭

家があって布団のあるしあわせを
かみしめよう~♡


c0195362_20584073.jpg





by terasumonnmoku | 2017-01-16 20:53 | 家族 | Comments(0)
今日は息子とうもろこしのお誕生日。

いままでの人生で
もっともうれしかった日です♡

3日がかりの難産の末に

我が子と対面した時の喜びは
忘れられない。

よく少女漫画の背景に
花々が咲き乱れている絵があるけど
ほんとあんな感じ・笑。

家族ってすごい。

その人の存在がそこにあったり
なかったりするだけで、

たったひとりの同じ

「わたし」


世界で一番
幸せな

人にも

世界で一番

不幸な

人にもなれる。

そんなにも、大事な存在に出逢えるなんて


人生って、なんてすばらしいんだろう。


これはもう、ありえないくらい
すごいことかもしれない(ノ゚ο゚)ノ ~

そんな日頃の感謝をこめて
ぶきっちょながら
お誕生日ケーキを作りました・笑。


大変なことがあるのがわかっているのに、
あえてわたしたちのもとに
生まれて来てくれて、
ほんとうにありがとう(^-^)

c0195362_21472207.jpg

このケーキ、じつはネームのクオリティが、
笑えるほど低い。見えないけど!

来年は、
たぶんケーキは焼けないと思うので
今年は貴重なチャンスなのだ。

目の前のことを
自分なりに一生懸命やるって
すごく大事。

<生きる意味>とか
<ミッション>みたいな
意識高い系の理想だって
さもない日常から生まれるはずだから。


今日も、可愛い妹や甥っ子や、
両親の愛情いっぱいのバースデイソングが聞けて、心ほんわり☆


そうそう。
話題の「しぶんぎ座流星群」って
こっちでも見えるのかな?

幸福を連れて
流れ落ちてくる
たくさんの流星たちを感じながら、

足元大事に、生きていきましょうね♡











by terasumonnmoku | 2017-01-03 21:11 | 家族 | Comments(0)
子育ては、思春期の前までで
ほぼ勝負がついてしまうのではないか。

と思う昨今。

自分が息子に伝えて特に良かったな
と思っていることを2つ。

1.きみは心の美しい子どもだよ。
と、教えてあげられたこと。

そりゃ生きてれば、
いろいろあるだろうけど、
それはきみが「人間」だからで、
心が汚いせいじやない。と。

これはわたし自身が、思春期の前に、
教えてもらいたかったこと。
性的な問題も出てくる頃なので、
男の子は尚更必要かもしれない。

2.自分がやりたいと思ったことは、
基本なんでもできる。ということ。

*ただし、世界征服など大勢のひとが関わることではなく、
個人の努力で完結することで、
かつ実現のタイミングを限定しなければ
という条件付き(^-^)

「嘘だあ!」

と、最初は驚いていたけど、
ちゃんと伝わったらしく、
おかげさまで、とうもろこしにはやりたいことがいっぱい!


c0195362_15554831.jpg


息子の高校卒業=
わたしのお母さん卒業を目前に、

母業の総括に入っている。



親の最も大切な仕事は、子離れ。

子どもが1人の人間として、
社会と関わりながら
生きていけるようにする。

という目標に向かって、

心楽しく、本人と距離をとっていく。

大学に入るとか、就職するとかは
ただの方法論。
生きていく上で、
装備はいいほうがいいよね。
くらいにしか考えていないけど、

人とつながる力と、

精神的な自立は
ほんとうに重要。

困ったときに誰かに助けてもらうには
本人が
精神的に自立している
必要がある。

わたしがいなくても
生きていけるように。

倒れても、
教訓を掴み取り
どこからでも立ち上がって
また楽しく生きていけるように。

とうもろこしは大丈夫そうだけど、
わたしがいまいち心もとないので
せっせと新しい自分を作っています(^-^)



ばいばい♪
古い自分。

c0195362_15561462.jpg


こんにちは!
新しいわたし。

自由な毎日は
きっとすっごく楽しいよ☆彡


c0195362_16031998.jpg

大好きな、ポール・スミス特集。

ボタンの壁の前で
珍しくご機嫌な自撮り🤳・笑。







by terasumonnmoku | 2016-12-28 17:57 | 家族 | Comments(2)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku