個人セッションの感想①

*個人セッションの感想をいただいたので、転記します。

ふだんはまったく営業しない、この「個人セッション」
大勢の人の運命を変える可能性を持った
Hさまの役割が大きな転機を迎えたこともあり、珍しく自分から「営業」しました。

<古くなった自我の自分を壊し、真我の自分を目覚めさせる

ということがわたしのセッションの本質ですが、
エゴには、自分を制限することのほかにガードする役割もあり
どの程度破壊しても大丈夫なのかは、
そのひとの目覚め方や、人としての人生経験の強度(生きる上での困難を、ひとや環境のせいにせず、どの程度自分の問題として引き受けてきたか)によります。

今回、Hさまの資質を信じ、今までないほどの深さに切り込んでいった。という点で
成果も大きかったのですが、当然反動も大きく、リスクも高く
真我につながるまで、やったほうとしても生きた心地がしませんでした。
通常ここまでできることはあまりありません。

閲覧注意。超絶長いです・笑。

(個人セッションは、現在2時間50000円で受付しています)

以下本文~

~これから珠ちゃんの個人セッションを受けようかどうか
考えている方に向けて書きます~

ある日、珠ちゃんから
「一度わたしの個人セッションを受けてみませんか?」
と、突然メールをもらいました。

この珠ちゃんからのメールを見て、
私は凍りつきました!

その時の私は、仕事がどんどん舞い込み、
クライアントの皆さんも満足してくれていて、
それはそれは順調だったから、

なぜそんな時に???
と正直その時は思いました。

自分が懇願したわけでもない個人セッションのお誘い。
でも、意味なくそんな申し出をする珠ちゃんでないことを
私はよくわかっているので、

今の自分は相当何かが深刻にズレているのか???
それも珠ちゃんが見過ごせないほどに、、、
と青くなったわけです。

現状に満足して楽しんでいる自分はいても、
自分の奥の奥に、もっともっと先の領域に進みたい!
という思いは常にありましたから、

即決で、ぜひお願いします!
とメールを返したんです。
もっと自分を成長させたかったから。
きっと耳の痛い話をされるのはわかっていましたけどね。

◎珠ちゃんのセッションを受けるということは
相当の覚悟がいります。

いろんな見たくない自分と対面させられる。

自分ではうすうす気づいているけど
見ないふりをしてやり過ごしていること。

自分では全く気づかずに、
人に対して行っている愛のない言動や行動、

考えの浅さや、
現状に振り回され本質を見れずにいる自分、

そうしたことを、珠ちゃんはそれはそれは的確に、
まるで蜂の一刺しが何回も繰り出してくるみたいに指摘してくる。

もう身も凍るような体験です(笑。その時は笑うどころの話ではありませんが)

でも、私はちゃんと知っています。
珠ちゃんには深い深い愛があるってことを。

たとえ今、私がどんなひどい現れ方をしていても
いつも珠ちゃんは光輝く素晴らしい存在である
本質の私(魂)のことを見てる。

そして、すばらしい私がどんどん現れてくるのを願ってる。

だから、必要とあらば、絶妙なタイミングで、
その人がダメージを受けてもギリギリ大丈夫なラインで
刺激を入れてくる(個人セッションを行う)

この刺激により、
現状の残念な私をとっぷり味わうことになり、相当落ち込むのですが、
私はその後新しく生まれ変わるような復活を遂げることができました。

でも一歩間違えれば、私はダメージがひどすぎて、
立ち直れないことだってあったはず。

でも珠ちゃんは私が立ち直るのを信じて、
ギリギリの危ういラインで攻めてくるわけですから、
珠ちゃんて人は、只者ではありません!!!

セッションというのは、
行う側の珠ちゃんと私の共同作業です。

ですから、珠ちゃんから受け取ったものを
いかに自分の中で消化し、へこたれたままわ終わらせず
これから先の素晴らしい自分の人生へとつなげていくか。
それは、受ける側の私(あなた)次第になります。

セッション後(奈落の底まで落ち込んだ後)の2日目に
奇跡?の復活を遂げた私は、感謝の気持ちが溢れ出し、
珠ちゃんに復活宣言のメールを送りました。

今読み返しても、うるるしてきます。
私のそのときの嬉しさや高揚感が伝わると思うので、
よかったら読んでみてください。

>意味なくつづきはMORE以降に~~ଘ(੭´ ꒫‘)੭








More
by terasumonnmoku | 2016-05-07 11:36 | スピリチュアル | Comments(0)
ヒーリングについて、いくつか質問を受けたのでシェアします。
ここでいうヒーリングとは、メンターの大津先生に学んだ
エクスペアリ・ヒーリングのことで

ほかの流派のヒーリングは含みません。

エクスペアリ・ヒーリングの特色は
レイキ、その他のヒーリングに比べ
使える光の波長帯が広いこと。

物質は光からできている。
というのは物理学の世界でも、いまや常識になりつつありますが、
わたしたちは伝授を受けると
ひとのからだを構成する、<12の光線>というのを使えるようになります。

わたしの目には、ひとは、それぞれがそれぞれの次元の
いろんな色の光のカクテルのように写るのですが、
ヒーリングをするにあたっても
そのヒーラーの個性で、得意な色、波長帯、が異なっています。

レイキその他のヒーリングでは
ほぼ、最初にそのエネルギーを開いたひとのエネルギーが
伝授によって、スタンプで押したように継承されていく
のが通常です(もちろんもともとヒーラーの素質を持っていた人に関してはこの限りではない)が、

エクスペアリ・ヒーリングの特徴は

①ヒーラーの個性によって
効く場所も、深さも、細胞に与える影響も
全部異なっていること。

②病気やケガ、否定的な意識の使い方が創りだしたネガティブな想念の汚れなどの、
「現象」ではなく、受ける人の生命の輝きそのものにフォーカスし
本人の生きる力、自然治癒力を引き出していくヒーリングであるということです。

そのため、エクスペアリ・ヒーリングを行うに当たっては
透視能力、どこがどのように損傷しているかを知る、などの特殊な能力は
学びが深まるまでは、デメリットのほうが多い。

真理の学びが進んでくると
真我へのつながりが強化されると同時に、体の各部分のチャクラが自然に活性化し、
透視でわかるくらいのことは
誰でも、コントロールできる状態で把握できるようになるので
焦らなくても大丈夫です。

なお、チャクラに関してですが
チャクラは、ただ開いていればいいというわけではなく、
全体とのバランスがとても大事です。

誰でも体(意識)の使い方に癖があって、
一部分のチャクラだけが開いているひとも多いのですが
よく見るのが、例えばハートの前だけ開いていて後ろが開いてないような場合。
(前と後ろとセットでラッパ上にチャクラは開いています)

他者を受け入れることはできるが、自分の意志は発揮できない。
ような過度に自己犠牲的な人であったりします。
そういう場合、開いている前のほうのチャクラは、開いていてもぼろぼろ、
というような不調和な状態が起る。
傷ついたハートチャクラを癒すことは一時的に可能ですが

後ろ側のチャクラがつかさどっている、意志の力を強化すること。
「宇宙の意志に従って、自分の意志で自分を生きる」
ことを決め、行動することによって後ろ側のチャクラを活性化していかない限り、
根本的な問題は解決しません。

なので、ヒーリングにおいては、単にハートの損傷部分を癒すことではなく、
学びに向かうための「生きる力」を増幅させることが
最重要課題になってくる。
「いのちの輝き」にフォーカスすることが本当に大切になってきます。

この辺の考え方は、症状にフォーカスする西洋医学とは対照的で、
身体の全体状態を改善する東洋医学の考え方に似ていますね。

ところで、チャクラをあける。
ようなことをうたうヒーリングもあるようですが
チャクラの状態は、あくまで意識の使い方に連動したものであり
真理の学びなしで、チャクラだけを開けてそのままの状態でいる
ということはまずできない。と、わたしは思います。
何かの手段ですべてのチャクラを開けてもらった、
という人で、実際にチャクラが全部あいているひとを
わたしは見たことがありません。

また、真理の学びなくして
第三の目サードアイだけを開けるようなことも
可能ではありますが大変危険。
避けたほうが賢明です。

半開きでも閉まっていても
全体とのバランスが取れていればいいので
ヒーリングの場合はとくに全体とのバランスに注意して
まんべんなくエネルギーを入れるようにするのが大切です。
もちろん、中心にあるいのちの輝きに
常に共鳴し続けることを忘れずに。

長くなったので、今日はここまで(๑'ᴗ'๑)

*なお、わたしがヒーリングをする場合は
ヒーリング30分とお話し1時間。
計1時間半で、20000円です。

参考までに徳ちゃんのヒーリングに関する記事のリンクを
貼り付けておきますね!
説明の仕方が全く違うので、ぜひお読みください~♬

エクスペアリ・ヒーリングとは

c0195362_20174570.jpeg






















by terasumonnmoku | 2016-05-04 20:14 | スピリチュアル | Comments(0)
昨日はシュリーヨーガの新しくオープンしたスタジオ「赤毛のアンの家」が
OH!バンデス!で取り上げられ、

c0195362_21594864.jpeg


今日は友人のひろみん、こと笹原宏美さんの初NHK「ひるはぴ」出演でした(๑'ᴗ'๑)
ファッションコンサルタントとして、10分間のコーナーを持つことになったのです。
なんと生放送!
(シリーズ化され、月一回放送だそうです。でもこの写真、本人嫌だろうなあ。実物はもっとずっと美人です)

c0195362_22001061.jpeg

連日の友人の大活躍に大興奮*\(^o^)/*

シュリーヨーガの代表のみちえ先生は古くからの仲間。
ずいぶん前からヨーガスタジオを経営していて
今回の「アンの家」は二つ目のスタジオです。
夫のお葬式にも来てくれて、ヨーガの先生として
一番ハードな時を支えてもらいました。
あのころの先生の笑顔に、いまだに癒されます・笑。

ひろみんとは、夫が亡くなる少し前に知り合いました。
亡くなったその夜、くみちゃんの運転する車で一緒に東京まで行って
半狂乱のわたしに朝までつきあってくれたひとりです。
その後も引っ越しの時の断捨離、
ファッション・コンサルと、影に日向に支えてくれた。

ドリプラのプレゼンでは、主にビジュアル面で大活躍(๑'ᴗ'๑)
彼女の才能はファッションにとどまらず、映像づくりや、美術までに至っていて
それはそれはすごかった。
わたしもきつかったけど、ひろみんも相当に大変だったと思う。
どうしてここまでしてくれるんだろうと思ってしまうくらい。
(きっとそうしてしまうほど、しんどそうに見えたんだね。愛の人だから)
ひろみんがいなかったら、徳ちゃんと「波動でいいよね」みたいな
ものすごいずさんな映像になっていたはず・笑。

ここぞという時の、わたしの働き者の勝負用スーツや、ドリプラの衣装は
ぜんぶひろみんの見立てです。

そんな感謝してもしきれない二人が、メジャーデビュー*\(^o^)/*

ああ。何万回書いても書ききれないくらいうれしすぎる(´;ω;`)
過労死問題で、自分がメディアに取り上げられる何万倍もうれしい(´;ω;`)

二人がたくさんのひとにつながると、
大勢の人が楽しくなる。
そこから、しあわせがひろがるから٩(ˊᗜˋ*)و✧*。

特にひろみんの場合は、ぶつぶつ交換セッションとして
最初の事業化のお手伝いをさせてもらっていたので
やっぱりそこにすこしでも自分がかかわれると、うれしさ倍増!

事業化のお手伝いは大好きで、
才能もあるらしく、かかわった人がそれぞれ着実に成果を上げてきている。
将来的には、その方向にシフトしていく予定。
個人でやる際には実際そっちのほうがずっと
「自死防止」や、「労働問題」の根本的な解決になるというのが最近の結論。


これからのビジネスは、真理の法則を置いては考えられない。
最近苦戦している資本論を読んでも
経済原則は要はエネルギー変換の話で、
いかに<いのち>である価値を増殖させていくか。ということにつきるのです。
学べば学ぶほど元気いっぱいになり
しあわせになる真理と、現実の中で経済的に豊かになる仕組みは同じです。

ますます波動の変化が加速していく中で
シュリーヨーガや、ひろみんに続く人が
真理を学ぶひとのなかから、どんどん表れていくに違いありません。

シュリーヨーガのFBページはこちら

ひろみんのブログはこちら、
ひるはぴの告知も出ています!


視聴者60代だそうで、モデルさんも60代の方だったのですが
ひろみんがわずかに手を加えると
驚くほど二人のモデルさんが美しくなったのにびっくりしました(ノ゚ο゚)ノ ~



by terasumonnmoku | 2016-04-27 21:57 | スピリチュアル | Comments(0)
10代のころ、わたしには未来がなかった。
生きることが苦痛で、その苦痛がなにからくるのか
どうしたらいいのかもわからなかった。
苦しかったので、過去に自分と同じような体験をし
しかも、たいへんHAPPYに生きている大人の女性に会いたかった。
そんなひとはついぞ見当たらなかったので
自分がそういう人になることにした。

真理の師匠である大津先生に出会い
「人生は学び」ということを教わり、
ようやく自分のなりたい人、会いたかった人になって、
セラピストとして動き始めてしばらくしたころ、震災にあった。

家の中は混乱し、その末に夫が過労自死し、
わたしは再び方向性を見失って
依然と同じように、自分と同じような体験をし
かつその時点でHAPPYに生きている人をさがしたが
見つからなかった。
それで、自分がそういうひとになることにした。

考えつく限りのことをやって
ようやく気持ちも、生活も落ち着いた。
いま、かつての自分がもっとも会いたかったひとに
ようやくなれた気持がしている。

それでも、正直に言うと、自分を完全に許せたのかどうか
いまだ自信がない。
やっぱり夫が死なないで
今も元気で隣で笑っていてくれることを
どうしても望んでしまうから。

自分自身がしあわせを生きることについて、力が入りすぎてしまうところがある。
それは、その無念さがなせる業なんだろうけど、
その無念さ込みで
わたしは愛とよろこびの世界を生きていく。

科学者だった夫は、目に見えない世界を全く受け付けなかった。
死んだら人は無になる。と信じていた。
シャーマンの家系に育ったわたしは全く逆で
いのちが永遠であること、
亡くなった人にも意識と意志があることを、
子供のころからの自分の経験として知っていた。

夫に伝えられなかったのはそのことだけではなく、表面的な価値、
地位や名誉や、人からの評価がすべてではなく、例え彼が社会的にどんなにひどい状況に追い込まれても、
彼本来の素晴らしさや輝きは決して失われることはないのだということ。

正しく学ぶことによってほんとうの自分につながり、自分自身を素直に表していく。ことさえして生きれば、
外的な状況はどんどん整っていくということ。

伝えられなかったのは、まさに、「真理」そのものだった。

伝えられなかったその「真理」は、それでも
自分自身の苦境を脱する、この上ない武器になった。

自分自身の葛藤を
新しい未来の創造に役立てようと
日々格闘するうちに、
わたしは大津先生に教えてもらった「真理」がどういうもので、
その考え方を具体的にどう使えば、より実生活の役に立つのか。
どういう言葉で伝えれば
より効果的であるのかを、実証的に学んできたように思う。

4年たった今、生活は落ち着き
息子も家族も、おかげさまで元気に暮らしており、過労死を防ぐ活動の傍ら友人に囲まれ、
絵を描き、ピアノを弾き、セラピストとしてセッションもして、
普通に考えると信じられないほど幸福な状況を
わたしは生きている。

これは偶然ではなく
真理を学んだおかげで
それ以上でも、それ以下でもない。
きちんと学び、実践さえすれば
どんなことがあったとしても、誰でも、わたしと同じように
自分の望む人生を生きることができる。
うちなる自分ー真我からあふれ出る
愛の力で。

今、わたしは、その「真理」を
その用い方を、
一人でも多くの人に伝えたいと思う。
それぞれの人の存在の確かさと、すばらしさを。
それが、わたしが一番やりたいこと。
生涯かけてやっていくことだから。

これからは、真理ベースの活動を
より増やしていきたいと思っている。
どんなふうになるか、かたちはまだわからないけど
今はそんな感じです(๑'ᴗ'๑)







c0195362_19325302.jpeg






by terasumonnmoku | 2016-03-25 21:42 | スピリチュアル | Comments(0)

わたしたち親子は、

これまで大勢の皆様に支えられてきましたが、
大津先生と先生のもとで出会った仲間たちがいなければ、
わたしも息子も今頃生きてはおらず.
差し伸べられたたくさんの手を、取ることさえできなかった。


夫の葬儀の席の狂乱の場で、

先生が注いでくださったあたたかいまなざしを、

まるで昨日のことのように覚えています。
いつかわたしも、そんなひとになりたい。


<心に効く、精神のごはん>


今日はそんな、超おすすめの、先生のセミナーの日でした*\(^o^)/*


伝授を受けた人だけが参加できるエナジーもさいこうで

<すべてが一つ>感がどんどん深まっているのを感じます。

みんなきらきらしていて

でも眩しくはなく

ほんとうにきれい。


ひとりひとりが、「生きているひかり」なんだと

実感します。


すべての次元に存在する、それぞれのわたしたち。

別々にあらわれているのに

完全にひとつで

微細な振動の隅々まで

感じられる。


誰でも参加できるお話しも、ほんとうにすばらしい。

わたしは特に、ネガティブな話をする先生が好きなのです。

なぜって、まったく<ネガティブ>な波動が出ていなくて

先生が見事に楽しそうだから!


おなかが痛くなるほど笑い

こころもからだもぴかぴかになる時間。

存在するすべての命が、いとおしくなる時間です。


そんな今日、またひとつ、自作の絵がお嫁入りしました。

お嫁入りが決まったことがうれしくて、その直後から急に生き生きとし始めたこの絵。

ある日わたしが、自宅の居間で目にしたアリエル系のエネルギーの絵なのですが

エナジーを受けている最中に

その同じ波動が下りてきて、がっつりと絵に注入され

さらに明るく美しくなって、

意気揚々とますみちゃんのおうちに出かけて行きました。


ほんとうにありがとうございます。

きっと、二人のあたらしい道を照らしだし

次なる光、ここからはじまる新しい希望に、続いていくに違いない。

それを思っただけでほんとうにわくわくします。


一緒に喜びを生きて行こう。


c0195362_21200807.jpeg




次回のセミナーは、4月26日。誰でも参加できるお話は、午後2時半からです~ଘ(੭´ ꒫`)੭
よかったら、ぜひご一緒にいかがですか?







by terasumonnmoku | 2016-03-23 21:19 | スピリチュアル | Comments(0)


c0195362_20290294.jpeg

あぐり寺の庭の片隅に咲き始めたクロッカス。
なんと走行中の車の中から
見つけた子がいました(๑'ᴗ'๑)

わたしの目はふし穴で
たいがい、この世にないものを見ているらしく
ちっちゃな<春>にはほとんど気づきません・笑。


いつもはこんな感じ。
あらぬものを見ている瞬間の
貴重な写真(羊の理恵ちゃん撮影。さすが見逃しません!)


c0195362_20405762.jpg

みんなでいるって
とっても豊かなことだね♪



この世界にはうつくしいもの、やさしいもの
あたたかく、あまく、やわらかいものがたくさんあるのに
どうしてひとは、いやなものばかりに焦点を当てて生きてしまいがちなのだろう。

わたしの先生が教えてくれた「原因と結果の法則」は
ジェームズ・アレンの考え方よりずっと幅が広く
「自分の身に起こるすべての出来事は
自分が作った原因からできている」「原因=結果である」

というものなのだけど、
その原因の作り方は
「何かが嫌だと思う」→「いやなものを引き寄せる」
「お金持ちになりたい」→「永遠にお金持ちになり<たい>自分になっている=現状維持」

というもの。
だから自分に起こる出来事を変えたければ
思い方を変えなくてはいけない。

「お金持ちにどんどんなっている」
「好きなもの、好ましい事態に意識を向ける。さらにそこに<感謝>がともなうと効果倍増」

これを知ってやり始めたとき
自分の頭の中が97パーセントくらいネガティブな思考で構成されていることに気付き
心の底からびっくりしました。
いつも何かに腹を立てていたり、
なにかを拒絶していたり。

自分が頭の中でやっていることは
その対象が当座誰であろうと
自分が自分に対して思っていることの投影なので
速攻訂正しなければなりません。

なぜって、ダメだしされて育つ子はいないし、
自分が自分にするダメ出しは
親より、上司より、ずっと強烈です。

それをやり続けていると
それが原因になって
現実の中でもちゃんと、親や、上司や、友人が
協力していらないダメ出しを、どんどん・がつがつしてくれるようになります。

威力爆発。
これ、ちゃんと逆にして使えたらすごいです。

<スタート>
自分で自分を認める。
才能がある。愛がある。どんどん豊かになっている。
周りから認められる。好きな現象が起こり始める。
仕事も家庭もどんどんうまくいくようになる。
さらにやさしく、いいひとになり、いいかかわりを作り始める。
そういう集団がどんどん増えて
社会がHAPPYなひとでいっぱいになり、
公正な政治が行われるようになり、格差がなくなる。
勢いあまって、世界貢献するひとが増える。
貧困や、紛争など様々な分野で
いい人が大活躍を始める。
感化される人が増え、国家間格差がなくなり
資源を有効に活用、分配できるようになる。
<ゴール>
世界から戦争がなくなり
地球が幸せな星になる。
(そもそもしあわせな地球が、素直にその姿を現す)

ま、考えるのはタダですから・笑。

しかし、この原因が結果となって現実化するスピードって
ものすごい勢いで早くなっているように思います。
さすがはアセンション。









by terasumonnmoku | 2016-03-19 20:28 | スピリチュアル | Comments(0)

もう苦行はいらない。

高校、大学の発表が終わりましたね。

それぞれにいろいろあった
わたしのまわりのこどもたちも
無事行き先が決まりそうで、
ほんとうにうれしいです(泣)

こどもって、すごいなあ!
周りの大人さえ判断を誤らなければ
どんなことがあっても、すべてを糧にしてそこから前に進んでいける。

その生命力にほれぼれします(๑'ᴗ'๑)

いろいろあったぶん、
みんなはきっと、すてきな大人になる。
先日会った福祉関係のNPOで働く若者も
数年間、引きこもりだったのだそうです。

だからなのか、ダメージを負った人に対する対応がやわらかくて、
見ていてとても暖かな気持ちになりました。

「お仕事大変ですね」とその彼にいうと
目をきらん☆とさせて、
「それが仕事ですから!」
とさわやかで
ぐっときてしまった・笑。

ところで、ひとの体験と、現時点でのエネルギー状態には、
直接的な相関関係がない。
ということに最近気づきました。

ハードな体験が、穢かったり重いエネルギーを作るのではなく
それをどう解釈するか、どのくらい消化するかで
見え方も、その後の状況も全部変わってくる。


もちろん、ショックなことがあった直後は
誰でもオーラがテレビ画面の<砂嵐>のようになってしまいますが
ここで言っているのは、そこから時間がたったのちのことです。

ディープな体験を昇華していくことには
それなりの意味があり、
そのひとの魂に大変な深みを与えてくれるようです。

ただ、ハードさが重要なわけではありません。

学びというのは、本来は

「自分やひとの本質がいかにすばらしいか」
を認めていく作業です。

それは苦しい修行によって勝ち取るものではなくて、
絶え間なく自分自身を、日常的に使う言葉や
行いによって、新たな光へと変容進化させてゆく過程です。

反省して、悔い改めるのは重要ですが、
そこに引きずられる必要はない。

それに、新しい自分を見つけるために、いちいち大変な状況を設定していては
身が持ちません。

ハードな学びはもうこりごり!と思う方、
もう苦しい「修行」はやめると決めた方には
わたしの師匠のセミナーを絶賛お勧めします。

怖かったりつらかったりするときは、
そこに耐えてきた過去の自分に、ありがとうを言ってみませんか?

どんなことがあったととしても
そこを生きてきた自分は精いっぱいやってきたのです。
かなりな無理もしたはずです。
もうじゅうぶんです。

感謝して過去を手放し、
喜びで生活をいっぱいにして、
さまざまな豊かさを自分に体験させてあげましょう。
虹色のトンネルを抜けて、どこまでも(๑'ᴗ'๑)

c0195362_20022971.jpeg

※大津和壽先生の今月の仙台公開セミナー

3月23日(水)メディアテーク7階会議室で開催です。

最近ほぼ満席なので、参加ご希望でまだお申込みでない方はご連絡下さい。


3月23日(水)


メディアテーク7階会議室


14:30~ お話し(どなたでも参加可)
 (受け付けは14:15~)


参加費 どちらも5000円



今後の予定

4/26(火) 5/18(水) 



























by terasumonnmoku | 2016-03-18 20:01 | スピリチュアル | Comments(0)

Don’t think, feel 

月に一度の、師匠大津先生のセミナーの日でした(๑'ᴗ'๑)

お話と誘導瞑想。
延参加人数50人ちょっとくらい。

真理を学ぶ仲間が増えて
とってもうれしいです♪゜・*:.。. .。.:*・♪

今日のお話のテーマは「愛」

わたしたちの生命の本質は「愛」
そういう話を、みんなで浴びるように聞いていきます。

言葉としては、巷にあるスピリチュアル本に書かれているものと同じ部分もあるけど、
先生の本気さが違うので
素直に心に入ってくる。

しみるように。

定期的にお話を聞いていることで
自分を保ちやすくなり、周りで起こる現象に振り回されにくくなっていきます。
現象と、自分を切り離せるようになる。

起きていることは、すべて自分が過去につくってしまった囚われの結果なので
よいことも、快適ではないことも
そこから学んでいくしかありません。

そして、今自分がどういう状態にいて
なにに振り回されていたとしても
愛そのものである自分の本質は片時も変わることなく
つねに太陽の様に輝いている。

それは自分もそうだし、今目の前にいる人もそうだし
自分にとって、とても引っかかる、どうしてもうまくいかない誰かも
同じようにそう。

それは「信じる」とか、「そう思う」とかではなく、
ブルース・リー的に言うと


Don’t think, feel 

(考えるな。感じろ!)
の世界なのだと
今日は先生に教わりました(๑'ᴗ'๑)

いいかもしれない・笑。

自分の純度を高めていくと
どんどんそういう世界になっていく。
どんな方向から行っても
きっと同じなのでしょう。

すべてはひとつなのに、わたしたちはたくさんの<かたち>に分かれている。
それが苦しかった時期が長かったのですが、
分離してるのも
結構いいかも( *˘ᵌ˘)♪

と、今日思いましたଘ(੭´ ꒫`)੭

先生のセミナーは、やっぱりさいこう。
よろしければ次回は是非ご一緒にいかがですか?

次回は3月23日14時15分受付開始
参加費5000円
場所はメディアテーク7階会議室です。

c0195362_19552779.jpeg






by terasumonnmoku | 2016-02-23 19:54 | スピリチュアル | Comments(0)

いのちの輝き

東京での研修を終えて、帰る途中です(^_^)

いつも学んでいる、真理の大特集。
師匠の大津先生に、「多次元」言う概念をどう伝えるかと言う質問をしたところ、
言葉にした途端にそれぞれの先入観に固定されてしまう現状で、それを伝えるのはなかなか難しい。

エナジーワークで実感してもらうのが、一番いいんだよね。
という結論に〜(*ΦωΦ*)

それは明らかに実感のある違いというか感覚なのだけど
普段の生活とは全く異なった体験であるため
言語化しにくいのです。


実際は言葉も多次元的に用いられていて、
同じ「いのち」や「宇宙」と言う言葉でも、指し示す範囲が人によってまったく異なっていています。

ほとんどの人間関係のトラブルは、同じ題材に対する言葉の定義や、意味付けの違いからくる。
だからこの辺が、うまく理解できるようになると人生が楽になります。

ところで、多次元であるこの世界のなかで、最も大きな誤解や、
日々の生活における幸福度の違いをもたらすのは、「いのち」と言う言葉です。

わたしにとってそれは、すべてをかたち創る、源となるもの。
あなたからわたしに流れ、やがて宇宙につながってゆく。
例えこの身が滅びても、永遠にあり続ける。

一人一人の中に確かに存在するいのちが、どれほど美しく、
それを認めることが、わたし達自身にどれほどのちからを与えるものなのか。

そういうことを語り、そういう表現をし、過ぎてゆく時間の、
一瞬一瞬の中にきらめいている何億種類もの輝きを、あらゆる人に伝えられる人になりたい。

まずは自分が、
そこで生きてみることですね・笑。
高揚した瞬間だけでなく、常に。

写真は、みつばちクラブ隊員、りんの勇姿。
地球上のいのちは、いろんなあらわれをみせてくれます♪


c0195362_20524527.jpeg







by terasumonnmoku | 2016-02-11 20:29 | スピリチュアル | Comments(0)

真理セラピスト・らくがきすと・即興ピアニスト+社会活動家(過労自死遺族/東北希望の会代表)幼少時より、生と様々な死から多くのことを学んできました。11年のセラピスト経験があり、仕事ではいのちのすばらしさについての、エナジーーワーク的なセッションやワークをしています。頭を現実的に使いながらメルヘンな世界を実現させていきたい。社会問題、スピリチュアルな仕事や宇宙のこと、日常について書いています。


by terasumonnmoku